静岡県で今年全国最高の34.3℃ 東京は明日も真夏日予想

2021/06/08 15:20 ウェザーニュース
今日8日(火)は西日本から関東にかけて気温が上がって暑くなりました。東京で今年初めて30℃以上の真夏日になるなど、昨日を上回る全国200地点以上が真夏日です。
西日本から東日本の上空1500m付近には15℃以上の暖かな空気が入っています。今日は朝から晴れて強い日差しの照りつけた所が多く、昨日に引き続き各地で気温が上がりました。15時までで最も気温が上がったのは静岡県浜松市・天竜の34.3℃で、今年の全国最高気温となっています。そのほか、福岡県久留米市や大分県日田市でも34.0℃を観測しています。東京都心は11時過ぎに30℃に到達して今年初めての真夏日を観測。去年よりは1日遅い初真夏日です。名古屋や大阪でも30℃に達するなど、全国229地点で真夏日となり、昨日の146地点を上回る今年最多となりました。
明日9日(水)も気圧配置に大きな変化はなく、本州付近は高気圧に覆われて晴れる所が多くなります。上空には暖かな空気が残り、午前中の早い時間から気温は上がる見込みです。最高気温は東京で連日の真夏日となる30℃、名古屋や大阪も真夏日の予想となっています。佐賀で34℃など内陸部ではさらに気温が高く、真夏を思わせる厳しい暑さの所もあります。屋外で活動する場合は水分補給やこまめな休憩が欠かせません。室内の気温も上昇しやすくなるため、換気やエアコンの活用で適切に温度調整を行い、熱中症にならないように注意をしてください。