9歳児が車運転 防カメとらえた危うい瞬間 目撃者証言も

5日、岩手県盛岡市で9歳の男の子が乗用車を運転し、事故を起こしました。めざまし8は、車が暴走する瞬間を捉えた防犯カメラ映像を入手。男の子による運転は、大事故につながりかねないほどの猛スピードでした。なぜ、9歳児の男の子が車を運転することになってしまったのでしょうか。
多くの車が行き交う、週末の幹線道路。そこに突如、現れたのは猛スピードで交差点に進入するシルバーの乗用車。その後ろからパトカーが追跡しているのが分かります。このとき、よく見ると、信号は赤。交差点を通過した車は、対向車線にはみ出しながら走り抜けました。この直後、車は追突事故を起こし、車体の前方が大破しました。
一歩間違えれば、多くの歩行者を巻き込みかねない危険な暴走。この車を運転していたのは、9歳の男の子。5日午後5時半ごろ、岩手県盛岡市の国道4号線で、「子供が車を運転している」と警察に通報が入ったのです。国道を約4キロにわたって走行した、男の子が運転する車。2キロほど進んだ地点からはパトカーが追跡している中、最後は、交差点で停車している軽自動車2台に衝突して止まりました。車は前方部分が大きく損傷。さらに、運転席を見ると、エアバッグが作動した様子も。
この事故で、車を運転していた男の子と、追突された軽自動車に乗っていた30代の女性が軽いけがをしました。警察によると、男の子は、自宅で親が数分目を離したすきに鍵を持って車に乗り込み、そのまま国道に出たということです。目撃者語る事故当時の緊迫したパトカー追跡めざまし8は事故が起きた同じ時間帯に現場を取材。複数の目撃証言から見えてきたのは、男の子が運転していた車の「不自然な動き」でした。現場となった国道4号線は、片側2車線で、道路沿いには多くの飲食店や娯楽施設などが並んでいます。不自然な動きをしていたという車。男性が目撃したこの場所から、1キロほど離れた地点の防犯カメラには、男の子が運転したとみられる車が捉えられていました。事故の瞬間を目撃した人は、目撃者:最初ここにいて、サイレンが聞こえてきて、拡声器で『前の車止まりなさい』って聞こえてきて、緊急車両通過しますって聞こえてきて、なんか大変な事なのかなってあれっと思ってみたら、そこの信号待ちしている車にそのままドーンって事故後の男の子の様子について聞くと、目撃者:ぱっと見たときはぐったりしている感じ。目もつむってぐったりしてる感じ。寝かせられて、意識あるかないかみたいな、でも見てる限りじゃ、なんかもう意識ない感じ。10分くらいして救急車が来て、ストレッチャーに乗せるときに目パッと開いて、えーんて泣き出した付きっきりで名前を呼んでた女性の方はいましたさらに、取材に応じた複数の目撃者が語ったのは、目撃者:パンクして走っていたので危ないなとは思いましたけどQ:パンクは音で分かった?目撃者:そうですね、もうバタバタってなっていたので、パッと見てすぐパンクだって分かったので目撃者:みんな徐行しているのに、シルバーの乗用車がパンクした状態でバタバタって、周りがゆっくりだから速く走っていって「パンクしながら走っていた」という証言。事故後の写真を見てみると左の前輪がパンクしているように見えます。専門家が分析 事故写真から読み取る当時の様子仮に車がパンクしていた場合、車の走行にはどんな影響が出るのでしょうか。交通事故鑑定人の中島博史さんに話を聞くと、交通事故鑑定人の中島博史さん:パンクした側の車が引っ張られるような動き方になります。ですから、単純に直進しようと思っても常にハンドルの修正をしなくてはならない状態になりまして、とにかく前に進めようとするだけで精一杯な状態で、車線をはみ出る状況になってしまったと思いますさらに、衝突後の車の写真から分かったのが、交通事故鑑定人の中島博史さん:あまり減速しない状態で追突はしてしまったように思います。ですので速度が比較的高かったのでエアバックは開いたのだと思います4~50キロ程度(出ていたと推測している)おそらく児童の意識としては、ブレーキを踏んだんだけれど間に合わなかったみたいな状態での追突だと思います一歩間違えれば、大事故につながったかもしれない9歳児の運転。そもそも、なぜ、子供が車を運転する事態になってしまったのでしょうか。今回のように、目を離した隙に子どもが自動車を運転するようにならないためにはどのようにしたらよいのか。交通事故鑑定人の中島さんによると、「鍵さえしっかり管理していれば、子供が運転してしまうという事態は防げる。」と警鐘を鳴らしています。何気ない日常にも危険が潜んでいると意識する必要がありそうです。(めざまし8 6月7日放送)
