高まる「東京脱出」熱。移住相談が急増したのは「魅力度ランキング最下位」常連だったはずの茨城県

なかなか収束を見せない、新型コロナウイルスの感染拡大。足元で東京を含む10都道府県に対する緊急事態宣言の再延長が決まる中、移住希望地にも変化が見て取れるという。コロナをきっかけに、自ら2020年に東京都大田区から兵庫県淡路市に移住したジャーナリスト・澤田晃宏さんが高まる「東京脱出」熱を取材した。この記事のすべての写真を見る* * * * * * *コロナによって高まった移住への関心移住者の主役が働く世代になり、その最大の懸念事項だった「就労の場」が、コロナ下のリモートワークの普及により、解決の兆しが見えてきた。それこそが、コロナ移住者を突き動かす移住熱の源泉なのだろう。

東京都の小池百合子知事は2020年3月25日、都庁で緊急会見を開き、不要不急の外出の自粛を要請した。4月7日には政府が7都府県を対象に、緊急事態宣言を発令。それを受け、東京・有楽町の駅前の東京交通会館8階にある「ふるさと回帰支援センター」も4月9日から6月1日までは臨時休館となった。同センターは41道府県2市の相談窓口が設置(2020年10月1日時点)された、日本最大の移住支援の場であるが、セミナーなどのイベントは中止。電話とメールのみでの相談体制になった。当然、前年と比べた全体の相談件数は減っているが、「三密」を避けたメールや電話での相談件数は増えている。ホームページの閲覧数も軒並み前年を上回った。「ふるさと回帰支援センター」の高橋公理事長はコロナによる移住への関心の高まりを、確かに感じている。変化する移住人気エリア「これまで移住を検討していた人が、背中を押された感じです。メールや電話の相談が中心となりましたが、本気度が違います。リモートワークがコロナ後も拡大していくとは限りませんが、もうコロナ前の状況には戻らないでしょう。生きるという本質的なところで、コロナが暮らし方や働き方などを考える起点になっています」興味深いのは、コロナ下の移住人気エリアの変化だ。高橋理事長は、都道府県別の移住相談数の変化に注目する。「お父さんもお母さんも在宅勤務で、子どももオンラインで授業を受ける。家賃の高い東京の家では窮屈です。在宅勤務の増加で毎日会社に行く必要がなくなり、東京から少し離れてもいいから、大きな家に住みたいという需要が多い。東京へのアクセスのいい、東京を中心とした100~150キロメートル圏内の地方都市の人気が上がっています」『東京を捨てる―コロナ移住のリアル』(澤田晃宏:著/中公新書ラクレ)移住相談が増えた茨城県、神奈川県、群馬県それは、都道府県別の相談件数に、顕著に表れている。2020年6月から9月の相談数(電話・メール・相談)を都道府県別に見ると、前年を大きく上回るのは東京に隣接する茨城県(前年比2倍)、神奈川県(前年比1・6倍)、群馬県(前年比1・5倍)、山梨県(前年比1・8倍)だ。また、大阪府に隣接する和歌山県が前年比1・5倍、愛知県に隣接する岐阜県、三重県も前年比1・5倍と増えている。毎年、民間調査会社のブランド総合研究所(東京都港区)が発表する「都道府県魅力度ランキング」は、その順位をめぐって全国的な注目を集める。2020年10月14日に発表された最新の調査では、7年連続最下位だった茨城県がその定位置を抜け出したことに注目が集まったが、コロナ下の都道府県別移住相談が最も増えていることは興味深い事実だ。「近い将来、有効なワクチンが開発され、コロナが一気に収束する可能性もある。仕事場は東京、大阪、名古屋の大都市に残しておきながら、通勤圏内ギリギリに移住先を探す傾向が強くなっています」(高橋理事長)なぜ移住先として茨城県が人気なのか前年比2倍の移住相談を受ける支援センター内の茨城県のブースを訪ねた。移住相談員は人気を集める背景をこう話した。移住を検討するための資料が揃う移住支援センター(著者撮影)「特に茨城県内でもつくば市など県南地域への移住相談が多く、東京からの近さが優位に働いていることが一つの要因かと感じています。海も山もあるのんびりとした環境でありながらも、1~3時間で首都圏へ出られる距離の近さが、茨城県特有のポイントになっていると思います」相談者からは、「東京や首都圏でできた縁を切りたくない」「何かあったらすぐ東京に出られる場所を探している」「毎日会社に行く必要がなくなった」コロナ前は聞かれなかった声が聞かれると言う。国立の筑波大学があり、教育環境が整ったつくば市が圧倒的な人気で、秋葉原駅(東京都千代田区)とつくば駅(茨城県つくば市)を結ぶ鉄道路線「つくばエクスプレス」沿線上の守谷市も人気があると言う。つくばエクスプレスは秋葉原~つくば間を45分(快速の場合)で結ぶ。また、JRの在来線快速に乗れば東京の玄関口「上野」まで約40分の取手市にも注目が集まっている。移住相談員はこう話した。「がらりとライフスタイルを変えるというよりかは、引越しに近い感覚です」ポイントは東京へのアクセスの良さ支援センターでは圧倒的な人気というつくば市だが、確かに人口20万人以上の中核都市で、”移住”というイメージは湧かない。コロナ下で注目を浴びていることを、市は把握していなかった。つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
なかなか収束を見せない、新型コロナウイルスの感染拡大。足元で東京を含む10都道府県に対する緊急事態宣言の再延長が決まる中、移住希望地にも変化が見て取れるという。コロナをきっかけに、自ら2020年に東京都大田区から兵庫県淡路市に移住したジャーナリスト・澤田晃宏さんが高まる「東京脱出」熱を取材した。
この記事のすべての写真を見る
* * * * * * *
移住者の主役が働く世代になり、その最大の懸念事項だった「就労の場」が、コロナ下のリモートワークの普及により、解決の兆しが見えてきた。それこそが、コロナ移住者を突き動かす移住熱の源泉なのだろう。
