首相、1日100万回接種を党首討論でアピール 実際は60万回か

菅義偉首相は9日の党首討論で、新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、自身が掲げた「1日100万回接種」の目標について、「8日は100万回を超えてきた」と語った。首相はその後、首相官邸で記者団に「毎日、過去の(報告)が上がってくるから、どこで100万回というのは分からないが、このところは大体その数字になっている。正式に超えたので、そう申し上げた」と述べ、「私自身が予想したよりはるかに速いペースだ」と胸を張った。
【2年ぶりの党首討論を写真特集で】
これに先立ち、加藤勝信官房長官は9日の記者会見で、「接種記録を後日まとめて入力する自治体もあり、公表日以前の接種回数も含まれている」と説明。政府が8日に発表した累計は前日比で109万3504回増えていたが、実際の接種ペースは1日60万回程度とみられる。【李舜】