めざまし8は事故が起きた同じ時間帯に現場を取材。複数の目撃証言から見えてきたのは、男の子が運転していた車の「不自然な動き」でした。現場となった国道4号線は、片側2車線で、道路沿いには多くの飲食店や娯楽施設などが並んでいます。不自然な動きをしていたという車。男性が目撃したこの場所から、1キロほど離れた地点の防犯カメラには、男の子が運転したとみられる車が捉えられていました。事故の瞬間を目撃した人は、目撃者:最初ここにいて、サイレンが聞こえてきて、拡声器で『前の車止まりなさい』って聞こえてきて、緊急車両通過しますって聞こえてきて、なんか大変な事なのかなってあれっと思ってみたら、そこの信号待ちしている車にそのままドーンって事故後の男の子の様子について聞くと、目撃者:ぱっと見たときはぐったりしている感じ。目もつむってぐったりしてる感じ。寝かせられて、意識あるかないかみたいな、でも見てる限りじゃ、なんかもう意識ない感じ。10分くらいして救急車が来て、ストレッチャーに乗せるときに目パッと開いて、えーんて泣き出した付きっきりで名前を呼んでた女性の方はいましたさらに、取材に応じた複数の目撃者が語ったのは、目撃者:パンクして走っていたので危ないなとは思いましたけどQ:パンクは音で分かった?目撃者:そうですね、もうバタバタってなっていたので、パッと見てすぐパンクだって分かったので目撃者:みんな徐行しているのに、シルバーの乗用車がパンクした状態でバタバタって、周りがゆっくりだから速く走っていって「パンクしながら走っていた」という証言。事故後の写真を見てみると左の前輪がパンクしているように見えます。専門家が分析 事故写真から読み取る当時の様子仮に車がパンクしていた場合、車の走行にはどんな影響が出るのでしょうか。交通事故鑑定人の中島博史さんに話を聞くと、交通事故鑑定人の中島博史さん:パンクした側の車が引っ張られるような動き方になります。ですから、単純に直進しようと思っても常にハンドルの修正をしなくてはならない状態になりまして、とにかく前に進めようとするだけで精一杯な状態で、車線をはみ出る状況になってしまったと思いますさらに、衝突後の車の写真から分かったのが、交通事故鑑定人の中島博史さん:あまり減速しない状態で追突はしてしまったように思います。ですので速度が比較的高かったのでエアバックは開いたのだと思います4~50キロ程度(出ていたと推測している)おそらく児童の意識としては、ブレーキを踏んだんだけれど間に合わなかったみたいな状態での追突だと思います一歩間違えれば、大事故につながったかもしれない9歳児の運転。そもそも、なぜ、子供が車を運転する事態になってしまったのでしょうか。今回のように、目を離した隙に子どもが自動車を運転するようにならないためにはどのようにしたらよいのか。交通事故鑑定人の中島さんによると、「鍵さえしっかり管理していれば、子供が運転してしまうという事態は防げる。」と警鐘を鳴らしています。何気ない日常にも危険が潜んでいると意識する必要がありそうです。(めざまし8 6月7日放送)
目撃者:最初ここにいて、サイレンが聞こえてきて、拡声器で『前の車止まりなさい』って聞こえてきて、緊急車両通過しますって聞こえてきて、なんか大変な事なのかなってあれっと思ってみたら、そこの信号待ちしている車にそのままドーンって事故後の男の子の様子について聞くと、目撃者:ぱっと見たときはぐったりしている感じ。目もつむってぐったりしてる感じ。寝かせられて、意識あるかないかみたいな、でも見てる限りじゃ、なんかもう意識ない感じ。10分くらいして救急車が来て、ストレッチャーに乗せるときに目パッと開いて、えーんて泣き出した付きっきりで名前を呼んでた女性の方はいましたさらに、取材に応じた複数の目撃者が語ったのは、目撃者:パンクして走っていたので危ないなとは思いましたけどQ:パンクは音で分かった?目撃者:そうですね、もうバタバタってなっていたので、パッと見てすぐパンクだって分かったので目撃者:みんな徐行しているのに、シルバーの乗用車がパンクした状態でバタバタって、周りがゆっくりだから速く走っていって「パンクしながら走っていた」という証言。