逮捕少年「銃見せて」と電話 銃砲店で従業員刺す

福島県郡山市で銃などを販売する店の従業員が刃物で刺されて15歳の少年が逮捕された事件で、少年が事件の前に「銃を見せてほしい」と店に電話していたことが分かりました。
5日午後6時半ごろ、郡山市の大竹銃砲店で店を訪れた15歳の少年が従業員の79歳の男性の頭や背中などを刃物で突き刺し、殺害しようとした疑いで逮捕されました。
従業員の男性は命に別状はありませんでした。
その後の警察への取材で、少年はおおむね容疑を認める供述をしていることが新たに分かりました。
また、店の関係者などの話によりますと、少年は「銃を見せてほしい」などと電話をしてから店を訪れ、男性従業員の接客を受けている最中に刺したということです。