茨城一家殺傷、容疑者を鑑定留置 水戸地検、9月6日まで

茨城県境町の住宅で2019年9月、会社員の小林光則さん(当時48歳)と妻のパート従業員、美和さん(同50歳)が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件で、殺人容疑などで逮捕された岡庭由征容疑者(26)=埼玉県三郷市鷹野4=について、水戸地検は7日、刑事責任能力を調べるため鑑定留置を裁判所に請求し、認められたと発表した。
茨城一家殺傷 現場の足跡と同じ靴を着用
期間は9月6日までの3カ月間。【森永亨、長屋美乃里】