事故後の写真を見てみると左の前輪がパンクしているように見えます。専門家が分析 事故写真から読み取る当時の様子仮に車がパンクしていた場合、車の走行にはどんな影響が出るのでしょうか。交通事故鑑定人の中島博史さんに話を聞くと、交通事故鑑定人の中島博史さん:パンクした側の車が引っ張られるような動き方になります。ですから、単純に直進しようと思っても常にハンドルの修正をしなくてはならない状態になりまして、とにかく前に進めようとするだけで精一杯な状態で、車線をはみ出る状況になってしまったと思いますさらに、衝突後の車の写真から分かったのが、交通事故鑑定人の中島博史さん:あまり減速しない状態で追突はしてしまったように思います。ですので速度が比較的高かったのでエアバックは開いたのだと思います4~50キロ程度(出ていたと推測している)おそらく児童の意識としては、ブレーキを踏んだんだけれど間に合わなかったみたいな状態での追突だと思います一歩間違えれば、大事故につながったかもしれない9歳児の運転。そもそも、なぜ、子供が車を運転する事態になってしまったのでしょうか。今回のように、目を離した隙に子どもが自動車を運転するようにならないためにはどのようにしたらよいのか。交通事故鑑定人の中島さんによると、「鍵さえしっかり管理していれば、子供が運転してしまうという事態は防げる。」と警鐘を鳴らしています。何気ない日常にも危険が潜んでいると意識する必要がありそうです。(めざまし8 6月7日放送)
事故後の男の子の様子について聞くと、目撃者:ぱっと見たときはぐったりしている感じ。目もつむってぐったりしてる感じ。寝かせられて、意識あるかないかみたいな、でも見てる限りじゃ、なんかもう意識ない感じ。10分くらいして救急車が来て、ストレッチャーに乗せるときに目パッと開いて、えーんて泣き出した付きっきりで名前を呼んでた女性の方はいましたさらに、取材に応じた複数の目撃者が語ったのは、目撃者:パンクして走っていたので危ないなとは思いましたけどQ:パンクは音で分かった?目撃者:そうですね、もうバタバタってなっていたので、パッと見てすぐパンクだって分かったので目撃者:みんな徐行しているのに、シルバーの乗用車がパンクした状態でバタバタって、周りがゆっくりだから速く走っていって「パンクしながら走っていた」という証言。事故後の写真を見てみると左の前輪がパンクしているように見えます。専門家が分析 事故写真から読み取る当時の様子仮に車がパンクしていた場合、車の走行にはどんな影響が出るのでしょうか。交通事故鑑定人の中島博史さんに話を聞くと、交通事故鑑定人の中島博史さん:パンクした側の車が引っ張られるような動き方になります。ですから、単純に直進しようと思っても常にハンドルの修正をしなくてはならない状態になりまして、とにかく前に進めようとするだけで精一杯な状態で、車線をはみ出る状況になってしまったと思いますさらに、衝突後の車の写真から分かったのが、交通事故鑑定人の中島博史さん:あまり減速しない状態で追突はしてしまったように思います。ですので速度が比較的高かったのでエアバックは開いたのだと思います4~50キロ程度(出ていたと推測している)おそらく児童の意識としては、ブレーキを踏んだんだけれど間に合わなかったみたいな状態での追突だと思います一歩間違えれば、大事故につながったかもしれない9歳児の運転。そもそも、なぜ、子供が車を運転する事態になってしまったのでしょうか。今回のように、目を離した隙に子どもが自動車を運転するようにならないためにはどのようにしたらよいのか。交通事故鑑定人の中島さんによると、「鍵さえしっかり管理していれば、子供が運転してしまうという事態は防げる。」と警鐘を鳴らしています。何気ない日常にも危険が潜んでいると意識する必要がありそうです。(めざまし8 6月7日放送)
