当て逃げ捜査で職務質問され、警官投げ飛ばす 男を逮捕「何もしていない」

神奈川県警厚木署は13日、傷害と公務執行妨害の疑いで、自称厚木市鳶尾3丁目、塗装工の男(22)を現行犯逮捕した。
逮捕容疑は、同日午前7時5分ごろ、同市中町2丁目の路上で、同署交通課の男性巡査部長(55)を後ろから抱きかかえて投げ飛ばし、左腕を骨折させる重傷を負わせた、などとしている。「何もしていない」と否認しているという。
署によると、道路標識が折れた当て逃げ事故を捜査していたところ、現場付近で前方部が破損した車を発見。巡査部長が車の近くにいた男に職務質問していたという。