小4長女を両手で抱きかかえて湖へ、窒息死させる…父親を殺人罪で起訴

今年2月、奈良県川上村の湖で小学4年の女児が殺害された事件で、地検は2日、父親で調理師の徳谷和彦容疑者(36)(宇陀市)を殺人罪で起訴した。
3月から鑑定留置し、刑事責任を問えると判断した。
起訴状などによると、徳谷容疑者は2月12日、重い障害のある長女の奈那子さん(10)を学校から連れ出し、川上村の湖に両手で抱きかかえて入水し、窒息死させて殺害したとしている。徳谷容疑者は当時、県警の調べに対し、「妻の負担となっている長女と一緒に死のうと思った」と供述していた。