東京都の小池百合子知事は2020年3月25日、都庁で緊急会見を開き、不要不急の外出の自粛を要請した。4月7日には政府が7都府県を対象に、緊急事態宣言を発令。それを受け、東京・有楽町の駅前の東京交通会館8階にある「ふるさと回帰支援センター」も4月9日から6月1日までは臨時休館となった。
同センターは41道府県2市の相談窓口が設置(2020年10月1日時点)された、日本最大の移住支援の場であるが、セミナーなどのイベントは中止。電話とメールのみでの相談体制になった。
当然、前年と比べた全体の相談件数は減っているが、「三密」を避けたメールや電話での相談件数は増えている。ホームページの閲覧数も軒並み前年を上回った。「ふるさと回帰支援センター」の高橋公理事長はコロナによる移住への関心の高まりを、確かに感じている。変化する移住人気エリア「これまで移住を検討していた人が、背中を押された感じです。メールや電話の相談が中心となりましたが、本気度が違います。リモートワークがコロナ後も拡大していくとは限りませんが、もうコロナ前の状況には戻らないでしょう。生きるという本質的なところで、コロナが暮らし方や働き方などを考える起点になっています」興味深いのは、コロナ下の移住人気エリアの変化だ。高橋理事長は、都道府県別の移住相談数の変化に注目する。「お父さんもお母さんも在宅勤務で、子どももオンラインで授業を受ける。家賃の高い東京の家では窮屈です。在宅勤務の増加で毎日会社に行く必要がなくなり、東京から少し離れてもいいから、大きな家に住みたいという需要が多い。東京へのアクセスのいい、東京を中心とした100~150キロメートル圏内の地方都市の人気が上がっています」『東京を捨てる―コロナ移住のリアル』(澤田晃宏:著/中公新書ラクレ)移住相談が増えた茨城県、神奈川県、群馬県それは、都道府県別の相談件数に、顕著に表れている。2020年6月から9月の相談数(電話・メール・相談)を都道府県別に見ると、前年を大きく上回るのは東京に隣接する茨城県(前年比2倍)、神奈川県(前年比1・6倍)、群馬県(前年比1・5倍)、山梨県(前年比1・8倍)だ。また、大阪府に隣接する和歌山県が前年比1・5倍、愛知県に隣接する岐阜県、三重県も前年比1・5倍と増えている。毎年、民間調査会社のブランド総合研究所(東京都港区)が発表する「都道府県魅力度ランキング」は、その順位をめぐって全国的な注目を集める。2020年10月14日に発表された最新の調査では、7年連続最下位だった茨城県がその定位置を抜け出したことに注目が集まったが、コロナ下の都道府県別移住相談が最も増えていることは興味深い事実だ。「近い将来、有効なワクチンが開発され、コロナが一気に収束する可能性もある。仕事場は東京、大阪、名古屋の大都市に残しておきながら、通勤圏内ギリギリに移住先を探す傾向が強くなっています」(高橋理事長)なぜ移住先として茨城県が人気なのか前年比2倍の移住相談を受ける支援センター内の茨城県のブースを訪ねた。移住相談員は人気を集める背景をこう話した。移住を検討するための資料が揃う移住支援センター(著者撮影)「特に茨城県内でもつくば市など県南地域への移住相談が多く、東京からの近さが優位に働いていることが一つの要因かと感じています。海も山もあるのんびりとした環境でありながらも、1~3時間で首都圏へ出られる距離の近さが、茨城県特有のポイントになっていると思います」相談者からは、「東京や首都圏でできた縁を切りたくない」「何かあったらすぐ東京に出られる場所を探している」「毎日会社に行く必要がなくなった」コロナ前は聞かれなかった声が聞かれると言う。国立の筑波大学があり、教育環境が整ったつくば市が圧倒的な人気で、秋葉原駅(東京都千代田区)とつくば駅(茨城県つくば市)を結ぶ鉄道路線「つくばエクスプレス」沿線上の守谷市も人気があると言う。つくばエクスプレスは秋葉原~つくば間を45分(快速の場合)で結ぶ。また、JRの在来線快速に乗れば東京の玄関口「上野」まで約40分の取手市にも注目が集まっている。移住相談員はこう話した。「がらりとライフスタイルを変えるというよりかは、引越しに近い感覚です」ポイントは東京へのアクセスの良さ支援センターでは圧倒的な人気というつくば市だが、確かに人口20万人以上の中核都市で、”移住”というイメージは湧かない。コロナ下で注目を浴びていることを、市は把握していなかった。つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
「これまで移住を検討していた人が、背中を押された感じです。メールや電話の相談が中心となりましたが、本気度が違います。リモートワークがコロナ後も拡大していくとは限りませんが、もうコロナ前の状況には戻らないでしょう。生きるという本質的なところで、コロナが暮らし方や働き方などを考える起点になっています」興味深いのは、コロナ下の移住人気エリアの変化だ。高橋理事長は、都道府県別の移住相談数の変化に注目する。「お父さんもお母さんも在宅勤務で、子どももオンラインで授業を受ける。家賃の高い東京の家では窮屈です。在宅勤務の増加で毎日会社に行く必要がなくなり、東京から少し離れてもいいから、大きな家に住みたいという需要が多い。東京へのアクセスのいい、東京を中心とした100~150キロメートル圏内の地方都市の人気が上がっています」『東京を捨てる―コロナ移住のリアル』(澤田晃宏:著/中公新書ラクレ)移住相談が増えた茨城県、神奈川県、群馬県それは、都道府県別の相談件数に、顕著に表れている。2020年6月から9月の相談数(電話・メール・相談)を都道府県別に見ると、前年を大きく上回るのは東京に隣接する茨城県(前年比2倍)、神奈川県(前年比1・6倍)、群馬県(前年比1・5倍)、山梨県(前年比1・8倍)だ。また、大阪府に隣接する和歌山県が前年比1・5倍、愛知県に隣接する岐阜県、三重県も前年比1・5倍と増えている。毎年、民間調査会社のブランド総合研究所(東京都港区)が発表する「都道府県魅力度ランキング」は、その順位をめぐって全国的な注目を集める。