小室圭さん「NYで暮らす」決断なら、高額生活費は「借りるしかない」

フォーダム大学法科大学院の全カリキュラムを終えて約2週間──。卒業式を欠席した小室圭氏の動向は、いまだ聞こえてこない。その間も報道は過熱する一方だ。『女性セブン』(6月10日号)は〈小室圭さん ひた隠す皇室“強”コネ就職〉と題し、小室氏がニューヨークで国際機関などに勤務する可能性を報じた。『女性自身』(6月15日号)は〈小室圭さん 日本国民の理解は不要―帰国拒否でNY婚決断〉とし、こちらも日本への帰国はないという見立てだ。
【写真】緑のスーツ、鎖骨に乗る真珠のネックレス、会釈する眞子さま
小室氏がこのままニューヨークを拠点とする説が高まるなか、宮内庁担当記者たちの間で話題になっているのが「住まい」の問題だ。
「小室さんは在学中、学費が免除となる『マーティン奨学金』を受けながら、ニューヨーク・マンハッタンの20階建てビルにあるフォーダム大の学生寮に住んでいました。寮費は月18万円ほどで、その費用はかつてパラリーガルとして勤務していた法律事務所から借りていたようです。
しかし、一般的にアメリカの学生は卒業と同時に寮を引き払わなければならない。在学時のVIP待遇を考えれば、7月末の弁護士試験まで寮に滞在できる可能性もありますが、いずれにしてもそう長くはいられないでしょう。小室さんは“次の住まい”を決めなければいけません」(宮内庁担当記者) しかし物件探しは簡単ではない。ネックになるのはニューヨークの家賃相場だ。「ワンルームでも月20万円以上かかることが多い。1LDK以上でセキュリティが万全なら30万円はします。マンハッタンから遠く離れた郊外ならともかく、小室さんが住んでいた寮と同等のクオリティの住まいを求めるなら相当の出費は避けられないでしょう」(NY在住の40代日本人会社員) 現在、小室氏は無職の身。母・佳代さんも最近は勤務先である目黒区内の洋菓子店にほとんど姿を見せていないという。眞子内親王との結婚に向けて最大の障壁となっている元婚約者との金銭トラブルも暗礁に乗り上げたままだ。 そんな状況で本当に今後もニューヨークで暮らしていくことができるのか。前出・宮内庁担当記者が言う。「在学中と同様、パラリーガル時代の弁護士事務所から今後も生活費を借りていくしかないでしょう。来年、正式に弁護士資格を取得して職を得た後に返済していくことになるのではないか。 しかし、それではいくら稼ぐようになっても眞子さまとの結婚生活に向けて十分な資金を蓄えるのは至難の業です。眞子さまが皇籍を離脱し、結婚する際に支払われる約1億4000万円の『一時金』が頼みの綱となるでしょう。 結婚後は、学芸員の資格を持つ眞子さまがアメリカの博物館などに勤務する“共働き”のスタイルも考えられます」 小室氏の新居とその費用などについて弁護士事務所に尋ねたが、締め切りまでに回答は得られなかった。 ニューヨークなら、日本の国民からの厳しい視線は避けられるだろう。しかし金銭面では、より険しい道を進むことになりそうだ。※週刊ポスト2021年6月18・25日号
しかし物件探しは簡単ではない。ネックになるのはニューヨークの家賃相場だ。「ワンルームでも月20万円以上かかることが多い。1LDK以上でセキュリティが万全なら30万円はします。マンハッタンから遠く離れた郊外ならともかく、小室さんが住んでいた寮と同等のクオリティの住まいを求めるなら相当の出費は避けられないでしょう」(NY在住の40代日本人会社員) 現在、小室氏は無職の身。母・佳代さんも最近は勤務先である目黒区内の洋菓子店にほとんど姿を見せていないという。眞子内親王との結婚に向けて最大の障壁となっている元婚約者との金銭トラブルも暗礁に乗り上げたままだ。 そんな状況で本当に今後もニューヨークで暮らしていくことができるのか。前出・宮内庁担当記者が言う。「在学中と同様、パラリーガル時代の弁護士事務所から今後も生活費を借りていくしかないでしょう。来年、正式に弁護士資格を取得して職を得た後に返済していくことになるのではないか。 しかし、それではいくら稼ぐようになっても眞子さまとの結婚生活に向けて十分な資金を蓄えるのは至難の業です。眞子さまが皇籍を離脱し、結婚する際に支払われる約1億4000万円の『一時金』が頼みの綱となるでしょう。 結婚後は、学芸員の資格を持つ眞子さまがアメリカの博物館などに勤務する“共働き”のスタイルも考えられます」 小室氏の新居とその費用などについて弁護士事務所に尋ねたが、締め切りまでに回答は得られなかった。 ニューヨークなら、日本の国民からの厳しい視線は避けられるだろう。しかし金銭面では、より険しい道を進むことになりそうだ。※週刊ポスト2021年6月18・25日号
「ワンルームでも月20万円以上かかることが多い。1LDK以上でセキュリティが万全なら30万円はします。マンハッタンから遠く離れた郊外ならともかく、小室さんが住んでいた寮と同等のクオリティの住まいを求めるなら相当の出費は避けられないでしょう」(NY在住の40代日本人会社員) 現在、小室氏は無職の身。母・佳代さんも最近は勤務先である目黒区内の洋菓子店にほとんど姿を見せていないという。眞子内親王との結婚に向けて最大の障壁となっている元婚約者との金銭トラブルも暗礁に乗り上げたままだ。 そんな状況で本当に今後もニューヨークで暮らしていくことができるのか。前出・宮内庁担当記者が言う。「在学中と同様、パラリーガル時代の弁護士事務所から今後も生活費を借りていくしかないでしょう。来年、正式に弁護士資格を取得して職を得た後に返済していくことになるのではないか。 しかし、それではいくら稼ぐようになっても眞子さまとの結婚生活に向けて十分な資金を蓄えるのは至難の業です。眞子さまが皇籍を離脱し、結婚する際に支払われる約1億4000万円の『一時金』が頼みの綱となるでしょう。 結婚後は、学芸員の資格を持つ眞子さまがアメリカの博物館などに勤務する“共働き”のスタイルも考えられます」 小室氏の新居とその費用などについて弁護士事務所に尋ねたが、締め切りまでに回答は得られなかった。 ニューヨークなら、日本の国民からの厳しい視線は避けられるだろう。しかし金銭面では、より険しい道を進むことになりそうだ。※週刊ポスト2021年6月18・25日号
