【堀井 亜生】有村昆、中村芝翫…相次いだ“コロナ禍中の不倫”。リスクがあるのにやめられない「非常識な心理」

今年の上半期もさまざまな芸能ニュースが報じられました。コロナ禍における芸能界の離婚・男女問題にはどのような特徴があったのでしょうか。男女問題に詳しい堀井亜生弁護士が解説します。

主な不倫報道を振り返ると、まず2月に歌舞伎俳優の中村芝翫さんの不倫が報じられました。昔から芝翫さんを贔屓にしていた女性と、昨年11月に京都のホテルで3泊して、12月にも東京で会っていたという報道でした。(『「不倫リピート夫」中村芝翫と「神対応妻」三田寛子の「不思議すぎる関係」』)
2月には、フリーアナウンサーの小川彩佳さんの夫で、医師で経営者の豊田剛一郎さんの不倫が発覚しました。不倫相手の女性の家賃を一部援助したり、沖縄に旅行したりといった関係を続けていたとのことで、小川さんと豊田さんは先日離婚が成立したことがわかりました。(『アンジャッシュ渡部、小川彩佳アナ夫…「ハイスペ不倫男性」の意外な共通点』)
また、5月にはタレントの有村昆さんの不倫が報じられました。フリーアナウンサーの丸岡いずみさんと結婚している有村さんですが、女性を誘ってホテルに行ったことが報じられました。有村さんは不貞行為は否定しましたが、全てのレギュラー番組を降板しています。有村さんは昨年、原案を担当した舞台でコロナウイルスの集団感染が発生して、自身も感染していました。
さらに、千葉ロッテマリーンズの清田育宏選手(当時)が、球団との契約を解除されました。清田選手は昨年のシーズン中に新型コロナウイルスに感染して、チーム内にも複数名の感染者が出ました。その際、「部外者との会食禁止」という球団の規則を破って不倫相手の女性を遠征先に呼んでいたことを報告していなかったため、今年1月に球団から無期限謹慎処分を受けました。しかし謹慎が明け復帰後に初めて出場した5月12日の二軍の試合後に別の不倫相手の女性と会っていたことを報じられ、「度重なる不適切な行動及びチームに対する背信行為により、これ以上の選手契約を維持することはできない」として、5月23日に球団から契約を解除されました。[PHOTO]iStockこれらの不倫報道に共通しているのは、通常の不倫に対する非難に加えて、「コロナ禍なのになぜ」という疑問が加わることです。なぜこの時期に不倫相手と会い続けるのか、不倫が発覚したら普段よりさらに批判されると思えないのか……。客観的に見ると疑問が起きるものだと思います。コロナ禍なのに…清田選手の場合しかし、コロナ禍だから不倫は控えようと思うような人は初めから不倫はしません。発覚したら普段よりさらに非難されるのにという点についても、不倫をする人は発覚した時のことを全く考えない傾向があります。 たとえば清田選手は数年前にも女性との不倫スキャンダルを報じられ、プライベートに関してファンから厳しい目を向けられている状態でした。その状態で不倫や虚偽報告をしたら、球団からは前回よりさらに重い処分が下されることが予想されますし、ファンからもさらに非難されて応援してもらえなくなるかもしれません。しかし、清田選手は、そういったリスクを全て想定できずに、不倫を繰り返してしまい、契約解除という結果を迎えました。[PHOTO]iStock著名人が不倫をして仕事に大きなダメージを受けているのを見ると、「そこまでリスクがあるのになぜ不倫をするのか」と思いますが、不倫をしている張本人は発覚した時のリスクが頭に浮かばず、その場の楽しさを優先してしまうのだと思います。つまり、全てを失ってもいいと思って不倫をしているわけではなく、不倫で全てを失うとは夢にも思っていないのです。不倫という自分の行動が発覚後のリスクに結びつく可能性を想像できないということは、不倫のために出歩いていたらコロナウイルスに感染するかもしれないというリスクを想像できないということでもあります。つまりこれも、コロナになってもいいから不倫したいのではなく、コロナにかかるとは夢にも思っていないということだと思われます。不倫を繰り返す夫の共通点とはそもそも、家庭があるのに不倫をするのはどういう人でしょうか。不倫をすることにはリスクもありますし、精神的なハードルもあります。不倫が発覚すると、妻や子どもが傷ついて悲しみますし、仕事にも悪影響が出るかもしれません。普通の人であれば、そこまで考えると不倫をすることを躊躇します。 ただ、中には、これらのリスクやハードル、周りへの影響を考えることができなかったり、過小評価したりして、不倫に走ってしまう人がいます。上にも書いた通り、覚悟を決めて不倫をしているわけではなく、そもそも覚悟を決めるほど深く考えていないことがほとんどなのです。そして、何かをするにあたってリスクや精神的なハードルを考えることができないというのは、不倫以外のことにも当てはまります。そのため、不倫をする人の中でも、家庭に強い不満があってとか、好きな人に出会ってふらふらと不倫をしたような人ではなく、何度も不倫を繰り返す人は、道徳や社会のルールを守ろうとする意識、つまり規範意識が全般的に低い傾向にあります。私が見てきた案件の中でも、不倫を繰り返すタイプの男性は、さまざまなルールを破っていることが多いです。他人のクレジットカードで買い物をしたり、会社の経費をごまかして着服したり、定期代を嘘のルートで申告したり、交通違反をしたり、電車代をキセルしたり……。他にも、ゴルフのスコアを少なく言ったり、子どもの年齢を偽って遊園地などの入場料を子ども料金ではなく幼児料金で払ったりと、犯罪に近いことやさまざまなルール違反を躊躇なく繰り返すことが習慣になっている人がいます。[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