2020年10月14日に発表された最新の調査では、7年連続最下位だった茨城県がその定位置を抜け出したことに注目が集まったが、コロナ下の都道府県別移住相談が最も増えていることは興味深い事実だ。「近い将来、有効なワクチンが開発され、コロナが一気に収束する可能性もある。仕事場は東京、大阪、名古屋の大都市に残しておきながら、通勤圏内ギリギリに移住先を探す傾向が強くなっています」(高橋理事長)なぜ移住先として茨城県が人気なのか前年比2倍の移住相談を受ける支援センター内の茨城県のブースを訪ねた。移住相談員は人気を集める背景をこう話した。移住を検討するための資料が揃う移住支援センター(著者撮影)「特に茨城県内でもつくば市など県南地域への移住相談が多く、東京からの近さが優位に働いていることが一つの要因かと感じています。海も山もあるのんびりとした環境でありながらも、1~3時間で首都圏へ出られる距離の近さが、茨城県特有のポイントになっていると思います」相談者からは、「東京や首都圏でできた縁を切りたくない」「何かあったらすぐ東京に出られる場所を探している」「毎日会社に行く必要がなくなった」コロナ前は聞かれなかった声が聞かれると言う。国立の筑波大学があり、教育環境が整ったつくば市が圧倒的な人気で、秋葉原駅(東京都千代田区)とつくば駅(茨城県つくば市)を結ぶ鉄道路線「つくばエクスプレス」沿線上の守谷市も人気があると言う。つくばエクスプレスは秋葉原~つくば間を45分(快速の場合)で結ぶ。また、JRの在来線快速に乗れば東京の玄関口「上野」まで約40分の取手市にも注目が集まっている。移住相談員はこう話した。「がらりとライフスタイルを変えるというよりかは、引越しに近い感覚です」ポイントは東京へのアクセスの良さ支援センターでは圧倒的な人気というつくば市だが、確かに人口20万人以上の中核都市で、”移住”というイメージは湧かない。コロナ下で注目を浴びていることを、市は把握していなかった。つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
興味深いのは、コロナ下の移住人気エリアの変化だ。高橋理事長は、都道府県別の移住相談数の変化に注目する。「お父さんもお母さんも在宅勤務で、子どももオンラインで授業を受ける。家賃の高い東京の家では窮屈です。在宅勤務の増加で毎日会社に行く必要がなくなり、東京から少し離れてもいいから、大きな家に住みたいという需要が多い。東京へのアクセスのいい、東京を中心とした100~150キロメートル圏内の地方都市の人気が上がっています」『東京を捨てる―コロナ移住のリアル』(澤田晃宏:著/中公新書ラクレ)移住相談が増えた茨城県、神奈川県、群馬県それは、都道府県別の相談件数に、顕著に表れている。2020年6月から9月の相談数(電話・メール・相談)を都道府県別に見ると、前年を大きく上回るのは東京に隣接する茨城県(前年比2倍)、神奈川県(前年比1・6倍)、群馬県(前年比1・5倍)、山梨県(前年比1・8倍)だ。また、大阪府に隣接する和歌山県が前年比1・5倍、愛知県に隣接する岐阜県、三重県も前年比1・5倍と増えている。毎年、民間調査会社のブランド総合研究所(東京都港区)が発表する「都道府県魅力度ランキング」は、その順位をめぐって全国的な注目を集める。2020年10月14日に発表された最新の調査では、7年連続最下位だった茨城県がその定位置を抜け出したことに注目が集まったが、コロナ下の都道府県別移住相談が最も増えていることは興味深い事実だ。「近い将来、有効なワクチンが開発され、コロナが一気に収束する可能性もある。仕事場は東京、大阪、名古屋の大都市に残しておきながら、通勤圏内ギリギリに移住先を探す傾向が強くなっています」(高橋理事長)なぜ移住先として茨城県が人気なのか前年比2倍の移住相談を受ける支援センター内の茨城県のブースを訪ねた。移住相談員は人気を集める背景をこう話した。移住を検討するための資料が揃う移住支援センター(著者撮影)「特に茨城県内でもつくば市など県南地域への移住相談が多く、東京からの近さが優位に働いていることが一つの要因かと感じています。海も山もあるのんびりとした環境でありながらも、1~3時間で首都圏へ出られる距離の近さが、茨城県特有のポイントになっていると思います」相談者からは、「東京や首都圏でできた縁を切りたくない」「何かあったらすぐ東京に出られる場所を探している」「毎日会社に行く必要がなくなった」コロナ前は聞かれなかった声が聞かれると言う。国立の筑波大学があり、教育環境が整ったつくば市が圧倒的な人気で、秋葉原駅(東京都千代田区)とつくば駅(茨城県つくば市)を結ぶ鉄道路線「つくばエクスプレス」沿線上の守谷市も人気があると言う。つくばエクスプレスは秋葉原~つくば間を45分(快速の場合)で結ぶ。また、JRの在来線快速に乗れば東京の玄関口「上野」まで約40分の取手市にも注目が集まっている。移住相談員はこう話した。「がらりとライフスタイルを変えるというよりかは、引越しに近い感覚です」ポイントは東京へのアクセスの良さ支援センターでは圧倒的な人気というつくば市だが、確かに人口20万人以上の中核都市で、”移住”というイメージは湧かない。コロナ下で注目を浴びていることを、市は把握していなかった。つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
