藤井聡太二冠が王位戦で注文して話題沸騰のおやつ「ぴよりんアイス」一般販売初日は15分で完売!

将棋の藤井聡太二冠(18)=王位、棋聖=が第62期王位戦七番勝負第1局(6月29~30日、名古屋市)のおやつに注文した「ぴよりんアイス」の一般販売が1日午前11時、名古屋市の名古屋マリオットアソシアホテルで始まり、わずか15分で当日分が完売する超人気となった。
上品な甘さと口溶け、そして何よりもかわいすぎるルックスで知られるご当地スイーツ「ぴよりん」。プリン、ババロア、スポンジケーキを重ねたスイーツだが、誕生10周年を記念して同ホテルとのコラボで作られたのが待望のアイスバージョンだった。バニラアイスとマンゴーソルベが高貴なハーモニーを奏でる逸品は、それぞれ溶けやすい素材を美しく仕上げなくてはならないため、製作工程に3日間を要する。
藤井二冠が29日に第1局1日目午後のおやつとして注文するや、ユルさとキュートさが適度に共存した外見に注目が集まり、SNSなどでは話題騒然に。「ぴよりん」公式サイトが一時ダウンするなど、たちまち全国区の人気者になった。
8月31日まで提供されるのは「ぴよりんアイス」単体ではなく、9種類のスイーツが脇を固める特製プレート「デザインコレクション~ぴよりん~」(2000円)。販売初日の7月1日は、くしくも「ぴよりん」にとって記念すべき10回目の誕生日だったが、30日の時点で予約分は売り切れ。初日は当日分のみだったが、瞬く間に在庫がなくなった。
広報担当の横田友美さんは「想像を上回る大きな反響に驚きつつ、大変うれしくありがたいです!」とうれしい悲鳴。「藤井さんが召し上がったことで多くの方に知っていただきました。ぴよりんアイスとともに、藤井さんの今後を陰ながら応援しております」と語っていた。