清田選手は昨年のシーズン中に新型コロナウイルスに感染して、チーム内にも複数名の感染者が出ました。その際、「部外者との会食禁止」という球団の規則を破って不倫相手の女性を遠征先に呼んでいたことを報告していなかったため、今年1月に球団から無期限謹慎処分を受けました。しかし謹慎が明け復帰後に初めて出場した5月12日の二軍の試合後に別の不倫相手の女性と会っていたことを報じられ、「度重なる不適切な行動及びチームに対する背信行為により、これ以上の選手契約を維持することはできない」として、5月23日に球団から契約を解除されました。[PHOTO]iStockこれらの不倫報道に共通しているのは、通常の不倫に対する非難に加えて、「コロナ禍なのになぜ」という疑問が加わることです。なぜこの時期に不倫相手と会い続けるのか、不倫が発覚したら普段よりさらに批判されると思えないのか……。客観的に見ると疑問が起きるものだと思います。コロナ禍なのに…清田選手の場合しかし、コロナ禍だから不倫は控えようと思うような人は初めから不倫はしません。発覚したら普段よりさらに非難されるのにという点についても、不倫をする人は発覚した時のことを全く考えない傾向があります。 たとえば清田選手は数年前にも女性との不倫スキャンダルを報じられ、プライベートに関してファンから厳しい目を向けられている状態でした。その状態で不倫や虚偽報告をしたら、球団からは前回よりさらに重い処分が下されることが予想されますし、ファンからもさらに非難されて応援してもらえなくなるかもしれません。しかし、清田選手は、そういったリスクを全て想定できずに、不倫を繰り返してしまい、契約解除という結果を迎えました。[PHOTO]iStock著名人が不倫をして仕事に大きなダメージを受けているのを見ると、「そこまでリスクがあるのになぜ不倫をするのか」と思いますが、不倫をしている張本人は発覚した時のリスクが頭に浮かばず、その場の楽しさを優先してしまうのだと思います。つまり、全てを失ってもいいと思って不倫をしているわけではなく、不倫で全てを失うとは夢にも思っていないのです。不倫という自分の行動が発覚後のリスクに結びつく可能性を想像できないということは、不倫のために出歩いていたらコロナウイルスに感染するかもしれないというリスクを想像できないということでもあります。つまりこれも、コロナになってもいいから不倫したいのではなく、コロナにかかるとは夢にも思っていないということだと思われます。不倫を繰り返す夫の共通点とはそもそも、家庭があるのに不倫をするのはどういう人でしょうか。不倫をすることにはリスクもありますし、精神的なハードルもあります。不倫が発覚すると、妻や子どもが傷ついて悲しみますし、仕事にも悪影響が出るかもしれません。普通の人であれば、そこまで考えると不倫をすることを躊躇します。 ただ、中には、これらのリスクやハードル、周りへの影響を考えることができなかったり、過小評価したりして、不倫に走ってしまう人がいます。上にも書いた通り、覚悟を決めて不倫をしているわけではなく、そもそも覚悟を決めるほど深く考えていないことがほとんどなのです。そして、何かをするにあたってリスクや精神的なハードルを考えることができないというのは、不倫以外のことにも当てはまります。そのため、不倫をする人の中でも、家庭に強い不満があってとか、好きな人に出会ってふらふらと不倫をしたような人ではなく、何度も不倫を繰り返す人は、道徳や社会のルールを守ろうとする意識、つまり規範意識が全般的に低い傾向にあります。私が見てきた案件の中でも、不倫を繰り返すタイプの男性は、さまざまなルールを破っていることが多いです。他人のクレジットカードで買い物をしたり、会社の経費をごまかして着服したり、定期代を嘘のルートで申告したり、交通違反をしたり、電車代をキセルしたり……。他にも、ゴルフのスコアを少なく言ったり、子どもの年齢を偽って遊園地などの入場料を子ども料金ではなく幼児料金で払ったりと、犯罪に近いことやさまざまなルール違反を躊躇なく繰り返すことが習慣になっている人がいます。[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