「お父さんもお母さんも在宅勤務で、子どももオンラインで授業を受ける。家賃の高い東京の家では窮屈です。在宅勤務の増加で毎日会社に行く必要がなくなり、東京から少し離れてもいいから、大きな家に住みたいという需要が多い。東京へのアクセスのいい、東京を中心とした100~150キロメートル圏内の地方都市の人気が上がっています」『東京を捨てる―コロナ移住のリアル』(澤田晃宏:著/中公新書ラクレ)移住相談が増えた茨城県、神奈川県、群馬県それは、都道府県別の相談件数に、顕著に表れている。2020年6月から9月の相談数(電話・メール・相談)を都道府県別に見ると、前年を大きく上回るのは東京に隣接する茨城県(前年比2倍)、神奈川県(前年比1・6倍)、群馬県(前年比1・5倍)、山梨県(前年比1・8倍)だ。また、大阪府に隣接する和歌山県が前年比1・5倍、愛知県に隣接する岐阜県、三重県も前年比1・5倍と増えている。毎年、民間調査会社のブランド総合研究所(東京都港区)が発表する「都道府県魅力度ランキング」は、その順位をめぐって全国的な注目を集める。2020年10月14日に発表された最新の調査では、7年連続最下位だった茨城県がその定位置を抜け出したことに注目が集まったが、コロナ下の都道府県別移住相談が最も増えていることは興味深い事実だ。「近い将来、有効なワクチンが開発され、コロナが一気に収束する可能性もある。仕事場は東京、大阪、名古屋の大都市に残しておきながら、通勤圏内ギリギリに移住先を探す傾向が強くなっています」(高橋理事長)なぜ移住先として茨城県が人気なのか前年比2倍の移住相談を受ける支援センター内の茨城県のブースを訪ねた。移住相談員は人気を集める背景をこう話した。移住を検討するための資料が揃う移住支援センター(著者撮影)「特に茨城県内でもつくば市など県南地域への移住相談が多く、東京からの近さが優位に働いていることが一つの要因かと感じています。海も山もあるのんびりとした環境でありながらも、1~3時間で首都圏へ出られる距離の近さが、茨城県特有のポイントになっていると思います」相談者からは、「東京や首都圏でできた縁を切りたくない」「何かあったらすぐ東京に出られる場所を探している」「毎日会社に行く必要がなくなった」コロナ前は聞かれなかった声が聞かれると言う。国立の筑波大学があり、教育環境が整ったつくば市が圧倒的な人気で、秋葉原駅(東京都千代田区)とつくば駅(茨城県つくば市)を結ぶ鉄道路線「つくばエクスプレス」沿線上の守谷市も人気があると言う。つくばエクスプレスは秋葉原~つくば間を45分(快速の場合)で結ぶ。また、JRの在来線快速に乗れば東京の玄関口「上野」まで約40分の取手市にも注目が集まっている。移住相談員はこう話した。「がらりとライフスタイルを変えるというよりかは、引越しに近い感覚です」ポイントは東京へのアクセスの良さ支援センターでは圧倒的な人気というつくば市だが、確かに人口20万人以上の中核都市で、”移住”というイメージは湧かない。コロナ下で注目を浴びていることを、市は把握していなかった。つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
『東京を捨てる―コロナ移住のリアル』(澤田晃宏:著/中公新書ラクレ)移住相談が増えた茨城県、神奈川県、群馬県それは、都道府県別の相談件数に、顕著に表れている。2020年6月から9月の相談数(電話・メール・相談)を都道府県別に見ると、前年を大きく上回るのは東京に隣接する茨城県(前年比2倍)、神奈川県(前年比1・6倍)、群馬県(前年比1・5倍)、山梨県(前年比1・8倍)だ。また、大阪府に隣接する和歌山県が前年比1・5倍、愛知県に隣接する岐阜県、三重県も前年比1・5倍と増えている。毎年、民間調査会社のブランド総合研究所(東京都港区)が発表する「都道府県魅力度ランキング」は、その順位をめぐって全国的な注目を集める。2020年10月14日に発表された最新の調査では、7年連続最下位だった茨城県がその定位置を抜け出したことに注目が集まったが、コロナ下の都道府県別移住相談が最も増えていることは興味深い事実だ。「近い将来、有効なワクチンが開発され、コロナが一気に収束する可能性もある。仕事場は東京、大阪、名古屋の大都市に残しておきながら、通勤圏内ギリギリに移住先を探す傾向が強くなっています」(高橋理事長)なぜ移住先として茨城県が人気なのか前年比2倍の移住相談を受ける支援センター内の茨城県のブースを訪ねた。移住相談員は人気を集める背景をこう話した。移住を検討するための資料が揃う移住支援センター(著者撮影)「特に茨城県内でもつくば市など県南地域への移住相談が多く、東京からの近さが優位に働いていることが一つの要因かと感じています。海も山もあるのんびりとした環境でありながらも、1~3時間で首都圏へ出られる距離の近さが、茨城県特有のポイントになっていると思います」相談者からは、「東京や首都圏でできた縁を切りたくない」「何かあったらすぐ東京に出られる場所を探している」「毎日会社に行く必要がなくなった」コロナ前は聞かれなかった声が聞かれると言う。国立の筑波大学があり、教育環境が整ったつくば市が圧倒的な人気で、秋葉原駅(東京都千代田区)とつくば駅(茨城県つくば市)を結ぶ鉄道路線「つくばエクスプレス」沿線上の守谷市も人気があると言う。つくばエクスプレスは秋葉原~つくば間を45分(快速の場合)で結ぶ。また、JRの在来線快速に乗れば東京の玄関口「上野」まで約40分の取手市にも注目が集まっている。移住相談員はこう話した。「がらりとライフスタイルを変えるというよりかは、引越しに近い感覚です」ポイントは東京へのアクセスの良さ支援センターでは圧倒的な人気というつくば市だが、確かに人口20万人以上の中核都市で、”移住”というイメージは湧かない。コロナ下で注目を浴びていることを、市は把握していなかった。つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
