「感染拡大地域にワクチン優先を」 吉村知事が河野大臣に要請

大阪府の吉村知事は、河野規制改革担当相と会談し、大都市など感染が拡大している地域を「ワクチン接種重点地域」に指定し、速やかにワクチンを供給するよう要望した。
吉村知事は、河野大臣に対し、大阪を含め「全国的に供給量より接種能力の方が高くなってきている」と指摘し、「長期的に緊急事態宣言が出されているようなエリア、『ワクチン接種重点地域』というようなものを指定して、できるだけ早くワクチンを供給していくということが国家的に必要ではないかと」と要望した。
河野規制改革相は、「いろんなご意見をうかがいながら、しっかり配給していきたい」と述べた。
吉村知事は、大阪府など感染拡大のリスクの高い大都市を「ワクチン接種重点地域」に指定して、重点的にワクチンを供給すべきだとし、そのための基準づくりを求めた。