「金使いたくない」バッグや傘に飲料・菓子入れる市職員、スーパー保安員が目撃

スーパーで清涼飲料水などを万引きしたとして、奈良県警奈良署は4日、斑鳩町法隆寺、奈良市職員の男(62)を窃盗容疑で現行犯逮捕した。
男は「お金を使いたくなかったから」と容疑を認めているという。
発表では、男は4日午後6時頃、奈良市内のスーパーで清涼飲料水や菓子など計9点(販売価格2709円)を盗んだ疑い。
同署によると、ショルダーバッグや傘に万引きした商品を入れる男を同店の保安員が目撃し、店外に出たところを呼び止めたという。