モデル事務所代表が開催していた「少女撮影会」のヤバすぎる中身

〈美少女専門誌『××××』のグラビアでデビューした今どきの美少女です。冷凍保存DOLL『××××』ちゃんは、ノリも良くいろんなオプション妖精も聞いてくれるmoeキュン奴隷なアイドルです!(笑)〉
ファンが食いつきそうな謳い文句の数々……。「16歳個人撮影会」「ジュニア・アイドル専門の撮影会」などと銘打って少女のわいせつな姿を客に撮影させていた男が、6月2日、東京都JKビジネス規制条例違反(無届営業、禁止行為)および児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の容疑で逮捕された。
「逮捕されたのは、新宿区のモデル事務所代表・三枝幸男容疑者(60)と撮影会に参加した客2人です。認可届けを出さずにブログで撮影会参加者を募り、2月に新宿区内のスタジオで水着などに着替えた16歳の少女に胸などを強調させたり、足を開くポーズを客の男2人に撮らせるなどして児童ポルノを製造した疑いが持たれています」(全国紙社会部記者)
三枝容疑者のブログによれば、撮影会は1日50分×7部の構成で1部あたりの参加費用は1万6000円(税抜き・以下同)。動画は+5000円、サイン入り2ショットチェキが1000円となっている。服装は「私服&水着」の他、「特別オプション????」というものもあった。三枝容疑者は昨年2月から、約200人を対象に400万円ほどを売り上げたと見られている。
「三枝容疑者は元編集者・真島誠一を名乗り、8年ほど前から地下アイドルのプロデュースを手掛けていたようです。代表を務める芸能事務所『遊図エモーショナル』には何人か所属タレントもおり、ジュニア・アイドル専門誌のグラビアやDVDなどに出演していました。マニア向けの、テイストの強いものだった。撮影会で三枝容疑者は、少女たちにかなり際どいポーズを要求していたようです」(同前)摘発された明確な理由三枝容疑者は調べに対し、こう供述し容疑の一部を否認しているという。「地下アイドルでは儲からず、1~2年前から撮影会を始めた。ヌードでなければ大丈夫だと思っていた。届け出が必要だとは知らなかった」18歳未満のアイドルやモデルの撮影会は、数多行われている。だが、それらのすべてが違法というわけではない。今回の三枝容疑者のケースは、なぜ摘発にいたったのだろうか。アディーレ法律事務所の長井健一弁護士によると、児童ポルノ禁止法の「児童ポルノ」の定義とは、「児童による性交および性交類似行為」「性器等を触る行為」や「性的な部位が露出され又は強調されているものであり、かつ、性欲を興奮させ又は刺激するもの」だという。では18歳未満のアイドルの撮影会が、児童ポルノ禁止法に引っかかるのはどういう場合なのだろうか。「撮影したものが上記のに該当するかで決まります。しかし上記のの場合は合法な撮影と児童ポルノの線引きには明確な基準がありません。今回の逮捕の容疑からすると、捜査機関は撮影された映像がに該当すると判断したのでしょう」「胸を強調」させたり「脚を開くポーズを撮らせる」などしたという三枝容疑者。撮影会は当局が「児童ポルノ」だと思わせるのに十分なものだったのだろう。届けさえ出せばどうにかなるという甘い認識は、通用しないのだ。
三枝容疑者は調べに対し、こう供述し容疑の一部を否認しているという。「地下アイドルでは儲からず、1~2年前から撮影会を始めた。ヌードでなければ大丈夫だと思っていた。届け出が必要だとは知らなかった」18歳未満のアイドルやモデルの撮影会は、数多行われている。だが、それらのすべてが違法というわけではない。今回の三枝容疑者のケースは、なぜ摘発にいたったのだろうか。アディーレ法律事務所の長井健一弁護士によると、児童ポルノ禁止法の「児童ポルノ」の定義とは、「児童による性交および性交類似行為」「性器等を触る行為」や「性的な部位が露出され又は強調されているものであり、かつ、性欲を興奮させ又は刺激するもの」だという。では18歳未満のアイドルの撮影会が、児童ポルノ禁止法に引っかかるのはどういう場合なのだろうか。「撮影したものが上記のに該当するかで決まります。しかし上記のの場合は合法な撮影と児童ポルノの線引きには明確な基準がありません。今回の逮捕の容疑からすると、捜査機関は撮影された映像がに該当すると判断したのでしょう」「胸を強調」させたり「脚を開くポーズを撮らせる」などしたという三枝容疑者。撮影会は当局が「児童ポルノ」だと思わせるのに十分なものだったのだろう。届けさえ出せばどうにかなるという甘い認識は、通用しないのだ。
