酔って寝ていた男性を殴り現金奪う 男逮捕

酒に酔い寝ていた男性から現金を奪った上、殴ってケガをさせたとして、無職の男が逮捕されました。
警視庁・万世橋署、8日。正面を向いて歩く男。強盗致傷の疑いで逮捕された折館卓也容疑者(25)です。
警視庁によりますと、事件は6日未明。JR秋葉原駅前の階段で起きました。
酒を飲んでいて終電を逃し、始発を待つために寝ていた被害者の30代男性。そこに折館容疑者が近づき、男性のバッグの肩掛けのひもを引っ張り、2人はもみ合いに…
折館容疑者は男性の顔を殴るなどしてケガをさせた上、バッグの中から現金およそ3万円が入った財布を奪った疑いがもたれています。
事件のあと、現場から逃走した折館容疑者。駅の近くでタクシーに飛び乗ったといいます。
しかし、事件発生の連絡を受け、パトカーで警戒していた警察官がその様子を不審に思い、タクシーを呼び止め、すぐに身柄を確保しました。