目撃者:ぱっと見たときはぐったりしている感じ。目もつむってぐったりしてる感じ。寝かせられて、意識あるかないかみたいな、でも見てる限りじゃ、なんかもう意識ない感じ。10分くらいして救急車が来て、ストレッチャーに乗せるときに目パッと開いて、えーんて泣き出した付きっきりで名前を呼んでた女性の方はいましたさらに、取材に応じた複数の目撃者が語ったのは、目撃者:パンクして走っていたので危ないなとは思いましたけどQ:パンクは音で分かった?目撃者:そうですね、もうバタバタってなっていたので、パッと見てすぐパンクだって分かったので目撃者:みんな徐行しているのに、シルバーの乗用車がパンクした状態でバタバタって、周りがゆっくりだから速く走っていって「パンクしながら走っていた」という証言。事故後の写真を見てみると左の前輪がパンクしているように見えます。専門家が分析 事故写真から読み取る当時の様子仮に車がパンクしていた場合、車の走行にはどんな影響が出るのでしょうか。交通事故鑑定人の中島博史さんに話を聞くと、交通事故鑑定人の中島博史さん:パンクした側の車が引っ張られるような動き方になります。ですから、単純に直進しようと思っても常にハンドルの修正をしなくてはならない状態になりまして、とにかく前に進めようとするだけで精一杯な状態で、車線をはみ出る状況になってしまったと思いますさらに、衝突後の車の写真から分かったのが、交通事故鑑定人の中島博史さん:あまり減速しない状態で追突はしてしまったように思います。ですので速度が比較的高かったのでエアバックは開いたのだと思います4~50キロ程度(出ていたと推測している)おそらく児童の意識としては、ブレーキを踏んだんだけれど間に合わなかったみたいな状態での追突だと思います一歩間違えれば、大事故につながったかもしれない9歳児の運転。そもそも、なぜ、子供が車を運転する事態になってしまったのでしょうか。今回のように、目を離した隙に子どもが自動車を運転するようにならないためにはどのようにしたらよいのか。交通事故鑑定人の中島さんによると、「鍵さえしっかり管理していれば、子供が運転してしまうという事態は防げる。」と警鐘を鳴らしています。何気ない日常にも危険が潜んでいると意識する必要がありそうです。(めざまし8 6月7日放送)
さらに、取材に応じた複数の目撃者が語ったのは、目撃者:パンクして走っていたので危ないなとは思いましたけどQ:パンクは音で分かった?目撃者:そうですね、もうバタバタってなっていたので、パッと見てすぐパンクだって分かったので目撃者:みんな徐行しているのに、シルバーの乗用車がパンクした状態でバタバタって、周りがゆっくりだから速く走っていって「パンクしながら走っていた」という証言。事故後の写真を見てみると左の前輪がパンクしているように見えます。専門家が分析 事故写真から読み取る当時の様子仮に車がパンクしていた場合、車の走行にはどんな影響が出るのでしょうか。交通事故鑑定人の中島博史さんに話を聞くと、交通事故鑑定人の中島博史さん:パンクした側の車が引っ張られるような動き方になります。ですから、単純に直進しようと思っても常にハンドルの修正をしなくてはならない状態になりまして、とにかく前に進めようとするだけで精一杯な状態で、車線をはみ出る状況になってしまったと思いますさらに、衝突後の車の写真から分かったのが、交通事故鑑定人の中島博史さん:あまり減速しない状態で追突はしてしまったように思います。ですので速度が比較的高かったのでエアバックは開いたのだと思います4~50キロ程度(出ていたと推測している)おそらく児童の意識としては、ブレーキを踏んだんだけれど間に合わなかったみたいな状態での追突だと思います一歩間違えれば、大事故につながったかもしれない9歳児の運転。そもそも、なぜ、子供が車を運転する事態になってしまったのでしょうか。今回のように、目を離した隙に子どもが自動車を運転するようにならないためにはどのようにしたらよいのか。交通事故鑑定人の中島さんによると、「鍵さえしっかり管理していれば、子供が運転してしまうという事態は防げる。」と警鐘を鳴らしています。何気ない日常にも危険が潜んでいると意識する必要がありそうです。(めざまし8 6月7日放送)
