自殺ほう助容疑で男再逮捕=車内で練炭、13歳少女死亡―兵庫県警

兵庫県丹波市の林道で県内の中学2年の女子生徒=当時(13)=の遺体が見つかった事件で、県警は6日、自殺ほう助容疑で住所不定、無職西田裕一容疑者(23)を再逮捕した。
「間違いない」と容疑を認めているという。
逮捕容疑は5月5日夜、丹波市氷上町新郷の林道に駐車した軽自動車内で練炭を燃やし、生徒の自殺を手助けした疑い。
丹波署によると、西田容疑者は4日正午ごろインターネット交流サイト(SNS)で女子生徒と知り合い、5日早朝に会った。生徒の死因は急性一酸化炭素中毒で、状況から自殺と判断した。
事件は6日未明、西田容疑者が「自殺しようとしたが、死にきれなかった」などと丹波署に連絡して発覚。同署は死体遺棄容疑で同容疑者を逮捕し、わいせつ目的誘拐容疑で再逮捕していた。