おひたし食べ意識失う 実はトリカブト 店で提供 なぜ間違えた?

富山市の飲食店で出された、料理人が腕を振るった料理。5月、その中のおひたしを食べた客2人が、意識を失うなどし、病院に救急搬送された。
実際に店で出された、おひたしに入っていたもの。
実は、猛毒の「トリカブト」だった。
根を1グラム食べるだけで、死に至るおそれがあるトリカブト。
なぜ、おひたしに入っていたのか?
植物園で実際の葉を見せてもらうと、そのわけが見えてきた。
食べられる「モミジガサ」という野草の葉と、「トリカブト」の葉を見比べると、見た目がよく似ている。
飲食店で出されたおひたしは、山から野草を採ってきて作ったものだった。
今回、トリカブトを誤って提供した店主は、山菜採りのベテラン。
富山県中央植物園・中田政司園長は、「トリカブトとモミジガサは、同じようなところに生えている。ここに生えているから大丈夫とはいえない植物」
救急搬送された2人は、その後回復し、退院している。