しかし謹慎が明け復帰後に初めて出場した5月12日の二軍の試合後に別の不倫相手の女性と会っていたことを報じられ、「度重なる不適切な行動及びチームに対する背信行為により、これ以上の選手契約を維持することはできない」として、5月23日に球団から契約を解除されました。[PHOTO]iStockこれらの不倫報道に共通しているのは、通常の不倫に対する非難に加えて、「コロナ禍なのになぜ」という疑問が加わることです。なぜこの時期に不倫相手と会い続けるのか、不倫が発覚したら普段よりさらに批判されると思えないのか……。客観的に見ると疑問が起きるものだと思います。コロナ禍なのに…清田選手の場合しかし、コロナ禍だから不倫は控えようと思うような人は初めから不倫はしません。発覚したら普段よりさらに非難されるのにという点についても、不倫をする人は発覚した時のことを全く考えない傾向があります。 たとえば清田選手は数年前にも女性との不倫スキャンダルを報じられ、プライベートに関してファンから厳しい目を向けられている状態でした。その状態で不倫や虚偽報告をしたら、球団からは前回よりさらに重い処分が下されることが予想されますし、ファンからもさらに非難されて応援してもらえなくなるかもしれません。しかし、清田選手は、そういったリスクを全て想定できずに、不倫を繰り返してしまい、契約解除という結果を迎えました。[PHOTO]iStock著名人が不倫をして仕事に大きなダメージを受けているのを見ると、「そこまでリスクがあるのになぜ不倫をするのか」と思いますが、不倫をしている張本人は発覚した時のリスクが頭に浮かばず、その場の楽しさを優先してしまうのだと思います。つまり、全てを失ってもいいと思って不倫をしているわけではなく、不倫で全てを失うとは夢にも思っていないのです。不倫という自分の行動が発覚後のリスクに結びつく可能性を想像できないということは、不倫のために出歩いていたらコロナウイルスに感染するかもしれないというリスクを想像できないということでもあります。つまりこれも、コロナになってもいいから不倫したいのではなく、コロナにかかるとは夢にも思っていないということだと思われます。不倫を繰り返す夫の共通点とはそもそも、家庭があるのに不倫をするのはどういう人でしょうか。不倫をすることにはリスクもありますし、精神的なハードルもあります。不倫が発覚すると、妻や子どもが傷ついて悲しみますし、仕事にも悪影響が出るかもしれません。普通の人であれば、そこまで考えると不倫をすることを躊躇します。 ただ、中には、これらのリスクやハードル、周りへの影響を考えることができなかったり、過小評価したりして、不倫に走ってしまう人がいます。上にも書いた通り、覚悟を決めて不倫をしているわけではなく、そもそも覚悟を決めるほど深く考えていないことがほとんどなのです。そして、何かをするにあたってリスクや精神的なハードルを考えることができないというのは、不倫以外のことにも当てはまります。そのため、不倫をする人の中でも、家庭に強い不満があってとか、好きな人に出会ってふらふらと不倫をしたような人ではなく、何度も不倫を繰り返す人は、道徳や社会のルールを守ろうとする意識、つまり規範意識が全般的に低い傾向にあります。私が見てきた案件の中でも、不倫を繰り返すタイプの男性は、さまざまなルールを破っていることが多いです。他人のクレジットカードで買い物をしたり、会社の経費をごまかして着服したり、定期代を嘘のルートで申告したり、交通違反をしたり、電車代をキセルしたり……。他にも、ゴルフのスコアを少なく言ったり、子どもの年齢を偽って遊園地などの入場料を子ども料金ではなく幼児料金で払ったりと、犯罪に近いことやさまざまなルール違反を躊躇なく繰り返すことが習慣になっている人がいます。[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
[PHOTO]iStockこれらの不倫報道に共通しているのは、通常の不倫に対する非難に加えて、「コロナ禍なのになぜ」という疑問が加わることです。なぜこの時期に不倫相手と会い続けるのか、不倫が発覚したら普段よりさらに批判されると思えないのか……。客観的に見ると疑問が起きるものだと思います。コロナ禍なのに…清田選手の場合しかし、コロナ禍だから不倫は控えようと思うような人は初めから不倫はしません。発覚したら普段よりさらに非難されるのにという点についても、不倫をする人は発覚した時のことを全く考えない傾向があります。 たとえば清田選手は数年前にも女性との不倫スキャンダルを報じられ、プライベートに関してファンから厳しい目を向けられている状態でした。その状態で不倫や虚偽報告をしたら、球団からは前回よりさらに重い処分が下されることが予想されますし、ファンからもさらに非難されて応援してもらえなくなるかもしれません。しかし、清田選手は、そういったリスクを全て想定できずに、不倫を繰り返してしまい、契約解除という結果を迎えました。[PHOTO]iStock著名人が不倫をして仕事に大きなダメージを受けているのを見ると、「そこまでリスクがあるのになぜ不倫をするのか」と思いますが、不倫をしている張本人は発覚した時のリスクが頭に浮かばず、その場の楽しさを優先してしまうのだと思います。つまり、全てを失ってもいいと思って不倫をしているわけではなく、不倫で全てを失うとは夢にも思っていないのです。