最高速60キロで縁石もない「危険な通学路」…10年前から歩道要望、買収理由に市は消極的

千葉県 八街 ( やちまた )市で下校中だった市立 朝陽 ( ちょうよう )小の児童5人が死傷した事故で、現場の市道一帯は危険と指摘されながら、安全対策は手つかずだった。
ガードレールや歩道の設置を求める要望はあったが、市は用地買収の難しさを理由に消極的だった。市は臨時休校していた同小を1日から再開、現場を登下校で歩く児童らのため送迎バスを当面運行すると発表したものの、抜本的な対応には至っていない。
現場は1987年に市道に指定された。見通しの良い直線で、最高速度は60キロ。通学路として使われる一方、ドライバーの抜け道にもなっていた。ただ、道幅は約7メートルしかなく、大型車がすれ違うのは難しい。ガードレールや路側帯、縁石もないため、住民は歩行者にとって危険だと指摘していた。
市によると、同小PTAは2008~11年度、歩道とガードレールの設置を要望していた。しかし、設置には隣接地を買収する必要があることから、市は要望に「設置は難しい」と回答。住宅街を通るルートに通学路を変えることも検討したが、見送った。市の担当者は「私有地が含まれることや、不審者が出る恐れがあった」と説明する。
市のこうした対応には「取り合ってもらえなかった」(元PTA会長)などと、住民の間に不満が残った。現場から約2・7キロ離れた国道では16年11月、トラックが登校中の同小の児童4人をはね、重軽傷を負わせる事故が起きている。 北村新司市長は30日、臨時に開いた記者会見で、「措置が遅れてしまった」と釈明。速度抑制のため路面に凸部をつける対策の検討を明らかにした。 今回の事故を受け、政府は30日、首相官邸で交通安全対策に関する関係閣僚会議を開き、通学路を総点検し、緊急対策を強化する方針を確認した。菅首相は「通学路の総点検を改めて行い、緊急対策を拡充・強化し、すみやかに実行に移す」と述べた。19年6月にまとめた交通安全緊急対策の検証を行う。 文部科学省は12年、全国の自治体に通学路の安全点検と対策の徹底を要請している。当時の点検で、対策が必要となったのは7万4483か所。19年度末時点で、98%に当たる7万3071か所で通学路の変更や横断歩道の新設などの対策が講じられている。 集団登校中の児童2人が死亡した事故が12年にあった京都府亀岡市は今年2月、国道の抜け道となる通学路付近で登校時間帯に車の右左折を禁止した。その結果、車の流入が約3割減る効果があったという。新潟市も、通学路の市道で、登校時間帯になると自動的に昇降する車止めのポールを17年4月に設置した。 交通問題に詳しい山梨大学の伊藤 安海 ( やすみ )教授(安全医工学)は「道幅や交通量などの状況は道路ごとに異なり、国が一律の対策を講じるのは難しい。各自治体が住民の声を聞いて長期計画を立て、危険箇所を定期的に洗い出して対応すべきだ」と話している。 千葉県警は30日、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕したトラック運転手梅沢 洋 ( ひろし )容疑者(60)を、法定刑のより重い危険運転致死傷容疑で千葉地検に送検した。
北村新司市長は30日、臨時に開いた記者会見で、「措置が遅れてしまった」と釈明。速度抑制のため路面に凸部をつける対策の検討を明らかにした。 今回の事故を受け、政府は30日、首相官邸で交通安全対策に関する関係閣僚会議を開き、通学路を総点検し、緊急対策を強化する方針を確認した。菅首相は「通学路の総点検を改めて行い、緊急対策を拡充・強化し、すみやかに実行に移す」と述べた。19年6月にまとめた交通安全緊急対策の検証を行う。 文部科学省は12年、全国の自治体に通学路の安全点検と対策の徹底を要請している。当時の点検で、対策が必要となったのは7万4483か所。19年度末時点で、98%に当たる7万3071か所で通学路の変更や横断歩道の新設などの対策が講じられている。 集団登校中の児童2人が死亡した事故が12年にあった京都府亀岡市は今年2月、国道の抜け道となる通学路付近で登校時間帯に車の右左折を禁止した。その結果、車の流入が約3割減る効果があったという。新潟市も、通学路の市道で、登校時間帯になると自動的に昇降する車止めのポールを17年4月に設置した。 交通問題に詳しい山梨大学の伊藤 安海 ( やすみ )教授(安全医工学)は「道幅や交通量などの状況は道路ごとに異なり、国が一律の対策を講じるのは難しい。各自治体が住民の声を聞いて長期計画を立て、危険箇所を定期的に洗い出して対応すべきだ」と話している。 千葉県警は30日、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕したトラック運転手梅沢 洋 ( ひろし )容疑者(60)を、法定刑のより重い危険運転致死傷容疑で千葉地検に送検した。
