「100日後に食われるブタ」YouTube動画が波紋 「再生数稼ぎ」疑問の声に飼い主は?

いま、YouTubeでチャンネル登録者数4万9000人を集める「100日後に食われるブタ」が注目を集める一方、動物の命を題材に扱う再生数稼ぎのやり方に疑問の声も上がっている。動画の主人公は、愛らしい表情が特徴の子豚で、その名もカルビくんだ。

【映像】渦中のブタ「カルビくん」
動画の内容はタイトルの通り。100日後に食べられることを前提に、その日までをカウントダウンで追う様子がアップされている。
「YouTubeのペット系を題材にしたチャンネルをやりたいという思いがあった。視聴者数が伸びやすいこともあるが、それだけでは普通のペットチャンネルとして埋もれてしまうので、スパイスが欲しいよねということで、タイトルを見てすべての人が頭に浮かぶ“100日後に死ぬワニ”というような、そこから設定としてインスパイアを受けてこのような企画になった」
6日にABEMAで放送された『ABEMA的ニュースショー』では、投稿者であるカルビくんの飼い主に話を聞いた。当初はバズるための企画を考えていたというが、犬や猫は飽和状態。そこで、差別化を図りつつ、メッセージ性の強い内容のものとして、この企画が思いついたのだという。気になる再生回数の平均は現在およそ6万回で、注目度は日増しに高まっている。
しかし、本当に「100日後にカルビくんを食べてしまうのか」という疑問もある。そんな疑問に対して飼い主は「この企画自体がそういうコンセプトで始めたものになってくるので、100日後にどうするかは実は決まっていない。ミニブタの成長の過程を見てもらいながら、食育だったりフードロスだったりを伝えるのに食べるのがいいのか、視聴者の意見をくむような形で伝わるような形になればいいのでは」と考えを明かした。この動画については、2チャンネル創設者のひろゆき氏が「この動画は絶対バズる!賭けてもいい」と太鼓判を押している。