それは、都道府県別の相談件数に、顕著に表れている。2020年6月から9月の相談数(電話・メール・相談)を都道府県別に見ると、前年を大きく上回るのは東京に隣接する茨城県(前年比2倍)、神奈川県(前年比1・6倍)、群馬県(前年比1・5倍)、山梨県(前年比1・8倍)だ。また、大阪府に隣接する和歌山県が前年比1・5倍、愛知県に隣接する岐阜県、三重県も前年比1・5倍と増えている。毎年、民間調査会社のブランド総合研究所(東京都港区)が発表する「都道府県魅力度ランキング」は、その順位をめぐって全国的な注目を集める。2020年10月14日に発表された最新の調査では、7年連続最下位だった茨城県がその定位置を抜け出したことに注目が集まったが、コロナ下の都道府県別移住相談が最も増えていることは興味深い事実だ。「近い将来、有効なワクチンが開発され、コロナが一気に収束する可能性もある。仕事場は東京、大阪、名古屋の大都市に残しておきながら、通勤圏内ギリギリに移住先を探す傾向が強くなっています」(高橋理事長)なぜ移住先として茨城県が人気なのか前年比2倍の移住相談を受ける支援センター内の茨城県のブースを訪ねた。移住相談員は人気を集める背景をこう話した。移住を検討するための資料が揃う移住支援センター(著者撮影)「特に茨城県内でもつくば市など県南地域への移住相談が多く、東京からの近さが優位に働いていることが一つの要因かと感じています。海も山もあるのんびりとした環境でありながらも、1~3時間で首都圏へ出られる距離の近さが、茨城県特有のポイントになっていると思います」相談者からは、「東京や首都圏でできた縁を切りたくない」「何かあったらすぐ東京に出られる場所を探している」「毎日会社に行く必要がなくなった」コロナ前は聞かれなかった声が聞かれると言う。国立の筑波大学があり、教育環境が整ったつくば市が圧倒的な人気で、秋葉原駅(東京都千代田区)とつくば駅(茨城県つくば市)を結ぶ鉄道路線「つくばエクスプレス」沿線上の守谷市も人気があると言う。つくばエクスプレスは秋葉原~つくば間を45分(快速の場合)で結ぶ。また、JRの在来線快速に乗れば東京の玄関口「上野」まで約40分の取手市にも注目が集まっている。移住相談員はこう話した。「がらりとライフスタイルを変えるというよりかは、引越しに近い感覚です」ポイントは東京へのアクセスの良さ支援センターでは圧倒的な人気というつくば市だが、確かに人口20万人以上の中核都市で、”移住”というイメージは湧かない。コロナ下で注目を浴びていることを、市は把握していなかった。つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
2020年6月から9月の相談数(電話・メール・相談)を都道府県別に見ると、前年を大きく上回るのは東京に隣接する茨城県(前年比2倍)、神奈川県(前年比1・6倍)、群馬県(前年比1・5倍)、山梨県(前年比1・8倍)だ。また、大阪府に隣接する和歌山県が前年比1・5倍、愛知県に隣接する岐阜県、三重県も前年比1・5倍と増えている。毎年、民間調査会社のブランド総合研究所(東京都港区)が発表する「都道府県魅力度ランキング」は、その順位をめぐって全国的な注目を集める。2020年10月14日に発表された最新の調査では、7年連続最下位だった茨城県がその定位置を抜け出したことに注目が集まったが、コロナ下の都道府県別移住相談が最も増えていることは興味深い事実だ。「近い将来、有効なワクチンが開発され、コロナが一気に収束する可能性もある。仕事場は東京、大阪、名古屋の大都市に残しておきながら、通勤圏内ギリギリに移住先を探す傾向が強くなっています」(高橋理事長)なぜ移住先として茨城県が人気なのか前年比2倍の移住相談を受ける支援センター内の茨城県のブースを訪ねた。移住相談員は人気を集める背景をこう話した。移住を検討するための資料が揃う移住支援センター(著者撮影)「特に茨城県内でもつくば市など県南地域への移住相談が多く、東京からの近さが優位に働いていることが一つの要因かと感じています。海も山もあるのんびりとした環境でありながらも、1~3時間で首都圏へ出られる距離の近さが、茨城県特有のポイントになっていると思います」相談者からは、「東京や首都圏でできた縁を切りたくない」「何かあったらすぐ東京に出られる場所を探している」「毎日会社に行く必要がなくなった」コロナ前は聞かれなかった声が聞かれると言う。国立の筑波大学があり、教育環境が整ったつくば市が圧倒的な人気で、秋葉原駅(東京都千代田区)とつくば駅(茨城県つくば市)を結ぶ鉄道路線「つくばエクスプレス」沿線上の守谷市も人気があると言う。つくばエクスプレスは秋葉原~つくば間を45分(快速の場合)で結ぶ。また、JRの在来線快速に乗れば東京の玄関口「上野」まで約40分の取手市にも注目が集まっている。移住相談員はこう話した。「がらりとライフスタイルを変えるというよりかは、引越しに近い感覚です」ポイントは東京へのアクセスの良さ支援センターでは圧倒的な人気というつくば市だが、確かに人口20万人以上の中核都市で、”移住”というイメージは湧かない。コロナ下で注目を浴びていることを、市は把握していなかった。つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
毎年、民間調査会社のブランド総合研究所(東京都港区)が発表する「都道府県魅力度ランキング」は、その順位をめぐって全国的な注目を集める。2020年10月14日に発表された最新の調査では、7年連続最下位だった茨城県がその定位置を抜け出したことに注目が集まったが、コロナ下の都道府県別移住相談が最も増えていることは興味深い事実だ。「近い将来、有効なワクチンが開発され、コロナが一気に収束する可能性もある。仕事場は東京、大阪、名古屋の大都市に残しておきながら、通勤圏内ギリギリに移住先を探す傾向が強くなっています」(高橋理事長)なぜ移住先として茨城県が人気なのか前年比2倍の移住相談を受ける支援センター内の茨城県のブースを訪ねた。移住相談員は人気を集める背景をこう話した。移住を検討するための資料が揃う移住支援センター(著者撮影)「特に茨城県内でもつくば市など県南地域への移住相談が多く、東京からの近さが優位に働いていることが一つの要因かと感じています。海も山もあるのんびりとした環境でありながらも、1~3時間で首都圏へ出られる距離の近さが、茨城県特有のポイントになっていると思います」相談者からは、「東京や首都圏でできた縁を切りたくない」「何かあったらすぐ東京に出られる場所を探している」「毎日会社に行く必要がなくなった」コロナ前は聞かれなかった声が聞かれると言う。国立の筑波大学があり、教育環境が整ったつくば市が圧倒的な人気で、秋葉原駅(東京都千代田区)とつくば駅(茨城県つくば市)を結ぶ鉄道路線「つくばエクスプレス」沿線上の守谷市も人気があると言う。つくばエクスプレスは秋葉原~つくば間を45分(快速の場合)で結ぶ。また、JRの在来線快速に乗れば東京の玄関口「上野」まで約40分の取手市にも注目が集まっている。移住相談員はこう話した。「がらりとライフスタイルを変えるというよりかは、引越しに近い感覚です」ポイントは東京へのアクセスの良さ支援センターでは圧倒的な人気というつくば市だが、確かに人口20万人以上の中核都市で、”移住”というイメージは湧かない。コロナ下で注目を浴びていることを、市は把握していなかった。つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
