専門家「複数要因が重なったか」熱海土石流

静岡・熱海市で起きた土石流について、専門家は「強い雨と急勾配な地形と崩れやすい地質の複数の要因が重なったためではないか」と話しています。
東京農工大学・石川芳治名誉教授「雨が強かったと思うんですよね。急勾配のところで起きているのと、ある程度、表面が崩れていると思うので、崩れやすい。それが雨で崩れて土石流になってしまった。雨が降ってなくても、すでに雨がやんでも、しばらくは(土石流が)起きる可能性がある」
「地形とか地質が似ていますよね、近くの谷というのは。どこの谷で起こっても不思議ではないというか、可能性高いと思います。土石流のハザードマップが公表されていますので、ハザードマップに書かれているところについては、そこから避難していただいた方がいいと思います。ハザードマップは各県で公表しているので、インターネットで調べるのがいいと思います」