小池百合子都知事が都民ファ候補の応援に!「知事もがんばって」の声に目潤ませる…都議選最終日に初応援

全42選挙区で127議席を争う東京都議選(4日投開票)が3日、選挙戦最終日を迎えた。この日、東京都の小池百合子知事は初めて、自身が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」候補者の応援に入った。
3日午前10時半、JR中野駅前―。同党代表の荒木千陽氏=中野区(定数3)=の演説に、同党シンボルカラーのグリーンのジャケットと手袋を身につけた小池氏が姿を現した。
聴衆からは「知事もがんばって」「小池さんお大事に」などの声が上がり、小池氏は目を潤ませながら、一人一人とグータッチをして回った。荒木氏も知事の登場に涙を浮かべ「知事が創設した都民ファーストの会が消滅することがあってはならない」と訴えた。小池氏はマイクを握っての演説などはせずに、荒木氏事務所の訪問した後、選挙カーに乗り込み次の候補者への応援へ向かった。
荒木氏は、公設第一秘書を6年間務めた同党でも最も小池氏に近い存在だ。前回2017年の都知事選では“小池チルドレン”筆頭格として44104票を獲得しトップ当選。一方で、今回の選挙戦では、陣営によると「3番手争い」と苦戦を強いられている。
この日の応援入りは、荒木氏によると「選挙情勢にとても危機感を抱いておられ、居ても立ってもいられずに知事自身が決断し応援に来て下さった」といい、「知事は体調が万全ではなく声がほとんど出ていなかったが、エールを直接頂けたことは大きい」と語った。
小池氏は、先月22日夜に「過度の疲労」のため入院し、30日に退院。今月2日、10日ぶりに都庁に登庁して行った定例会見で、同党候補者について「当然のことだが、頑張ってもらいたいと思っている」とエールを送ったものの、応援入りなど具体的な態度は明らかにしていなかった。 ◇中野区(定数3) 立憲民主党 西沢けいた 都民ファ 荒木ちはる 公明党 高倉良生 自民党 いでい良輔 無所属 沢口ゆうじ
◇中野区(定数3) 立憲民主党 西沢けいた 都民ファ 荒木ちはる 公明党 高倉良生 自民党 いでい良輔 無所属 沢口ゆうじ
立憲民主党 西沢けいた 都民ファ 荒木ちはる 公明党 高倉良生 自民党 いでい良輔 無所属 沢口ゆうじ
都民ファ 荒木ちはる 公明党 高倉良生 自民党 いでい良輔 無所属 沢口ゆうじ
公明党 高倉良生 自民党 いでい良輔 無所属 沢口ゆうじ
自民党 いでい良輔 無所属 沢口ゆうじ
無所属 沢口ゆうじ