不倫という自分の行動が発覚後のリスクに結びつく可能性を想像できないということは、不倫のために出歩いていたらコロナウイルスに感染するかもしれないというリスクを想像できないということでもあります。つまりこれも、コロナになってもいいから不倫したいのではなく、コロナにかかるとは夢にも思っていないということだと思われます。不倫を繰り返す夫の共通点とはそもそも、家庭があるのに不倫をするのはどういう人でしょうか。不倫をすることにはリスクもありますし、精神的なハードルもあります。不倫が発覚すると、妻や子どもが傷ついて悲しみますし、仕事にも悪影響が出るかもしれません。普通の人であれば、そこまで考えると不倫をすることを躊躇します。 ただ、中には、これらのリスクやハードル、周りへの影響を考えることができなかったり、過小評価したりして、不倫に走ってしまう人がいます。上にも書いた通り、覚悟を決めて不倫をしているわけではなく、そもそも覚悟を決めるほど深く考えていないことがほとんどなのです。そして、何かをするにあたってリスクや精神的なハードルを考えることができないというのは、不倫以外のことにも当てはまります。そのため、不倫をする人の中でも、家庭に強い不満があってとか、好きな人に出会ってふらふらと不倫をしたような人ではなく、何度も不倫を繰り返す人は、道徳や社会のルールを守ろうとする意識、つまり規範意識が全般的に低い傾向にあります。私が見てきた案件の中でも、不倫を繰り返すタイプの男性は、さまざまなルールを破っていることが多いです。他人のクレジットカードで買い物をしたり、会社の経費をごまかして着服したり、定期代を嘘のルートで申告したり、交通違反をしたり、電車代をキセルしたり……。他にも、ゴルフのスコアを少なく言ったり、子どもの年齢を偽って遊園地などの入場料を子ども料金ではなく幼児料金で払ったりと、犯罪に近いことやさまざまなルール違反を躊躇なく繰り返すことが習慣になっている人がいます。[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
これらの不倫報道に共通しているのは、通常の不倫に対する非難に加えて、「コロナ禍なのになぜ」という疑問が加わることです。なぜこの時期に不倫相手と会い続けるのか、不倫が発覚したら普段よりさらに批判されると思えないのか……。客観的に見ると疑問が起きるものだと思います。コロナ禍なのに…清田選手の場合しかし、コロナ禍だから不倫は控えようと思うような人は初めから不倫はしません。発覚したら普段よりさらに非難されるのにという点についても、不倫をする人は発覚した時のことを全く考えない傾向があります。 たとえば清田選手は数年前にも女性との不倫スキャンダルを報じられ、プライベートに関してファンから厳しい目を向けられている状態でした。その状態で不倫や虚偽報告をしたら、球団からは前回よりさらに重い処分が下されることが予想されますし、ファンからもさらに非難されて応援してもらえなくなるかもしれません。しかし、清田選手は、そういったリスクを全て想定できずに、不倫を繰り返してしまい、契約解除という結果を迎えました。[PHOTO]iStock著名人が不倫をして仕事に大きなダメージを受けているのを見ると、「そこまでリスクがあるのになぜ不倫をするのか」と思いますが、不倫をしている張本人は発覚した時のリスクが頭に浮かばず、その場の楽しさを優先してしまうのだと思います。つまり、全てを失ってもいいと思って不倫をしているわけではなく、不倫で全てを失うとは夢にも思っていないのです。不倫という自分の行動が発覚後のリスクに結びつく可能性を想像できないということは、不倫のために出歩いていたらコロナウイルスに感染するかもしれないというリスクを想像できないということでもあります。つまりこれも、コロナになってもいいから不倫したいのではなく、コロナにかかるとは夢にも思っていないということだと思われます。不倫を繰り返す夫の共通点とはそもそも、家庭があるのに不倫をするのはどういう人でしょうか。不倫をすることにはリスクもありますし、精神的なハードルもあります。不倫が発覚すると、妻や子どもが傷ついて悲しみますし、仕事にも悪影響が出るかもしれません。普通の人であれば、そこまで考えると不倫をすることを躊躇します。 ただ、中には、これらのリスクやハードル、周りへの影響を考えることができなかったり、過小評価したりして、不倫に走ってしまう人がいます。上にも書いた通り、覚悟を決めて不倫をしているわけではなく、そもそも覚悟を決めるほど深く考えていないことがほとんどなのです。そして、何かをするにあたってリスクや精神的なハードルを考えることができないというのは、不倫以外のことにも当てはまります。そのため、不倫をする人の中でも、家庭に強い不満があってとか、好きな人に出会ってふらふらと不倫をしたような人ではなく、何度も不倫を繰り返す人は、道徳や社会のルールを守ろうとする意識、つまり規範意識が全般的に低い傾向にあります。私が見てきた案件の中でも、不倫を繰り返すタイプの男性は、さまざまなルールを破っていることが多いです。他人のクレジットカードで買い物をしたり、会社の経費をごまかして着服したり、定期代を嘘のルートで申告したり、交通違反をしたり、電車代をキセルしたり……。他にも、ゴルフのスコアを少なく言ったり、子どもの年齢を偽って遊園地などの入場料を子ども料金ではなく幼児料金で払ったりと、犯罪に近いことやさまざまなルール違反を躊躇なく繰り返すことが習慣になっている人がいます。[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