「近い将来、有効なワクチンが開発され、コロナが一気に収束する可能性もある。仕事場は東京、大阪、名古屋の大都市に残しておきながら、通勤圏内ギリギリに移住先を探す傾向が強くなっています」(高橋理事長)なぜ移住先として茨城県が人気なのか前年比2倍の移住相談を受ける支援センター内の茨城県のブースを訪ねた。移住相談員は人気を集める背景をこう話した。移住を検討するための資料が揃う移住支援センター(著者撮影)「特に茨城県内でもつくば市など県南地域への移住相談が多く、東京からの近さが優位に働いていることが一つの要因かと感じています。海も山もあるのんびりとした環境でありながらも、1~3時間で首都圏へ出られる距離の近さが、茨城県特有のポイントになっていると思います」相談者からは、「東京や首都圏でできた縁を切りたくない」「何かあったらすぐ東京に出られる場所を探している」「毎日会社に行く必要がなくなった」コロナ前は聞かれなかった声が聞かれると言う。国立の筑波大学があり、教育環境が整ったつくば市が圧倒的な人気で、秋葉原駅(東京都千代田区)とつくば駅(茨城県つくば市)を結ぶ鉄道路線「つくばエクスプレス」沿線上の守谷市も人気があると言う。つくばエクスプレスは秋葉原~つくば間を45分(快速の場合)で結ぶ。また、JRの在来線快速に乗れば東京の玄関口「上野」まで約40分の取手市にも注目が集まっている。移住相談員はこう話した。「がらりとライフスタイルを変えるというよりかは、引越しに近い感覚です」ポイントは東京へのアクセスの良さ支援センターでは圧倒的な人気というつくば市だが、確かに人口20万人以上の中核都市で、”移住”というイメージは湧かない。コロナ下で注目を浴びていることを、市は把握していなかった。つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
前年比2倍の移住相談を受ける支援センター内の茨城県のブースを訪ねた。移住相談員は人気を集める背景をこう話した。移住を検討するための資料が揃う移住支援センター(著者撮影)「特に茨城県内でもつくば市など県南地域への移住相談が多く、東京からの近さが優位に働いていることが一つの要因かと感じています。海も山もあるのんびりとした環境でありながらも、1~3時間で首都圏へ出られる距離の近さが、茨城県特有のポイントになっていると思います」相談者からは、「東京や首都圏でできた縁を切りたくない」「何かあったらすぐ東京に出られる場所を探している」「毎日会社に行く必要がなくなった」コロナ前は聞かれなかった声が聞かれると言う。国立の筑波大学があり、教育環境が整ったつくば市が圧倒的な人気で、秋葉原駅(東京都千代田区)とつくば駅(茨城県つくば市)を結ぶ鉄道路線「つくばエクスプレス」沿線上の守谷市も人気があると言う。つくばエクスプレスは秋葉原~つくば間を45分(快速の場合)で結ぶ。また、JRの在来線快速に乗れば東京の玄関口「上野」まで約40分の取手市にも注目が集まっている。移住相談員はこう話した。「がらりとライフスタイルを変えるというよりかは、引越しに近い感覚です」ポイントは東京へのアクセスの良さ支援センターでは圧倒的な人気というつくば市だが、確かに人口20万人以上の中核都市で、”移住”というイメージは湧かない。コロナ下で注目を浴びていることを、市は把握していなかった。つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
移住相談員は人気を集める背景をこう話した。移住を検討するための資料が揃う移住支援センター(著者撮影)「特に茨城県内でもつくば市など県南地域への移住相談が多く、東京からの近さが優位に働いていることが一つの要因かと感じています。海も山もあるのんびりとした環境でありながらも、1~3時間で首都圏へ出られる距離の近さが、茨城県特有のポイントになっていると思います」相談者からは、「東京や首都圏でできた縁を切りたくない」「何かあったらすぐ東京に出られる場所を探している」「毎日会社に行く必要がなくなった」コロナ前は聞かれなかった声が聞かれると言う。国立の筑波大学があり、教育環境が整ったつくば市が圧倒的な人気で、秋葉原駅(東京都千代田区)とつくば駅(茨城県つくば市)を結ぶ鉄道路線「つくばエクスプレス」沿線上の守谷市も人気があると言う。つくばエクスプレスは秋葉原~つくば間を45分(快速の場合)で結ぶ。また、JRの在来線快速に乗れば東京の玄関口「上野」まで約40分の取手市にも注目が集まっている。移住相談員はこう話した。「がらりとライフスタイルを変えるというよりかは、引越しに近い感覚です」ポイントは東京へのアクセスの良さ支援センターでは圧倒的な人気というつくば市だが、確かに人口20万人以上の中核都市で、”移住”というイメージは湧かない。コロナ下で注目を浴びていることを、市は把握していなかった。つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
