“接種予約”コールセンターで疲弊「人間扱いは…」

ワクチン接種の予約を受け付けるコールセンターでは、対応するオペレーターの疲弊が深まっています。
■「死んだら、責任取るのか」と理不尽な怒り
都内の自治体の予約受付を担当する男性は、仕事にやりがいを感じながらも、日々、理不尽な怒りをぶつけられ、疲れ切っていました。
都内の予約担当オペレーターは「『接種した後に、気分が悪くなったらどうしてくれるんだ?もし、これで死んだら、お前が責任取るのか。どうなんだ?』と、20、30分くらい言われて。こっちのこと(担当)ではなかったのですが、『それは分かりかねます』と答えたら、『馬鹿と話す気はないから、上のものと代われ』って。何で、これを自分が言われないといけないんだって思った」と話します。
■暴言は日常茶飯事「人間扱いあまりされない」
関東の別のコールセンターでリーダーを務める女性は、「オペレーターとして一番困っているのは『俺が死んでもいいのか』という言葉が一番こたえる。電話の向こう側にいる私どもも、一人の人間なので。正直、人間扱いはあまりされない。そのためにオペレーターが苦しんでいる部分はあるかなと」と、難しい対応を自ら引き受けることもあり、暴言を吐かれるのは、日常茶飯事だと話します。
時には、オペレーター個人を攻撃するような電話もあり、精神的にまいってしまう人もいるといいます。
■大規模クラスターも発生…“ならでは”の問題
さらに、感染リスクの不安もあります。北海道札幌市では、今月、コールセンターでの大規模クラスターが確認されました。
これには、コールセンターという施設ならではの問題があるといいます。