強制わいせつ容疑で早稲田大助教を逮捕 教え子の体触った疑い

教え子の女子大学生の体を触ったとして、警視庁目白署は1日、東京都台東区池之端4、早稲田大社会科学部助教、丸山隼人容疑者(39)を強制わいせつ容疑で逮捕したと発表した。
小6で母が再婚 悪夢が始まった
逮捕容疑は5月7日午後5時半~9時ごろ、豊島区内の居酒屋や路上で、10代の女子大学生の胸を触ったり抱きついたりしたとしている。「一緒にはいたがそのような行為はしていない」と容疑を否認しているという。
目白署によると、丸山容疑者は都内の別の私立大でも非常勤講師を務めており、女子大学生は同大の教え子だった。大学生が丸山容疑者に起業の相談をするため、2人で飲食をしていたという。
早大広報課は「事実関係を確認中。事実であれば、大変遺憾なことなので、大学として厳粛に対応したい」としている。【木原真希】