後続車が“追突”…まさかのUターン「速攻で逃げ」

先月、神奈川県川崎市で撮影されたドライブレコーダーの映像です。
信号待ちをしている車に突然、後続車が追突してきました。
被害男性は「ドーンという感じでぶつけられた。居眠りをしていたのかなというような感じ。それでブレーキを離して『ドーン』という感じなのかな」と話します。
しかし、次の瞬間、車をバックさせたかと思うと、なんと、その場でハンドルを右に切り、Uターン。スピードを上げながら、現場から逃走したのです。
被害者は事故の衝撃で首などを痛めたほか、追突された車はバンパーをすべて取り換えることとなり、修理費用は30万円に及ぶといいます。
被害男性は「謝罪なり、なんなりあるかと思っていたが、速攻で逃げちゃったでしょう。事後処理もできないで、逃げちゃうんですもん。まともなやつではないとは思う。(ドライバーの)風上にも置けないよね」と話します。
被害者は、「ナンバーも顔も記録されているので、できれば自ら出頭してほしい」と話しています。