目撃者:パンクして走っていたので危ないなとは思いましたけどQ:パンクは音で分かった?目撃者:そうですね、もうバタバタってなっていたので、パッと見てすぐパンクだって分かったので目撃者:みんな徐行しているのに、シルバーの乗用車がパンクした状態でバタバタって、周りがゆっくりだから速く走っていって「パンクしながら走っていた」という証言。事故後の写真を見てみると左の前輪がパンクしているように見えます。専門家が分析 事故写真から読み取る当時の様子仮に車がパンクしていた場合、車の走行にはどんな影響が出るのでしょうか。交通事故鑑定人の中島博史さんに話を聞くと、交通事故鑑定人の中島博史さん:パンクした側の車が引っ張られるような動き方になります。ですから、単純に直進しようと思っても常にハンドルの修正をしなくてはならない状態になりまして、とにかく前に進めようとするだけで精一杯な状態で、車線をはみ出る状況になってしまったと思いますさらに、衝突後の車の写真から分かったのが、交通事故鑑定人の中島博史さん:あまり減速しない状態で追突はしてしまったように思います。ですので速度が比較的高かったのでエアバックは開いたのだと思います4~50キロ程度(出ていたと推測している)おそらく児童の意識としては、ブレーキを踏んだんだけれど間に合わなかったみたいな状態での追突だと思います一歩間違えれば、大事故につながったかもしれない9歳児の運転。そもそも、なぜ、子供が車を運転する事態になってしまったのでしょうか。今回のように、目を離した隙に子どもが自動車を運転するようにならないためにはどのようにしたらよいのか。交通事故鑑定人の中島さんによると、「鍵さえしっかり管理していれば、子供が運転してしまうという事態は防げる。」と警鐘を鳴らしています。何気ない日常にも危険が潜んでいると意識する必要がありそうです。(めざまし8 6月7日放送)
Q:パンクは音で分かった?目撃者:そうですね、もうバタバタってなっていたので、パッと見てすぐパンクだって分かったので目撃者:みんな徐行しているのに、シルバーの乗用車がパンクした状態でバタバタって、周りがゆっくりだから速く走っていって「パンクしながら走っていた」という証言。事故後の写真を見てみると左の前輪がパンクしているように見えます。専門家が分析 事故写真から読み取る当時の様子仮に車がパンクしていた場合、車の走行にはどんな影響が出るのでしょうか。交通事故鑑定人の中島博史さんに話を聞くと、交通事故鑑定人の中島博史さん:パンクした側の車が引っ張られるような動き方になります。ですから、単純に直進しようと思っても常にハンドルの修正をしなくてはならない状態になりまして、とにかく前に進めようとするだけで精一杯な状態で、車線をはみ出る状況になってしまったと思いますさらに、衝突後の車の写真から分かったのが、交通事故鑑定人の中島博史さん:あまり減速しない状態で追突はしてしまったように思います。ですので速度が比較的高かったのでエアバックは開いたのだと思います4~50キロ程度(出ていたと推測している)おそらく児童の意識としては、ブレーキを踏んだんだけれど間に合わなかったみたいな状態での追突だと思います一歩間違えれば、大事故につながったかもしれない9歳児の運転。そもそも、なぜ、子供が車を運転する事態になってしまったのでしょうか。今回のように、目を離した隙に子どもが自動車を運転するようにならないためにはどのようにしたらよいのか。交通事故鑑定人の中島さんによると、「鍵さえしっかり管理していれば、子供が運転してしまうという事態は防げる。」と警鐘を鳴らしています。何気ない日常にも危険が潜んでいると意識する必要がありそうです。(めざまし8 6月7日放送)
目撃者:そうですね、もうバタバタってなっていたので、パッと見てすぐパンクだって分かったので目撃者:みんな徐行しているのに、シルバーの乗用車がパンクした状態でバタバタって、周りがゆっくりだから速く走っていって「パンクしながら走っていた」という証言。事故後の写真を見てみると左の前輪がパンクしているように見えます。専門家が分析 事故写真から読み取る当時の様子仮に車がパンクしていた場合、車の走行にはどんな影響が出るのでしょうか。交通事故鑑定人の中島博史さんに話を聞くと、交通事故鑑定人の中島博史さん:パンクした側の車が引っ張られるような動き方になります。ですから、単純に直進しようと思っても常にハンドルの修正をしなくてはならない状態になりまして、とにかく前に進めようとするだけで精一杯な状態で、車線をはみ出る状況になってしまったと思いますさらに、衝突後の車の写真から分かったのが、交通事故鑑定人の中島博史さん:あまり減速しない状態で追突はしてしまったように思います。ですので速度が比較的高かったのでエアバックは開いたのだと思います4~50キロ程度(出ていたと推測している)おそらく児童の意識としては、ブレーキを踏んだんだけれど間に合わなかったみたいな状態での追突だと思います一歩間違えれば、大事故につながったかもしれない9歳児の運転。そもそも、なぜ、子供が車を運転する事態になってしまったのでしょうか。今回のように、目を離した隙に子どもが自動車を運転するようにならないためにはどのようにしたらよいのか。交通事故鑑定人の中島さんによると、「鍵さえしっかり管理していれば、子供が運転してしまうという事態は防げる。」と警鐘を鳴らしています。何気ない日常にも危険が潜んでいると意識する必要がありそうです。(めざまし8 6月7日放送)
