13歳少女の自殺幇助の疑い、男を再逮捕 兵庫・丹波市

兵庫県丹波市氷上町新郷の林道で5月、県内に住む中学生の少女(13)の遺体が見つかった事件で、県警は6日、住居不定、無職の西田裕一容疑者(23)を自殺幇助(ほうじょ)の疑いで再逮捕し、発表した。
容疑を認めているという。逮捕は3度目。
丹波署によると、再逮捕容疑は5月5日夜、丹波市内の林道に止めた車内で、少女の自殺を手助けしたというもの。少女の死因は急性一酸化炭素中毒。現場にあった練炭は、西田容疑者が事前に購入したという。
署は、西田容疑者と少女が前日の4日昼に初めてSNS上でやりとりしたことを確認。その後、西田容疑者が少女に「自殺しよう」などと持ち掛け、事件当日の5日朝に初めて会ったとみている。
署は西田容疑者について、少女の遺体を林道に放置した死体遺棄容疑で翌6日に逮捕し、その後わいせつ目的誘拐容疑で再逮捕していた。両容疑は、いずれも処分保留という。