今回の事故を受け、政府は30日、首相官邸で交通安全対策に関する関係閣僚会議を開き、通学路を総点検し、緊急対策を強化する方針を確認した。菅首相は「通学路の総点検を改めて行い、緊急対策を拡充・強化し、すみやかに実行に移す」と述べた。19年6月にまとめた交通安全緊急対策の検証を行う。 文部科学省は12年、全国の自治体に通学路の安全点検と対策の徹底を要請している。当時の点検で、対策が必要となったのは7万4483か所。19年度末時点で、98%に当たる7万3071か所で通学路の変更や横断歩道の新設などの対策が講じられている。 集団登校中の児童2人が死亡した事故が12年にあった京都府亀岡市は今年2月、国道の抜け道となる通学路付近で登校時間帯に車の右左折を禁止した。その結果、車の流入が約3割減る効果があったという。新潟市も、通学路の市道で、登校時間帯になると自動的に昇降する車止めのポールを17年4月に設置した。 交通問題に詳しい山梨大学の伊藤 安海 ( やすみ )教授(安全医工学)は「道幅や交通量などの状況は道路ごとに異なり、国が一律の対策を講じるのは難しい。各自治体が住民の声を聞いて長期計画を立て、危険箇所を定期的に洗い出して対応すべきだ」と話している。 千葉県警は30日、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕したトラック運転手梅沢 洋 ( ひろし )容疑者(60)を、法定刑のより重い危険運転致死傷容疑で千葉地検に送検した。
今回の事故を受け、政府は30日、首相官邸で交通安全対策に関する関係閣僚会議を開き、通学路を総点検し、緊急対策を強化する方針を確認した。菅首相は「通学路の総点検を改めて行い、緊急対策を拡充・強化し、すみやかに実行に移す」と述べた。19年6月にまとめた交通安全緊急対策の検証を行う。 文部科学省は12年、全国の自治体に通学路の安全点検と対策の徹底を要請している。当時の点検で、対策が必要となったのは7万4483か所。19年度末時点で、98%に当たる7万3071か所で通学路の変更や横断歩道の新設などの対策が講じられている。 集団登校中の児童2人が死亡した事故が12年にあった京都府亀岡市は今年2月、国道の抜け道となる通学路付近で登校時間帯に車の右左折を禁止した。その結果、車の流入が約3割減る効果があったという。新潟市も、通学路の市道で、登校時間帯になると自動的に昇降する車止めのポールを17年4月に設置した。 交通問題に詳しい山梨大学の伊藤 安海 ( やすみ )教授(安全医工学)は「道幅や交通量などの状況は道路ごとに異なり、国が一律の対策を講じるのは難しい。各自治体が住民の声を聞いて長期計画を立て、危険箇所を定期的に洗い出して対応すべきだ」と話している。 千葉県警は30日、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕したトラック運転手梅沢 洋 ( ひろし )容疑者(60)を、法定刑のより重い危険運転致死傷容疑で千葉地検に送検した。
文部科学省は12年、全国の自治体に通学路の安全点検と対策の徹底を要請している。当時の点検で、対策が必要となったのは7万4483か所。19年度末時点で、98%に当たる7万3071か所で通学路の変更や横断歩道の新設などの対策が講じられている。 集団登校中の児童2人が死亡した事故が12年にあった京都府亀岡市は今年2月、国道の抜け道となる通学路付近で登校時間帯に車の右左折を禁止した。その結果、車の流入が約3割減る効果があったという。新潟市も、通学路の市道で、登校時間帯になると自動的に昇降する車止めのポールを17年4月に設置した。 交通問題に詳しい山梨大学の伊藤 安海 ( やすみ )教授(安全医工学)は「道幅や交通量などの状況は道路ごとに異なり、国が一律の対策を講じるのは難しい。各自治体が住民の声を聞いて長期計画を立て、危険箇所を定期的に洗い出して対応すべきだ」と話している。 千葉県警は30日、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕したトラック運転手梅沢 洋 ( ひろし )容疑者(60)を、法定刑のより重い危険運転致死傷容疑で千葉地検に送検した。
集団登校中の児童2人が死亡した事故が12年にあった京都府亀岡市は今年2月、国道の抜け道となる通学路付近で登校時間帯に車の右左折を禁止した。その結果、車の流入が約3割減る効果があったという。新潟市も、通学路の市道で、登校時間帯になると自動的に昇降する車止めのポールを17年4月に設置した。 交通問題に詳しい山梨大学の伊藤 安海 ( やすみ )教授(安全医工学)は「道幅や交通量などの状況は道路ごとに異なり、国が一律の対策を講じるのは難しい。各自治体が住民の声を聞いて長期計画を立て、危険箇所を定期的に洗い出して対応すべきだ」と話している。 千葉県警は30日、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕したトラック運転手梅沢 洋 ( ひろし )容疑者(60)を、法定刑のより重い危険運転致死傷容疑で千葉地検に送検した。
交通問題に詳しい山梨大学の伊藤 安海 ( やすみ )教授(安全医工学)は「道幅や交通量などの状況は道路ごとに異なり、国が一律の対策を講じるのは難しい。各自治体が住民の声を聞いて長期計画を立て、危険箇所を定期的に洗い出して対応すべきだ」と話している。 千葉県警は30日、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕したトラック運転手梅沢 洋 ( ひろし )容疑者(60)を、法定刑のより重い危険運転致死傷容疑で千葉地検に送検した。
千葉県警は30日、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕したトラック運転手梅沢 洋 ( ひろし )容疑者(60)を、法定刑のより重い危険運転致死傷容疑で千葉地検に送検した。
千葉県警は30日、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕したトラック運転手梅沢 洋 ( ひろし )容疑者(60)を、法定刑のより重い危険運転致死傷容疑で千葉地検に送検した。