目撃者:みんな徐行しているのに、シルバーの乗用車がパンクした状態でバタバタって、周りがゆっくりだから速く走っていって「パンクしながら走っていた」という証言。事故後の写真を見てみると左の前輪がパンクしているように見えます。専門家が分析 事故写真から読み取る当時の様子仮に車がパンクしていた場合、車の走行にはどんな影響が出るのでしょうか。交通事故鑑定人の中島博史さんに話を聞くと、交通事故鑑定人の中島博史さん:パンクした側の車が引っ張られるような動き方になります。ですから、単純に直進しようと思っても常にハンドルの修正をしなくてはならない状態になりまして、とにかく前に進めようとするだけで精一杯な状態で、車線をはみ出る状況になってしまったと思いますさらに、衝突後の車の写真から分かったのが、交通事故鑑定人の中島博史さん:あまり減速しない状態で追突はしてしまったように思います。ですので速度が比較的高かったのでエアバックは開いたのだと思います4~50キロ程度(出ていたと推測している)おそらく児童の意識としては、ブレーキを踏んだんだけれど間に合わなかったみたいな状態での追突だと思います一歩間違えれば、大事故につながったかもしれない9歳児の運転。そもそも、なぜ、子供が車を運転する事態になってしまったのでしょうか。今回のように、目を離した隙に子どもが自動車を運転するようにならないためにはどのようにしたらよいのか。交通事故鑑定人の中島さんによると、「鍵さえしっかり管理していれば、子供が運転してしまうという事態は防げる。」と警鐘を鳴らしています。何気ない日常にも危険が潜んでいると意識する必要がありそうです。(めざまし8 6月7日放送)
「パンクしながら走っていた」という証言。事故後の写真を見てみると左の前輪がパンクしているように見えます。専門家が分析 事故写真から読み取る当時の様子仮に車がパンクしていた場合、車の走行にはどんな影響が出るのでしょうか。交通事故鑑定人の中島博史さんに話を聞くと、交通事故鑑定人の中島博史さん:パンクした側の車が引っ張られるような動き方になります。ですから、単純に直進しようと思っても常にハンドルの修正をしなくてはならない状態になりまして、とにかく前に進めようとするだけで精一杯な状態で、車線をはみ出る状況になってしまったと思いますさらに、衝突後の車の写真から分かったのが、交通事故鑑定人の中島博史さん:あまり減速しない状態で追突はしてしまったように思います。ですので速度が比較的高かったのでエアバックは開いたのだと思います4~50キロ程度(出ていたと推測している)おそらく児童の意識としては、ブレーキを踏んだんだけれど間に合わなかったみたいな状態での追突だと思います一歩間違えれば、大事故につながったかもしれない9歳児の運転。そもそも、なぜ、子供が車を運転する事態になってしまったのでしょうか。今回のように、目を離した隙に子どもが自動車を運転するようにならないためにはどのようにしたらよいのか。交通事故鑑定人の中島さんによると、「鍵さえしっかり管理していれば、子供が運転してしまうという事態は防げる。」と警鐘を鳴らしています。何気ない日常にも危険が潜んでいると意識する必要がありそうです。(めざまし8 6月7日放送)
