久びさ辻元清美節!五輪開催強行の菅首相&小池都知事を批判 枝野代表にも苦言「しっかりせぇ」

立憲民主党副代表の辻元清美氏(60)は30日、都議選武蔵野市選挙区(定数1)から立候補した五十嵐えり氏(37)の応援で辻元節を披露した。
菅義偉首相(72)と小池百合子知事(68)は新型コロナ感染者が下げ止まらない状況の中、二人三脚で東京五輪・パラリンピック開催に意欲を示している。
辻元氏は、菅首相と小池氏の政治姿勢について「参議院は蓮舫さん、衆議院は辻元がいなければ、誰が(五輪開催は)おかしいというんですか」と話しこう訴えた。
「私はひどい目にあってもあきらめない女と言われています。都議選はみなさんの命を守る選挙です。だから都議会では、言うべきことを言える人を選んでほしいんです」
辻元氏の怒りの矛先は、先の国会で2年ぶりに実現した党首討論での枝野幸男代表(57)に対しても向けられた。
「私、枝野さんにも『しっかりせぇ!』と言っているんです。菅総理に50年以上前のオリンピック思い出話をさせられて。やっぱり、あの時、私だったら『思い出話を聞く場所じゃない!』とバシッと言いました」
都議選は後半戦に突入。情勢調査では立民は厳しい選挙戦を強いられているが…。