藤井聡太棋聖、最年少でタイトル防衛 史上初「10代九段」に 渡辺明名人に3連勝のストレート勝ち/棋聖戦五番勝負

将棋の藤井聡太棋聖(王位、18)が7月3日、ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第3局で渡辺明名人(棋王、王将、37)に100手で勝利、シリーズ3勝0敗のストレートで自身初のタイトル防衛を果たした。18歳11カ月での防衛は屋敷伸之九段(49)の19歳7日を更新する最年少記録。また、タイトル通算3期により渡辺名人が保持していた21歳7カ月の九段昇段記録も大幅に更新。史上初の「10代九段」が誕生した。

【動画】ヒューリック杯棋聖戦 五番勝負 第三局 藤井聡太棋聖 対 渡辺明名人
日々進化を続ける天才棋士が、大きな壁を一気に突き破り新たな記録を2つも樹立した。現在最多の三冠保持者で“現役最強”とも呼ばれる渡辺名人に対して、シリーズ2連勝で迎えていた本局。矢倉の出だしから序盤から激しい内容になったが、中盤からは両者ともに1時間を超える長考合戦に。ミスの許されない緊迫した状況で、形勢互角の状況が長く続いた。終盤に入り先に持ち時間を使い果たすと、一時はリードを奪われたかに見えたが、両者1分将棋に入った最終盤で持ち直し大熱戦に。限られた時間の中で正着を繰り返し、ついに渡辺名人を振り切った。
対局後、藤井棋聖はシリーズについて「自分としては防衛戦ということは意識せずに、前期と同じようにぶつかっていくことができたのかなと思います。どの将棋も少し苦しい場面もあったと思うので、そのあたりは課題だったのかなと思います」と振り返った。また最年少でのタイトル防衛には「自分としては防衛戦というのは意識していなかったのですが、防衛して一人前という言葉が将棋界にあるので、よかったです」とコメント。まだ史上初の10代九段には「段位は本当に全く意識はしていなかったですが、九段というのは最高位なので光栄なことかと思います」と語った。
奪取、防衛とタイトルに関する最年少記録を作った藤井棋聖だが、史上初の「10代九段」もまた偉大な記録だ。九段昇段の昇段規定は「竜王位2期獲得」「名人位1期獲得」「タイトル3期獲得」「八段昇段後公式戦250勝」の4つあるが、藤井棋聖はタイトル3期でクリア。九段は最高段位で、これからタイトルをいくつ取っても段位としては変わらない。2016年10月に最年少でプロ入りを果たして以来、わずか5年足らずで九段に。今後、タイトルを保持している限り「九段」を名乗ることはないが、それは藤井棋聖が活躍を続けている証しとなる。 今後の将棋界を占う意味でも、大きなインパクトを与えるストレート防衛だ。現在、タイトルホルダーは渡辺名人、豊島将之竜王(叡王、31)、藤井棋聖(王位)、永瀬拓矢王座(28)の4人だが、藤井棋聖は渡辺名人に通算8勝1敗と大きく勝ち越し、今回も3連勝で防衛。改めて最上位クラスであることを示した。1勝7敗と負け越している豊島竜王とは王位戦で防衛戦を戦い、さらに叡王戦では挑戦者として戦うことがきまっている。ここを切り抜ければ藤井棋聖の存在感はさらに大きくなり、勢力図にも変化が起きる。 今後もタイトル戦だけでなく、竜王戦の決勝トーナメントでもタイトル挑戦に近づく大きな対局が控えている。順位戦B級1組では、最難関の最年少記録と言われる最年少名人(21歳2カ月)の更新に向けて、1期抜けを目指す戦いも続く。初防衛に九段昇段を果たしてもホッとする暇もない藤井棋聖だが、その成長速度をもってすればさらなる活躍の道が開かれる。(ABEMA/将棋チャンネルより)
今後の将棋界を占う意味でも、大きなインパクトを与えるストレート防衛だ。現在、タイトルホルダーは渡辺名人、豊島将之竜王(叡王、31)、藤井棋聖(王位)、永瀬拓矢王座(28)の4人だが、藤井棋聖は渡辺名人に通算8勝1敗と大きく勝ち越し、今回も3連勝で防衛。改めて最上位クラスであることを示した。1勝7敗と負け越している豊島竜王とは王位戦で防衛戦を戦い、さらに叡王戦では挑戦者として戦うことがきまっている。ここを切り抜ければ藤井棋聖の存在感はさらに大きくなり、勢力図にも変化が起きる。 今後もタイトル戦だけでなく、竜王戦の決勝トーナメントでもタイトル挑戦に近づく大きな対局が控えている。順位戦B級1組では、最難関の最年少記録と言われる最年少名人(21歳2カ月)の更新に向けて、1期抜けを目指す戦いも続く。初防衛に九段昇段を果たしてもホッとする暇もない藤井棋聖だが、その成長速度をもってすればさらなる活躍の道が開かれる。(ABEMA/将棋チャンネルより)