仮に車がパンクしていた場合、車の走行にはどんな影響が出るのでしょうか。交通事故鑑定人の中島博史さんに話を聞くと、交通事故鑑定人の中島博史さん:パンクした側の車が引っ張られるような動き方になります。ですから、単純に直進しようと思っても常にハンドルの修正をしなくてはならない状態になりまして、とにかく前に進めようとするだけで精一杯な状態で、車線をはみ出る状況になってしまったと思いますさらに、衝突後の車の写真から分かったのが、交通事故鑑定人の中島博史さん:あまり減速しない状態で追突はしてしまったように思います。ですので速度が比較的高かったのでエアバックは開いたのだと思います4~50キロ程度(出ていたと推測している)おそらく児童の意識としては、ブレーキを踏んだんだけれど間に合わなかったみたいな状態での追突だと思います一歩間違えれば、大事故につながったかもしれない9歳児の運転。そもそも、なぜ、子供が車を運転する事態になってしまったのでしょうか。今回のように、目を離した隙に子どもが自動車を運転するようにならないためにはどのようにしたらよいのか。交通事故鑑定人の中島さんによると、「鍵さえしっかり管理していれば、子供が運転してしまうという事態は防げる。」と警鐘を鳴らしています。何気ない日常にも危険が潜んでいると意識する必要がありそうです。(めざまし8 6月7日放送)
交通事故鑑定人の中島博史さん:パンクした側の車が引っ張られるような動き方になります。ですから、単純に直進しようと思っても常にハンドルの修正をしなくてはならない状態になりまして、とにかく前に進めようとするだけで精一杯な状態で、車線をはみ出る状況になってしまったと思いますさらに、衝突後の車の写真から分かったのが、交通事故鑑定人の中島博史さん:あまり減速しない状態で追突はしてしまったように思います。ですので速度が比較的高かったのでエアバックは開いたのだと思います4~50キロ程度(出ていたと推測している)おそらく児童の意識としては、ブレーキを踏んだんだけれど間に合わなかったみたいな状態での追突だと思います一歩間違えれば、大事故につながったかもしれない9歳児の運転。そもそも、なぜ、子供が車を運転する事態になってしまったのでしょうか。今回のように、目を離した隙に子どもが自動車を運転するようにならないためにはどのようにしたらよいのか。交通事故鑑定人の中島さんによると、「鍵さえしっかり管理していれば、子供が運転してしまうという事態は防げる。」と警鐘を鳴らしています。何気ない日常にも危険が潜んでいると意識する必要がありそうです。(めざまし8 6月7日放送)
さらに、衝突後の車の写真から分かったのが、交通事故鑑定人の中島博史さん:あまり減速しない状態で追突はしてしまったように思います。ですので速度が比較的高かったのでエアバックは開いたのだと思います4~50キロ程度(出ていたと推測している)おそらく児童の意識としては、ブレーキを踏んだんだけれど間に合わなかったみたいな状態での追突だと思います一歩間違えれば、大事故につながったかもしれない9歳児の運転。そもそも、なぜ、子供が車を運転する事態になってしまったのでしょうか。今回のように、目を離した隙に子どもが自動車を運転するようにならないためにはどのようにしたらよいのか。交通事故鑑定人の中島さんによると、「鍵さえしっかり管理していれば、子供が運転してしまうという事態は防げる。」と警鐘を鳴らしています。何気ない日常にも危険が潜んでいると意識する必要がありそうです。(めざまし8 6月7日放送)
交通事故鑑定人の中島博史さん:あまり減速しない状態で追突はしてしまったように思います。ですので速度が比較的高かったのでエアバックは開いたのだと思います4~50キロ程度(出ていたと推測している)おそらく児童の意識としては、ブレーキを踏んだんだけれど間に合わなかったみたいな状態での追突だと思います一歩間違えれば、大事故につながったかもしれない9歳児の運転。そもそも、なぜ、子供が車を運転する事態になってしまったのでしょうか。今回のように、目を離した隙に子どもが自動車を運転するようにならないためにはどのようにしたらよいのか。交通事故鑑定人の中島さんによると、「鍵さえしっかり管理していれば、子供が運転してしまうという事態は防げる。」と警鐘を鳴らしています。何気ない日常にも危険が潜んでいると意識する必要がありそうです。(めざまし8 6月7日放送)
一歩間違えれば、大事故につながったかもしれない9歳児の運転。そもそも、なぜ、子供が車を運転する事態になってしまったのでしょうか。今回のように、目を離した隙に子どもが自動車を運転するようにならないためにはどのようにしたらよいのか。交通事故鑑定人の中島さんによると、「鍵さえしっかり管理していれば、子供が運転してしまうという事態は防げる。」と警鐘を鳴らしています。何気ない日常にも危険が潜んでいると意識する必要がありそうです。(めざまし8 6月7日放送)
(めざまし8 6月7日放送)