現在、小室氏は無職の身。母・佳代さんも最近は勤務先である目黒区内の洋菓子店にほとんど姿を見せていないという。眞子内親王との結婚に向けて最大の障壁となっている元婚約者との金銭トラブルも暗礁に乗り上げたままだ。 そんな状況で本当に今後もニューヨークで暮らしていくことができるのか。前出・宮内庁担当記者が言う。「在学中と同様、パラリーガル時代の弁護士事務所から今後も生活費を借りていくしかないでしょう。来年、正式に弁護士資格を取得して職を得た後に返済していくことになるのではないか。 しかし、それではいくら稼ぐようになっても眞子さまとの結婚生活に向けて十分な資金を蓄えるのは至難の業です。眞子さまが皇籍を離脱し、結婚する際に支払われる約1億4000万円の『一時金』が頼みの綱となるでしょう。 結婚後は、学芸員の資格を持つ眞子さまがアメリカの博物館などに勤務する“共働き”のスタイルも考えられます」 小室氏の新居とその費用などについて弁護士事務所に尋ねたが、締め切りまでに回答は得られなかった。 ニューヨークなら、日本の国民からの厳しい視線は避けられるだろう。しかし金銭面では、より険しい道を進むことになりそうだ。※週刊ポスト2021年6月18・25日号
そんな状況で本当に今後もニューヨークで暮らしていくことができるのか。前出・宮内庁担当記者が言う。「在学中と同様、パラリーガル時代の弁護士事務所から今後も生活費を借りていくしかないでしょう。来年、正式に弁護士資格を取得して職を得た後に返済していくことになるのではないか。 しかし、それではいくら稼ぐようになっても眞子さまとの結婚生活に向けて十分な資金を蓄えるのは至難の業です。眞子さまが皇籍を離脱し、結婚する際に支払われる約1億4000万円の『一時金』が頼みの綱となるでしょう。 結婚後は、学芸員の資格を持つ眞子さまがアメリカの博物館などに勤務する“共働き”のスタイルも考えられます」 小室氏の新居とその費用などについて弁護士事務所に尋ねたが、締め切りまでに回答は得られなかった。 ニューヨークなら、日本の国民からの厳しい視線は避けられるだろう。しかし金銭面では、より険しい道を進むことになりそうだ。※週刊ポスト2021年6月18・25日号
「在学中と同様、パラリーガル時代の弁護士事務所から今後も生活費を借りていくしかないでしょう。来年、正式に弁護士資格を取得して職を得た後に返済していくことになるのではないか。 しかし、それではいくら稼ぐようになっても眞子さまとの結婚生活に向けて十分な資金を蓄えるのは至難の業です。眞子さまが皇籍を離脱し、結婚する際に支払われる約1億4000万円の『一時金』が頼みの綱となるでしょう。 結婚後は、学芸員の資格を持つ眞子さまがアメリカの博物館などに勤務する“共働き”のスタイルも考えられます」 小室氏の新居とその費用などについて弁護士事務所に尋ねたが、締め切りまでに回答は得られなかった。 ニューヨークなら、日本の国民からの厳しい視線は避けられるだろう。しかし金銭面では、より険しい道を進むことになりそうだ。※週刊ポスト2021年6月18・25日号
しかし、それではいくら稼ぐようになっても眞子さまとの結婚生活に向けて十分な資金を蓄えるのは至難の業です。眞子さまが皇籍を離脱し、結婚する際に支払われる約1億4000万円の『一時金』が頼みの綱となるでしょう。 結婚後は、学芸員の資格を持つ眞子さまがアメリカの博物館などに勤務する“共働き”のスタイルも考えられます」 小室氏の新居とその費用などについて弁護士事務所に尋ねたが、締め切りまでに回答は得られなかった。 ニューヨークなら、日本の国民からの厳しい視線は避けられるだろう。しかし金銭面では、より険しい道を進むことになりそうだ。※週刊ポスト2021年6月18・25日号
結婚後は、学芸員の資格を持つ眞子さまがアメリカの博物館などに勤務する“共働き”のスタイルも考えられます」 小室氏の新居とその費用などについて弁護士事務所に尋ねたが、締め切りまでに回答は得られなかった。 ニューヨークなら、日本の国民からの厳しい視線は避けられるだろう。しかし金銭面では、より険しい道を進むことになりそうだ。※週刊ポスト2021年6月18・25日号
小室氏の新居とその費用などについて弁護士事務所に尋ねたが、締め切りまでに回答は得られなかった。 ニューヨークなら、日本の国民からの厳しい視線は避けられるだろう。しかし金銭面では、より険しい道を進むことになりそうだ。※週刊ポスト2021年6月18・25日号
ニューヨークなら、日本の国民からの厳しい視線は避けられるだろう。しかし金銭面では、より険しい道を進むことになりそうだ。※週刊ポスト2021年6月18・25日号
※週刊ポスト2021年6月18・25日号