なぜこの時期に不倫相手と会い続けるのか、不倫が発覚したら普段よりさらに批判されると思えないのか……。客観的に見ると疑問が起きるものだと思います。コロナ禍なのに…清田選手の場合しかし、コロナ禍だから不倫は控えようと思うような人は初めから不倫はしません。発覚したら普段よりさらに非難されるのにという点についても、不倫をする人は発覚した時のことを全く考えない傾向があります。 たとえば清田選手は数年前にも女性との不倫スキャンダルを報じられ、プライベートに関してファンから厳しい目を向けられている状態でした。その状態で不倫や虚偽報告をしたら、球団からは前回よりさらに重い処分が下されることが予想されますし、ファンからもさらに非難されて応援してもらえなくなるかもしれません。しかし、清田選手は、そういったリスクを全て想定できずに、不倫を繰り返してしまい、契約解除という結果を迎えました。[PHOTO]iStock著名人が不倫をして仕事に大きなダメージを受けているのを見ると、「そこまでリスクがあるのになぜ不倫をするのか」と思いますが、不倫をしている張本人は発覚した時のリスクが頭に浮かばず、その場の楽しさを優先してしまうのだと思います。つまり、全てを失ってもいいと思って不倫をしているわけではなく、不倫で全てを失うとは夢にも思っていないのです。不倫という自分の行動が発覚後のリスクに結びつく可能性を想像できないということは、不倫のために出歩いていたらコロナウイルスに感染するかもしれないというリスクを想像できないということでもあります。つまりこれも、コロナになってもいいから不倫したいのではなく、コロナにかかるとは夢にも思っていないということだと思われます。不倫を繰り返す夫の共通点とはそもそも、家庭があるのに不倫をするのはどういう人でしょうか。不倫をすることにはリスクもありますし、精神的なハードルもあります。不倫が発覚すると、妻や子どもが傷ついて悲しみますし、仕事にも悪影響が出るかもしれません。普通の人であれば、そこまで考えると不倫をすることを躊躇します。 ただ、中には、これらのリスクやハードル、周りへの影響を考えることができなかったり、過小評価したりして、不倫に走ってしまう人がいます。上にも書いた通り、覚悟を決めて不倫をしているわけではなく、そもそも覚悟を決めるほど深く考えていないことがほとんどなのです。そして、何かをするにあたってリスクや精神的なハードルを考えることができないというのは、不倫以外のことにも当てはまります。そのため、不倫をする人の中でも、家庭に強い不満があってとか、好きな人に出会ってふらふらと不倫をしたような人ではなく、何度も不倫を繰り返す人は、道徳や社会のルールを守ろうとする意識、つまり規範意識が全般的に低い傾向にあります。私が見てきた案件の中でも、不倫を繰り返すタイプの男性は、さまざまなルールを破っていることが多いです。他人のクレジットカードで買い物をしたり、会社の経費をごまかして着服したり、定期代を嘘のルートで申告したり、交通違反をしたり、電車代をキセルしたり……。他にも、ゴルフのスコアを少なく言ったり、子どもの年齢を偽って遊園地などの入場料を子ども料金ではなく幼児料金で払ったりと、犯罪に近いことやさまざまなルール違反を躊躇なく繰り返すことが習慣になっている人がいます。[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
しかし、コロナ禍だから不倫は控えようと思うような人は初めから不倫はしません。発覚したら普段よりさらに非難されるのにという点についても、不倫をする人は発覚した時のことを全く考えない傾向があります。 たとえば清田選手は数年前にも女性との不倫スキャンダルを報じられ、プライベートに関してファンから厳しい目を向けられている状態でした。その状態で不倫や虚偽報告をしたら、球団からは前回よりさらに重い処分が下されることが予想されますし、ファンからもさらに非難されて応援してもらえなくなるかもしれません。しかし、清田選手は、そういったリスクを全て想定できずに、不倫を繰り返してしまい、契約解除という結果を迎えました。[PHOTO]iStock著名人が不倫をして仕事に大きなダメージを受けているのを見ると、「そこまでリスクがあるのになぜ不倫をするのか」と思いますが、不倫をしている張本人は発覚した時のリスクが頭に浮かばず、その場の楽しさを優先してしまうのだと思います。つまり、全てを失ってもいいと思って不倫をしているわけではなく、不倫で全てを失うとは夢にも思っていないのです。