「奇跡のニワトリ」が死ぬ、大阪 天王寺動物園、展示用で飼育

「奇跡のニワトリ」と話題になったニワトリ「まさひろ」(天王寺動物園提供)
天王寺動物園(大阪市天王寺区)は19日、5歳の雄のニワトリ「まさひろ」が死んだと発表した。タヌキなどの生き餌として2015年に入荷されたが、マガモのひなに餌の食べ方を教える親代わりになるなど、3度食べられそうになる危機を逃れ「奇跡のニワトリ」と話題に。展示用として飼育されていた。
園によると、約1年前から体調不良だった。19日は普段の餌を食べず、飼育員が園内の動物病院に連れて行ったが容体が急変した。今西隆和副園長は「ニワトリとしては寿命を全うした年齢だ。お客さんを元気づけてくれ、園の誇りだ」と話した。