「何がなんでもやるのは間違いのもと」五輪開催で北村前地方創生相

北村誠吾・前地方創生担当相は6日、次期衆院選への立候補を念頭に地元の長崎県佐世保市で記者会見した。
この中で自ら、選挙の最大の争点はコロナ禍の中での東京五輪開催の可否だとし、「ワクチンの接種に全力を挙げるのが第一。やってみて一定の時が来たら専門家の判断が出る。何がなんでもやるというのは大きな間違いのもと」と述べた。
北村氏は「国民の命がかかっている。参加選手やその関係者にも、安全が完全に保障されて初めて開催となる。冷静に判断されるべきで、いつかどこかであった戦争みたいなことをやっちゃいけない」と述べ、開催の可否の判断には科学的な基準が必要だとの考えを示した。
さらに「誰が最終的にいろんな事柄に責任を負うのかというと、誰も『負う』と言っていない」と指摘。「開催の努力は最後までやらないといけないが、誘致した側には(見極めて説明する)義務がある。『やりたいと言いましたが、今の状況ではやれません』と正直に言わないといけない。『今の状況でもやれます』と言えるかどうか。そこを答えられるかどうかだ」などと語った。
一方で、現時点での五輪開催の可否に対する自らの立場については言及を避けた。(原口晋也)