東大教授をセクハラ・パワハラで停職処分…研究室の女性に性的な言動1年間続ける

東京大は14日、派遣職員の女性にセクハラやパワハラを行ったとして、大学付属研究所の50歳代の男性教授を停職4か月の懲戒処分にしたと発表した。
処分は9日付。東大によると、教授は1年余りにわたり、自身の研究室に勤務していた派遣職員の女性に性的な言動を繰り返し行ったほか、優越的な地位を背景に「派遣契約の更新を迷っている」と言うなどした。教授は一部のハラスメント行為については「該当しない」と否定しているという。