小池都知事「8時だョ!みんな帰ろう徹底を」…出勤者の夜8時帰宅を呼びかけ

東京都の小池百合子知事は4日の定例会見で、新型コロナウイルス感染拡大防止策として「やむを得ず出勤する従業員の方々も、遅くとも夜8時には業務を終えて帰宅するようお願いしたい」と呼び掛けた。
小池氏は、テレワークの徹底に加え、出勤者の“午後8時”帰宅を経団連などを通じ要請するとし「諸外国では夜8時に帰ろうといったら、その前に家でご飯を食べるのに帰ってこないお父さんは離婚とかそれくらいのことなので、これって日本の働き方の象徴だ」と指摘。
午後8時以降の人流が増えるに伴い新規感染者数が増加する傾向が、都の専門家による分析で確認されていることから「だからこそ8時だよ、みんな帰ろうを徹底する必要がある」と訴えた。
東京都は4日、専門家を交え新型コロナ感染状況を分析する定例のモニタリング会議を開催し、感染状況、医療提供態勢ともに4段階中最も深刻な警戒レベルを維持した。
同会議に出席した専門家は、都内感染状況について「感染再拡大の危険性が高いと思われる」との現状認識を示し、「人流や人と人との接触機会の増加は感染再拡大を招く」と警鐘を鳴らした。