不倫という自分の行動が発覚後のリスクに結びつく可能性を想像できないということは、不倫のために出歩いていたらコロナウイルスに感染するかもしれないというリスクを想像できないということでもあります。つまりこれも、コロナになってもいいから不倫したいのではなく、コロナにかかるとは夢にも思っていないということだと思われます。不倫を繰り返す夫の共通点とはそもそも、家庭があるのに不倫をするのはどういう人でしょうか。不倫をすることにはリスクもありますし、精神的なハードルもあります。不倫が発覚すると、妻や子どもが傷ついて悲しみますし、仕事にも悪影響が出るかもしれません。普通の人であれば、そこまで考えると不倫をすることを躊躇します。 ただ、中には、これらのリスクやハードル、周りへの影響を考えることができなかったり、過小評価したりして、不倫に走ってしまう人がいます。上にも書いた通り、覚悟を決めて不倫をしているわけではなく、そもそも覚悟を決めるほど深く考えていないことがほとんどなのです。そして、何かをするにあたってリスクや精神的なハードルを考えることができないというのは、不倫以外のことにも当てはまります。そのため、不倫をする人の中でも、家庭に強い不満があってとか、好きな人に出会ってふらふらと不倫をしたような人ではなく、何度も不倫を繰り返す人は、道徳や社会のルールを守ろうとする意識、つまり規範意識が全般的に低い傾向にあります。私が見てきた案件の中でも、不倫を繰り返すタイプの男性は、さまざまなルールを破っていることが多いです。他人のクレジットカードで買い物をしたり、会社の経費をごまかして着服したり、定期代を嘘のルートで申告したり、交通違反をしたり、電車代をキセルしたり……。他にも、ゴルフのスコアを少なく言ったり、子どもの年齢を偽って遊園地などの入場料を子ども料金ではなく幼児料金で払ったりと、犯罪に近いことやさまざまなルール違反を躊躇なく繰り返すことが習慣になっている人がいます。[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
たとえば清田選手は数年前にも女性との不倫スキャンダルを報じられ、プライベートに関してファンから厳しい目を向けられている状態でした。その状態で不倫や虚偽報告をしたら、球団からは前回よりさらに重い処分が下されることが予想されますし、ファンからもさらに非難されて応援してもらえなくなるかもしれません。しかし、清田選手は、そういったリスクを全て想定できずに、不倫を繰り返してしまい、契約解除という結果を迎えました。[PHOTO]iStock著名人が不倫をして仕事に大きなダメージを受けているのを見ると、「そこまでリスクがあるのになぜ不倫をするのか」と思いますが、不倫をしている張本人は発覚した時のリスクが頭に浮かばず、その場の楽しさを優先してしまうのだと思います。つまり、全てを失ってもいいと思って不倫をしているわけではなく、不倫で全てを失うとは夢にも思っていないのです。不倫という自分の行動が発覚後のリスクに結びつく可能性を想像できないということは、不倫のために出歩いていたらコロナウイルスに感染するかもしれないというリスクを想像できないということでもあります。つまりこれも、コロナになってもいいから不倫したいのではなく、コロナにかかるとは夢にも思っていないということだと思われます。不倫を繰り返す夫の共通点とはそもそも、家庭があるのに不倫をするのはどういう人でしょうか。不倫をすることにはリスクもありますし、精神的なハードルもあります。不倫が発覚すると、妻や子どもが傷ついて悲しみますし、仕事にも悪影響が出るかもしれません。普通の人であれば、そこまで考えると不倫をすることを躊躇します。 ただ、中には、これらのリスクやハードル、周りへの影響を考えることができなかったり、過小評価したりして、不倫に走ってしまう人がいます。上にも書いた通り、覚悟を決めて不倫をしているわけではなく、そもそも覚悟を決めるほど深く考えていないことがほとんどなのです。そして、何かをするにあたってリスクや精神的なハードルを考えることができないというのは、不倫以外のことにも当てはまります。そのため、不倫をする人の中でも、家庭に強い不満があってとか、好きな人に出会ってふらふらと不倫をしたような人ではなく、何度も不倫を繰り返す人は、道徳や社会のルールを守ろうとする意識、つまり規範意識が全般的に低い傾向にあります。私が見てきた案件の中でも、不倫を繰り返すタイプの男性は、さまざまなルールを破っていることが多いです。他人のクレジットカードで買い物をしたり、会社の経費をごまかして着服したり、定期代を嘘のルートで申告したり、交通違反をしたり、電車代をキセルしたり……。他にも、ゴルフのスコアを少なく言ったり、子どもの年齢を偽って遊園地などの入場料を子ども料金ではなく幼児料金で払ったりと、犯罪に近いことやさまざまなルール違反を躊躇なく繰り返すことが習慣になっている人がいます。[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
