フェアレディZで事故起こした秋田県知事「あの種の車からは卒業」宣言

秋田県の佐竹知事は1日、由利本荘市の高速道路で起こした単独物損事故を踏まえ、私用のスポーツカーについて「あの種の車からは『卒業』する」と宣言した。
県議会予算特別委員会総括審査で答弁した。
知事によると、事故時に運転していたのはスポーツカーのフェアレディZ。鼻をかもうとして運転操作を誤り、中央分離帯のワイヤロープに接触した。車好きの知事は「(スポーツカーは)運転に神経を使い、運転しにくい」として私用車を乗り換える考えを示した。脱炭素を進める国や県の動きを念頭に、東海林洋県議(みらい)から「立場を考え、環境に優しい車に買い替えては」と提案を受けると、「環境性能車、安全車を買う方向で検討している」と応じた。