男性死亡「急所を何度も刺した」女を逮捕

東京・下谷警察署、6日午後6時前。カメラに気づくと顔を背け、そのまま車に乗り込む女。殺人未遂の疑いで逮捕された水谷陽子容疑者(45)です。
水谷容疑者は、東京・台東区の自宅マンションで会社員の相沢勇樹さん(37)をナイフで刺し、殺害しようとした疑いがもたれています。
2人にいったい何があったのでしょうか。
事件が判明したのは6日未明のこと。きっかけは相沢さんとみられる男性からの110番通報でした。
相沢さんとみられる男性
「昔の職場の知り合いに殴られ刺された。血が止まらない」
警視庁によりますと、6日午前3時ごろ、警察が現場のマンションへ駆けつけると、出入り口には顎に血がついた水谷容疑者の姿が。話を聞くと…
水谷容疑者(45)
「急所を何度も刺した。もう死んでいるかもしれない」「早く見に行って。(私は)仕事がある」
別の捜査員が現場となった部屋へ向かうと、そこにはベッドの上に血だらけで倒れている相沢さんが…
その後、搬送先の病院で死亡が確認されました。
水谷容疑者(45)
「とどめを刺すつもりで心臓を刺した」
相沢さんは胸や首など、複数箇所をナイフで刺されていたということです。