たとえば清田選手は数年前にも女性との不倫スキャンダルを報じられ、プライベートに関してファンから厳しい目を向けられている状態でした。その状態で不倫や虚偽報告をしたら、球団からは前回よりさらに重い処分が下されることが予想されますし、ファンからもさらに非難されて応援してもらえなくなるかもしれません。しかし、清田選手は、そういったリスクを全て想定できずに、不倫を繰り返してしまい、契約解除という結果を迎えました。[PHOTO]iStock著名人が不倫をして仕事に大きなダメージを受けているのを見ると、「そこまでリスクがあるのになぜ不倫をするのか」と思いますが、不倫をしている張本人は発覚した時のリスクが頭に浮かばず、その場の楽しさを優先してしまうのだと思います。つまり、全てを失ってもいいと思って不倫をしているわけではなく、不倫で全てを失うとは夢にも思っていないのです。不倫という自分の行動が発覚後のリスクに結びつく可能性を想像できないということは、不倫のために出歩いていたらコロナウイルスに感染するかもしれないというリスクを想像できないということでもあります。つまりこれも、コロナになってもいいから不倫したいのではなく、コロナにかかるとは夢にも思っていないということだと思われます。不倫を繰り返す夫の共通点とはそもそも、家庭があるのに不倫をするのはどういう人でしょうか。不倫をすることにはリスクもありますし、精神的なハードルもあります。不倫が発覚すると、妻や子どもが傷ついて悲しみますし、仕事にも悪影響が出るかもしれません。普通の人であれば、そこまで考えると不倫をすることを躊躇します。 ただ、中には、これらのリスクやハードル、周りへの影響を考えることができなかったり、過小評価したりして、不倫に走ってしまう人がいます。上にも書いた通り、覚悟を決めて不倫をしているわけではなく、そもそも覚悟を決めるほど深く考えていないことがほとんどなのです。そして、何かをするにあたってリスクや精神的なハードルを考えることができないというのは、不倫以外のことにも当てはまります。そのため、不倫をする人の中でも、家庭に強い不満があってとか、好きな人に出会ってふらふらと不倫をしたような人ではなく、何度も不倫を繰り返す人は、道徳や社会のルールを守ろうとする意識、つまり規範意識が全般的に低い傾向にあります。私が見てきた案件の中でも、不倫を繰り返すタイプの男性は、さまざまなルールを破っていることが多いです。他人のクレジットカードで買い物をしたり、会社の経費をごまかして着服したり、定期代を嘘のルートで申告したり、交通違反をしたり、電車代をキセルしたり……。他にも、ゴルフのスコアを少なく言ったり、子どもの年齢を偽って遊園地などの入場料を子ども料金ではなく幼児料金で払ったりと、犯罪に近いことやさまざまなルール違反を躊躇なく繰り返すことが習慣になっている人がいます。[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
しかし、清田選手は、そういったリスクを全て想定できずに、不倫を繰り返してしまい、契約解除という結果を迎えました。[PHOTO]iStock著名人が不倫をして仕事に大きなダメージを受けているのを見ると、「そこまでリスクがあるのになぜ不倫をするのか」と思いますが、不倫をしている張本人は発覚した時のリスクが頭に浮かばず、その場の楽しさを優先してしまうのだと思います。つまり、全てを失ってもいいと思って不倫をしているわけではなく、不倫で全てを失うとは夢にも思っていないのです。不倫という自分の行動が発覚後のリスクに結びつく可能性を想像できないということは、不倫のために出歩いていたらコロナウイルスに感染するかもしれないというリスクを想像できないということでもあります。つまりこれも、コロナになってもいいから不倫したいのではなく、コロナにかかるとは夢にも思っていないということだと思われます。不倫を繰り返す夫の共通点とはそもそも、家庭があるのに不倫をするのはどういう人でしょうか。不倫をすることにはリスクもありますし、精神的なハードルもあります。不倫が発覚すると、妻や子どもが傷ついて悲しみますし、仕事にも悪影響が出るかもしれません。普通の人であれば、そこまで考えると不倫をすることを躊躇します。 ただ、中には、これらのリスクやハードル、周りへの影響を考えることができなかったり、過小評価したりして、不倫に走ってしまう人がいます。上にも書いた通り、覚悟を決めて不倫をしているわけではなく、そもそも覚悟を決めるほど深く考えていないことがほとんどなのです。そして、何かをするにあたってリスクや精神的なハードルを考えることができないというのは、不倫以外のことにも当てはまります。そのため、不倫をする人の中でも、家庭に強い不満があってとか、好きな人に出会ってふらふらと不倫をしたような人ではなく、何度も不倫を繰り返す人は、道徳や社会のルールを守ろうとする意識、つまり規範意識が全般的に低い傾向にあります。私が見てきた案件の中でも、不倫を繰り返すタイプの男性は、さまざまなルールを破っていることが多いです。他人のクレジットカードで買い物をしたり、会社の経費をごまかして着服したり、定期代を嘘のルートで申告したり、交通違反をしたり、電車代をキセルしたり……。他にも、ゴルフのスコアを少なく言ったり、子どもの年齢を偽って遊園地などの入場料を子ども料金ではなく幼児料金で払ったりと、犯罪に近いことやさまざまなルール違反を躊躇なく繰り返すことが習慣になっている人がいます。[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
