ETC不正利用200回以上か 60歳会社員を逮捕

高速道路の自動料金収受システム(ETC)を不正にすり抜けて通行料金を支払わなかったとして、大阪府警高速隊は6日、道路整備特別措置法違反などの疑いで、大阪府門真市松葉町の会社員、泉谷繁浩容疑者(60)を逮捕した。
泉谷容疑者は容疑を認め、「3年前から200回以上やった」と供述しており、同隊が余罪を調べている。
逮捕容疑は4月11日午前10時半ごろ、同府守口市淀江町の阪神高速守口本線料金所で、車両のナンバープレートの一部を隠し、ETC車載器が正常に作動しない状態でバイクを運転。ETC専用レーンを通行し、料金を支払わなかったとしている。
同隊によると、ナンバープレートの地名部分を隠し、前方車両との車間距離を詰めてレーンを通過する手口で犯行を繰り返していたとみられる。2月に阪神高速から、悪質な走行を繰り返す車両があるとの情報提供を受け、同隊が捜査していた。