警察官振り切り“手錠男”が逃走中…何が? 茨城

手錠をしたままの男が逃走を続けています。一体、何があったのでしょうか。
9日、茨城県つくばみらい市で現行犯逮捕された男が手錠を付けたまま逃げ出しました。
逃走しているのは中国籍で職業不詳のタン・フィーシャン容疑者(41)。片言の日本語をしゃべり、身長は170センチくらい、痩せ形の短髪で、黒いTシャツとズボンをはいていたということです。
それにしてもなぜ、こうした事態が起きたのでしょうか…。
事の発端は9日午後11時50分ごろ。警察が夜中にトラクターを運転しているタン容疑者を発見。
不審に思って職務質問したところ、無免許だったのです。
そこで警察は、道路交通法違反の疑いで現行犯逮捕。右手に手錠を掛けると、タン容疑者が行動に出ます。警察官を振り払って逃走したのです。
しかし、なぜタン容疑者は夜中にトラクターを運転していたのでしょうか。
近所の住民によりますと、農業用のトラクターなどの盗難が多いといいます。
タン容疑者が乗っていたトラクターは盗まれたものかどうかは分かっていませんが、鍵穴が壊されるなど盗難の形跡はなく、盗難届も出ていないということです。
この事態に警察は…。
警察:「県民の皆様に不安を与えて申し訳ありません。逮捕に全力を尽くします」
右手に手錠を掛けたまま、現在も逃走中のタン容疑者。