移住を検討するための資料が揃う移住支援センター(著者撮影)「特に茨城県内でもつくば市など県南地域への移住相談が多く、東京からの近さが優位に働いていることが一つの要因かと感じています。海も山もあるのんびりとした環境でありながらも、1~3時間で首都圏へ出られる距離の近さが、茨城県特有のポイントになっていると思います」相談者からは、「東京や首都圏でできた縁を切りたくない」「何かあったらすぐ東京に出られる場所を探している」「毎日会社に行く必要がなくなった」コロナ前は聞かれなかった声が聞かれると言う。国立の筑波大学があり、教育環境が整ったつくば市が圧倒的な人気で、秋葉原駅(東京都千代田区)とつくば駅(茨城県つくば市)を結ぶ鉄道路線「つくばエクスプレス」沿線上の守谷市も人気があると言う。つくばエクスプレスは秋葉原~つくば間を45分(快速の場合)で結ぶ。また、JRの在来線快速に乗れば東京の玄関口「上野」まで約40分の取手市にも注目が集まっている。移住相談員はこう話した。「がらりとライフスタイルを変えるというよりかは、引越しに近い感覚です」ポイントは東京へのアクセスの良さ支援センターでは圧倒的な人気というつくば市だが、確かに人口20万人以上の中核都市で、”移住”というイメージは湧かない。コロナ下で注目を浴びていることを、市は把握していなかった。つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
「特に茨城県内でもつくば市など県南地域への移住相談が多く、東京からの近さが優位に働いていることが一つの要因かと感じています。海も山もあるのんびりとした環境でありながらも、1~3時間で首都圏へ出られる距離の近さが、茨城県特有のポイントになっていると思います」相談者からは、「東京や首都圏でできた縁を切りたくない」「何かあったらすぐ東京に出られる場所を探している」「毎日会社に行く必要がなくなった」コロナ前は聞かれなかった声が聞かれると言う。国立の筑波大学があり、教育環境が整ったつくば市が圧倒的な人気で、秋葉原駅(東京都千代田区)とつくば駅(茨城県つくば市)を結ぶ鉄道路線「つくばエクスプレス」沿線上の守谷市も人気があると言う。つくばエクスプレスは秋葉原~つくば間を45分(快速の場合)で結ぶ。また、JRの在来線快速に乗れば東京の玄関口「上野」まで約40分の取手市にも注目が集まっている。移住相談員はこう話した。「がらりとライフスタイルを変えるというよりかは、引越しに近い感覚です」ポイントは東京へのアクセスの良さ支援センターでは圧倒的な人気というつくば市だが、確かに人口20万人以上の中核都市で、”移住”というイメージは湧かない。コロナ下で注目を浴びていることを、市は把握していなかった。つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
相談者からは、「東京や首都圏でできた縁を切りたくない」「何かあったらすぐ東京に出られる場所を探している」「毎日会社に行く必要がなくなった」コロナ前は聞かれなかった声が聞かれると言う。国立の筑波大学があり、教育環境が整ったつくば市が圧倒的な人気で、秋葉原駅(東京都千代田区)とつくば駅(茨城県つくば市)を結ぶ鉄道路線「つくばエクスプレス」沿線上の守谷市も人気があると言う。つくばエクスプレスは秋葉原~つくば間を45分(快速の場合)で結ぶ。また、JRの在来線快速に乗れば東京の玄関口「上野」まで約40分の取手市にも注目が集まっている。移住相談員はこう話した。「がらりとライフスタイルを変えるというよりかは、引越しに近い感覚です」ポイントは東京へのアクセスの良さ支援センターでは圧倒的な人気というつくば市だが、確かに人口20万人以上の中核都市で、”移住”というイメージは湧かない。コロナ下で注目を浴びていることを、市は把握していなかった。つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
「東京や首都圏でできた縁を切りたくない」「何かあったらすぐ東京に出られる場所を探している」「毎日会社に行く必要がなくなった」コロナ前は聞かれなかった声が聞かれると言う。国立の筑波大学があり、教育環境が整ったつくば市が圧倒的な人気で、秋葉原駅(東京都千代田区)とつくば駅(茨城県つくば市)を結ぶ鉄道路線「つくばエクスプレス」沿線上の守谷市も人気があると言う。つくばエクスプレスは秋葉原~つくば間を45分(快速の場合)で結ぶ。また、JRの在来線快速に乗れば東京の玄関口「上野」まで約40分の取手市にも注目が集まっている。移住相談員はこう話した。「がらりとライフスタイルを変えるというよりかは、引越しに近い感覚です」ポイントは東京へのアクセスの良さ支援センターでは圧倒的な人気というつくば市だが、確かに人口20万人以上の中核都市で、”移住”というイメージは湧かない。コロナ下で注目を浴びていることを、市は把握していなかった。つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
「何かあったらすぐ東京に出られる場所を探している」「毎日会社に行く必要がなくなった」コロナ前は聞かれなかった声が聞かれると言う。国立の筑波大学があり、教育環境が整ったつくば市が圧倒的な人気で、秋葉原駅(東京都千代田区)とつくば駅(茨城県つくば市)を結ぶ鉄道路線「つくばエクスプレス」沿線上の守谷市も人気があると言う。つくばエクスプレスは秋葉原~つくば間を45分(快速の場合)で結ぶ。また、JRの在来線快速に乗れば東京の玄関口「上野」まで約40分の取手市にも注目が集まっている。移住相談員はこう話した。「がらりとライフスタイルを変えるというよりかは、引越しに近い感覚です」ポイントは東京へのアクセスの良さ支援センターでは圧倒的な人気というつくば市だが、確かに人口20万人以上の中核都市で、”移住”というイメージは湧かない。コロナ下で注目を浴びていることを、市は把握していなかった。つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
