「14歳と同意性交で捕まる」発言 立憲・本多平直氏が謝罪

立憲民主党の本多平直衆院議員は7日夜、同党の性犯罪刑法改正ワーキングチームの会合で出席議員が「50歳と14歳が同意性交して、捕まるのはおかしい」という趣旨の発言をしていたと報じられたことに関し、会合での発言が不適切だったとして、「おわびして撤回する。誠に申し訳ありませんでした」と謝罪するコメントを発表した。
(スクープ)音声入手 融資説明会に入党申込書 自民議員が出席
複数の同党関係者によると、本多氏が5月10日にこの発言をした。同党の福山哲郎幹事長は7日、会合での発言を受け、「本多議員の発言の事実関係を調査・確認した上で、本日、厳重に口頭注意した」と明かした。
本多氏は発言の理由について、「刑事処罰の議論では特異な例外事例の存在など、緻密な検討が必要と考えた。しかしながら、私の発言は例外事例としても不適切だった」と説明した。
ワーキングチームでは、成人が性行為をした場合に罪に問われる対象年齢を現在の13歳未満から16歳未満に引き上げる案について議論していた。【宮原健太】