「トイレットペーパー泥棒」埼玉・深谷署長の怪しい行動と苦しい言い訳

商業施設のトイレットペーパーを盗んだとして、埼玉県警深谷署の田中敬署長(60)が3日、減給1カ月(10分の1)の懲戒処分となった。署長は同日付で依願退職し、県警は窃盗容疑で書類送検する。
違法JKビジネス社長逮捕 下着丸見えロリコン撮影会の現場
5月29日午後8時過ぎ、田中署長は鴻巣市内の商業施設の男性トイレから、備え付けのトイレットペーパー5個(170円相当)を持ち出した。当日は「非番」で、田中署長は鴻巣市内の自宅とコンビニの駐車場で焼酎を数杯飲み、深谷市の署長官舎に戻る途中だった。田中署長がトイレットペーパーを紙袋やバッグに入れて、トイレから出る姿を一般客が目撃。警備員に伝え、通報で交番の警察官が駆け付けた。
田中署長は県警の任意聴取に対し、「急な便意を催しやすく、酒にも酔っており、電車で官舎に戻るまで不安だったため、持ち出した」と言い訳しているという。
■官舎には「刻印入り」が13個…
鴻巣駅から深谷駅に向かうJR高崎線の車両には、トイレットペーパーが備え付けられたトイレがあり、どれだけ使ったとしても、所要時間25分間で5個も必要ない。県警が2日、署長官舎と自宅をガサ入れしたところ、官舎から商業施設の刻印が入ったトイレットペーパーが13個見つかったというから、よっぽどお気に入りだったのだろう。
「トイレットペーパーは取り換え用にまとめて置いているわけではなく、清掃スタッフが巡回して切れていれば交換しています。各個室には使い切った時のため、1個ずつ置いています。フロアによってはトイレが2カ所あるので、回れば5個集められます。トイレットペーパーを手に持ったまま各個室を出入りしていたのでしょう。本人の姿を見る限り、そんなに酔っていたような感じではありませんでした。署長と知ってビックリしました」(現場に居合わせた施設関係者) 田中署長は県警の自動車警ら隊長を経て、今年4月に深谷署のトップに就任したばかり。早速、4月1日には高齢女性を救助した男性に感謝状を贈っていたが、まさか自分が処分される立場になるとは思ってもいなかっただろう。 埼玉県警の平均月給は約47万円と大阪、東京、神奈川に続き、全国4位。署長も生活には困っていなかったはず。あと10カ月で定年を迎え、手にする予定の退職金2192万5000円(60歳平均)も当然、減額だ。手癖の悪さで老後設計も狂ったに違いない。 ちなみに犯行現場となった商業施設では現在、トイレットペーパーの補充などを行う「トイレ清掃員」を募集中。時給は928円だ。
田中署長は県警の自動車警ら隊長を経て、今年4月に深谷署のトップに就任したばかり。早速、4月1日には高齢女性を救助した男性に感謝状を贈っていたが、まさか自分が処分される立場になるとは思ってもいなかっただろう。 埼玉県警の平均月給は約47万円と大阪、東京、神奈川に続き、全国4位。署長も生活には困っていなかったはず。あと10カ月で定年を迎え、手にする予定の退職金2192万5000円(60歳平均)も当然、減額だ。手癖の悪さで老後設計も狂ったに違いない。 ちなみに犯行現場となった商業施設では現在、トイレットペーパーの補充などを行う「トイレ清掃員」を募集中。時給は928円だ。
埼玉県警の平均月給は約47万円と大阪、東京、神奈川に続き、全国4位。署長も生活には困っていなかったはず。あと10カ月で定年を迎え、手にする予定の退職金2192万5000円(60歳平均)も当然、減額だ。手癖の悪さで老後設計も狂ったに違いない。 ちなみに犯行現場となった商業施設では現在、トイレットペーパーの補充などを行う「トイレ清掃員」を募集中。時給は928円だ。