「毎日会社に行く必要がなくなった」コロナ前は聞かれなかった声が聞かれると言う。国立の筑波大学があり、教育環境が整ったつくば市が圧倒的な人気で、秋葉原駅(東京都千代田区)とつくば駅(茨城県つくば市)を結ぶ鉄道路線「つくばエクスプレス」沿線上の守谷市も人気があると言う。つくばエクスプレスは秋葉原~つくば間を45分(快速の場合)で結ぶ。また、JRの在来線快速に乗れば東京の玄関口「上野」まで約40分の取手市にも注目が集まっている。移住相談員はこう話した。「がらりとライフスタイルを変えるというよりかは、引越しに近い感覚です」ポイントは東京へのアクセスの良さ支援センターでは圧倒的な人気というつくば市だが、確かに人口20万人以上の中核都市で、”移住”というイメージは湧かない。コロナ下で注目を浴びていることを、市は把握していなかった。つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
コロナ前は聞かれなかった声が聞かれると言う。国立の筑波大学があり、教育環境が整ったつくば市が圧倒的な人気で、秋葉原駅(東京都千代田区)とつくば駅(茨城県つくば市)を結ぶ鉄道路線「つくばエクスプレス」沿線上の守谷市も人気があると言う。つくばエクスプレスは秋葉原~つくば間を45分(快速の場合)で結ぶ。また、JRの在来線快速に乗れば東京の玄関口「上野」まで約40分の取手市にも注目が集まっている。移住相談員はこう話した。「がらりとライフスタイルを変えるというよりかは、引越しに近い感覚です」ポイントは東京へのアクセスの良さ支援センターでは圧倒的な人気というつくば市だが、確かに人口20万人以上の中核都市で、”移住”というイメージは湧かない。コロナ下で注目を浴びていることを、市は把握していなかった。つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
国立の筑波大学があり、教育環境が整ったつくば市が圧倒的な人気で、秋葉原駅(東京都千代田区)とつくば駅(茨城県つくば市)を結ぶ鉄道路線「つくばエクスプレス」沿線上の守谷市も人気があると言う。つくばエクスプレスは秋葉原~つくば間を45分(快速の場合)で結ぶ。また、JRの在来線快速に乗れば東京の玄関口「上野」まで約40分の取手市にも注目が集まっている。移住相談員はこう話した。「がらりとライフスタイルを変えるというよりかは、引越しに近い感覚です」ポイントは東京へのアクセスの良さ支援センターでは圧倒的な人気というつくば市だが、確かに人口20万人以上の中核都市で、”移住”というイメージは湧かない。コロナ下で注目を浴びていることを、市は把握していなかった。つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
また、JRの在来線快速に乗れば東京の玄関口「上野」まで約40分の取手市にも注目が集まっている。移住相談員はこう話した。「がらりとライフスタイルを変えるというよりかは、引越しに近い感覚です」ポイントは東京へのアクセスの良さ支援センターでは圧倒的な人気というつくば市だが、確かに人口20万人以上の中核都市で、”移住”というイメージは湧かない。コロナ下で注目を浴びていることを、市は把握していなかった。つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
「がらりとライフスタイルを変えるというよりかは、引越しに近い感覚です」ポイントは東京へのアクセスの良さ支援センターでは圧倒的な人気というつくば市だが、確かに人口20万人以上の中核都市で、”移住”というイメージは湧かない。コロナ下で注目を浴びていることを、市は把握していなかった。つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
支援センターでは圧倒的な人気というつくば市だが、確かに人口20万人以上の中核都市で、”移住”というイメージは湧かない。コロナ下で注目を浴びていることを、市は把握していなかった。つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
つくば市・市長公室広報戦略課の担当者は、「市としての移住に対する特別な支援策はなく、移住に関する相談も週に1回程度です。都心と直結する交通インフラがあり、都心部より安く不動産を入手できることで、つくば市に注目が集まっているのではないでしょうか」と話す。支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
支援センターでは東京に隣接する人気の自治体のブースを訪れたが、どこも東京へのアクセスの良さが人気の理由で、ある程度、生活環境も整った地方都市の関心が高い。たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
たとえば神奈川県小田原市でも、市の移住窓口への問い合わせが前年比2倍以上に増えた。小田原市広報広聴課・都市セールス係の高橋良輔さんは話す。「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
「新幹線なら約30分、在来線でも約1時間と、都心への近さをアピールしてきたことが、コロナによる働き方の変化にマッチした印象です。小田原には海も山もあり、自然豊かな環境ですが、駅周辺には商業施設がコンパクトに集まっています。程よい田舎感が都会の人に受けているように感じます」コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。
コロナ移住者を取材すると、おおむね高い家賃や満員電車など、東京的な高コストで密な暮らしは「捨てたい」一方、収入の柱としての東京は「捨てられない」という事情が交差しているようで、そのことは自らが東京から離れた著者としてもよくわかる。また、そうした背景が移住人気のランキングに如実に表れているよう、取材を通じてあらためて感じた。※本稿は、中公新書ラクレ『東京を捨てる コロナ移住のリアル』の一部を抜粋・再編集したものです。