群馬・石川・熊本「まん延防止」解除を政府決定 期限の13日で

政府は10日、新型コロナウイルス感染症対策本部を持ち回りで開き、群馬、石川、熊本3県に適用している「まん延防止等重点措置」を期限の13日で解除することを決めた。加藤勝信官房長官は記者会見で「3県はまん延防止措置を終了しても、感染が県全体に拡大する恐れがなくなったと認識した」と説明した。
竹中平蔵氏「尾身氏は越権」発言 首かしげる科学者
3県には5月16日からまん延防止措置が適用されたが、8日時点の人口10万人あたりの新規感染者数(直近1週間)は、群馬5人、石川7人、熊本5人だった。まん延防止措置の目安とされる「ステージ3(感染急増)」相当の「15人以上」を大きく下回っている。
まん延防止措置はこのほか、埼玉、千葉、神奈川、岐阜、三重の5県に対して、20日までの期限で適用されている。【川口峻】