岡山の初代桃太郎像、再デビュー JR駅から空港のシンボルに

岡山桃太郎空港の正面玄関近くに設置された初代桃太郎の銅像=5月25日
かつてJR岡山駅のシンボルとして駅構内などに設置され、その後行き場を失っていた初代桃太郎の銅像(実測1.5メートル)が岡山桃太郎空港(岡山市北区)に寄贈され、正面玄関近くに設置された。今後は空の客を出迎えるシンボルになる。
初代は1960年、岡山青年会議所が旧国鉄に寄贈し駅前に設置された。71年に別団体が2代目を寄贈したことを契機に駅構内に移設。その後、駅改良工事に伴い2007年に撤去され、JR西日本岡山支社が管理する高架道路下に保管されていた。一時は企画で展示されたが、以降は資料室前の廊下で眠っていた。