「子どもの接種やめろ」の電話など 抗議殺到に町長「根拠ない話」 12歳以上の接種始めた京都・伊根町

12歳以上の町民に対して、新型コロナウイルスのワクチン接種を始めた京都・伊根町に、電話やメールなどで抗議が殺到したことがわかった。
厚生労働省が、ファイザーのワクチン接種の対象に、12歳から15歳も含むとしたことから、京都・伊根町では、6日、12歳以上の町民への接種を始めた。
ところが、6日午後から、町のコールセンターに、「子どもへの接種はやめるべき」といった抗議が電話やメールで100件以上相次ぎ、現在業務を停止させている。
抗議は、町外から寄せられたものが多いそうで、中には「殺すぞ」といった脅迫めいたものもあったという。
京都・伊根町 吉本秀樹町長「ほとんどわれわれにとっては、根拠のない話のように思えて仕方ない。国を信じるのか、その抗議を信じるのか言われたら、われわれは国を信じて行政を行ってまいります」
伊根町は抗議について、すでに警察に相談しているという。