JOC幹部職員が自殺か 電車の運転士「ホームから線路に入ってきた」

電車にはねられ死亡したのは、JOCの幹部とみられ、自殺の可能性もあるという。
7日午前9時20分ごろ、東京・品川区の都営浅草線・中延駅で、50代の男性が電車にはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。
死亡したのは、JOC(日本オリンピック委員会)幹部の森谷靖さん(52)とみられていて、電車の運転士が、「男性がホームから線路に入ってきた」と話していることなどから、警視庁は、自殺とみて調べている。
この影響で、都営浅草線は、およそ1時間20分にわたって、一部区間で運転を見合わせた。