「地下アイドルでは儲からず、1~2年前から撮影会を始めた。ヌードでなければ大丈夫だと思っていた。届け出が必要だとは知らなかった」18歳未満のアイドルやモデルの撮影会は、数多行われている。だが、それらのすべてが違法というわけではない。今回の三枝容疑者のケースは、なぜ摘発にいたったのだろうか。アディーレ法律事務所の長井健一弁護士によると、児童ポルノ禁止法の「児童ポルノ」の定義とは、「児童による性交および性交類似行為」「性器等を触る行為」や「性的な部位が露出され又は強調されているものであり、かつ、性欲を興奮させ又は刺激するもの」だという。では18歳未満のアイドルの撮影会が、児童ポルノ禁止法に引っかかるのはどういう場合なのだろうか。「撮影したものが上記のに該当するかで決まります。しかし上記のの場合は合法な撮影と児童ポルノの線引きには明確な基準がありません。今回の逮捕の容疑からすると、捜査機関は撮影された映像がに該当すると判断したのでしょう」「胸を強調」させたり「脚を開くポーズを撮らせる」などしたという三枝容疑者。撮影会は当局が「児童ポルノ」だと思わせるのに十分なものだったのだろう。届けさえ出せばどうにかなるという甘い認識は、通用しないのだ。
18歳未満のアイドルやモデルの撮影会は、数多行われている。だが、それらのすべてが違法というわけではない。今回の三枝容疑者のケースは、なぜ摘発にいたったのだろうか。アディーレ法律事務所の長井健一弁護士によると、児童ポルノ禁止法の「児童ポルノ」の定義とは、「児童による性交および性交類似行為」「性器等を触る行為」や「性的な部位が露出され又は強調されているものであり、かつ、性欲を興奮させ又は刺激するもの」だという。では18歳未満のアイドルの撮影会が、児童ポルノ禁止法に引っかかるのはどういう場合なのだろうか。「撮影したものが上記のに該当するかで決まります。しかし上記のの場合は合法な撮影と児童ポルノの線引きには明確な基準がありません。今回の逮捕の容疑からすると、捜査機関は撮影された映像がに該当すると判断したのでしょう」「胸を強調」させたり「脚を開くポーズを撮らせる」などしたという三枝容疑者。撮影会は当局が「児童ポルノ」だと思わせるのに十分なものだったのだろう。届けさえ出せばどうにかなるという甘い認識は、通用しないのだ。
アディーレ法律事務所の長井健一弁護士によると、児童ポルノ禁止法の「児童ポルノ」の定義とは、「児童による性交および性交類似行為」「性器等を触る行為」や「性的な部位が露出され又は強調されているものであり、かつ、性欲を興奮させ又は刺激するもの」だという。では18歳未満のアイドルの撮影会が、児童ポルノ禁止法に引っかかるのはどういう場合なのだろうか。「撮影したものが上記のに該当するかで決まります。しかし上記のの場合は合法な撮影と児童ポルノの線引きには明確な基準がありません。今回の逮捕の容疑からすると、捜査機関は撮影された映像がに該当すると判断したのでしょう」「胸を強調」させたり「脚を開くポーズを撮らせる」などしたという三枝容疑者。撮影会は当局が「児童ポルノ」だと思わせるのに十分なものだったのだろう。届けさえ出せばどうにかなるという甘い認識は、通用しないのだ。
では18歳未満のアイドルの撮影会が、児童ポルノ禁止法に引っかかるのはどういう場合なのだろうか。「撮影したものが上記のに該当するかで決まります。しかし上記のの場合は合法な撮影と児童ポルノの線引きには明確な基準がありません。今回の逮捕の容疑からすると、捜査機関は撮影された映像がに該当すると判断したのでしょう」「胸を強調」させたり「脚を開くポーズを撮らせる」などしたという三枝容疑者。撮影会は当局が「児童ポルノ」だと思わせるのに十分なものだったのだろう。届けさえ出せばどうにかなるという甘い認識は、通用しないのだ。
「撮影したものが上記のに該当するかで決まります。しかし上記のの場合は合法な撮影と児童ポルノの線引きには明確な基準がありません。今回の逮捕の容疑からすると、捜査機関は撮影された映像がに該当すると判断したのでしょう」「胸を強調」させたり「脚を開くポーズを撮らせる」などしたという三枝容疑者。撮影会は当局が「児童ポルノ」だと思わせるのに十分なものだったのだろう。届けさえ出せばどうにかなるという甘い認識は、通用しないのだ。
「胸を強調」させたり「脚を開くポーズを撮らせる」などしたという三枝容疑者。撮影会は当局が「児童ポルノ」だと思わせるのに十分なものだったのだろう。届けさえ出せばどうにかなるという甘い認識は、通用しないのだ。