住宅から2人の白骨遺体 1人は住民か 茨城・古河市

茨城県古河市の住宅で白骨化した2人の遺体が見つかりました。性別や年齢は分かっていません。
警察によりますと、6日午前10時半ごろ、古河市水海の住宅で知人を訪ねて来た男性(45)が玄関の鍵が開いていたために家の中を見たところ、白骨化した1人の遺体を見つけました。
男性の通報を受けた警察官が家の中を確認すると、別の部屋でさらに1人の白骨化した遺体が見つかりました。
遺体はいずれも性別や年齢が分からない状態だということです。
住宅には少なくとも50代の男性が住んでいたことが確認されています。