林道に止めた軽の車内、男が中2女子の自殺手伝う…遺体のそばに練炭

兵庫県丹波市の林道で5月、県内に住む中学2年の女子生徒(当時13歳)の遺体が見つかった事件で、丹波署などは6日、死体遺棄容疑などで逮捕した住所不定、無職の男(23)を自殺ほう助容疑で再逮捕した。
「まちがいありません」と容疑を認めているという。
発表によると、男は5月5日夜、林道に止めた軽乗用車の車内で、女子生徒が自殺するのを手伝った疑い。女子生徒は一酸化炭素中毒で死亡。遺体のそばには練炭の燃えかすがあり、車内の一部が焦げていた。
丹波署などは、男を死体遺棄容疑で逮捕後、女子生徒にわいせつ行為をしようとしたとして、わいせつ目的誘拐容疑で再逮捕していた。