[PHOTO]iStock著名人が不倫をして仕事に大きなダメージを受けているのを見ると、「そこまでリスクがあるのになぜ不倫をするのか」と思いますが、不倫をしている張本人は発覚した時のリスクが頭に浮かばず、その場の楽しさを優先してしまうのだと思います。つまり、全てを失ってもいいと思って不倫をしているわけではなく、不倫で全てを失うとは夢にも思っていないのです。不倫という自分の行動が発覚後のリスクに結びつく可能性を想像できないということは、不倫のために出歩いていたらコロナウイルスに感染するかもしれないというリスクを想像できないということでもあります。つまりこれも、コロナになってもいいから不倫したいのではなく、コロナにかかるとは夢にも思っていないということだと思われます。不倫を繰り返す夫の共通点とはそもそも、家庭があるのに不倫をするのはどういう人でしょうか。不倫をすることにはリスクもありますし、精神的なハードルもあります。不倫が発覚すると、妻や子どもが傷ついて悲しみますし、仕事にも悪影響が出るかもしれません。普通の人であれば、そこまで考えると不倫をすることを躊躇します。 ただ、中には、これらのリスクやハードル、周りへの影響を考えることができなかったり、過小評価したりして、不倫に走ってしまう人がいます。上にも書いた通り、覚悟を決めて不倫をしているわけではなく、そもそも覚悟を決めるほど深く考えていないことがほとんどなのです。そして、何かをするにあたってリスクや精神的なハードルを考えることができないというのは、不倫以外のことにも当てはまります。そのため、不倫をする人の中でも、家庭に強い不満があってとか、好きな人に出会ってふらふらと不倫をしたような人ではなく、何度も不倫を繰り返す人は、道徳や社会のルールを守ろうとする意識、つまり規範意識が全般的に低い傾向にあります。私が見てきた案件の中でも、不倫を繰り返すタイプの男性は、さまざまなルールを破っていることが多いです。他人のクレジットカードで買い物をしたり、会社の経費をごまかして着服したり、定期代を嘘のルートで申告したり、交通違反をしたり、電車代をキセルしたり……。他にも、ゴルフのスコアを少なく言ったり、子どもの年齢を偽って遊園地などの入場料を子ども料金ではなく幼児料金で払ったりと、犯罪に近いことやさまざまなルール違反を躊躇なく繰り返すことが習慣になっている人がいます。[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
著名人が不倫をして仕事に大きなダメージを受けているのを見ると、「そこまでリスクがあるのになぜ不倫をするのか」と思いますが、不倫をしている張本人は発覚した時のリスクが頭に浮かばず、その場の楽しさを優先してしまうのだと思います。つまり、全てを失ってもいいと思って不倫をしているわけではなく、不倫で全てを失うとは夢にも思っていないのです。不倫という自分の行動が発覚後のリスクに結びつく可能性を想像できないということは、不倫のために出歩いていたらコロナウイルスに感染するかもしれないというリスクを想像できないということでもあります。つまりこれも、コロナになってもいいから不倫したいのではなく、コロナにかかるとは夢にも思っていないということだと思われます。不倫を繰り返す夫の共通点とはそもそも、家庭があるのに不倫をするのはどういう人でしょうか。不倫をすることにはリスクもありますし、精神的なハードルもあります。不倫が発覚すると、妻や子どもが傷ついて悲しみますし、仕事にも悪影響が出るかもしれません。普通の人であれば、そこまで考えると不倫をすることを躊躇します。 ただ、中には、これらのリスクやハードル、周りへの影響を考えることができなかったり、過小評価したりして、不倫に走ってしまう人がいます。上にも書いた通り、覚悟を決めて不倫をしているわけではなく、そもそも覚悟を決めるほど深く考えていないことがほとんどなのです。そして、何かをするにあたってリスクや精神的なハードルを考えることができないというのは、不倫以外のことにも当てはまります。そのため、不倫をする人の中でも、家庭に強い不満があってとか、好きな人に出会ってふらふらと不倫をしたような人ではなく、何度も不倫を繰り返す人は、道徳や社会のルールを守ろうとする意識、つまり規範意識が全般的に低い傾向にあります。私が見てきた案件の中でも、不倫を繰り返すタイプの男性は、さまざまなルールを破っていることが多いです。他人のクレジットカードで買い物をしたり、会社の経費をごまかして着服したり、定期代を嘘のルートで申告したり、交通違反をしたり、電車代をキセルしたり……。他にも、ゴルフのスコアを少なく言ったり、子どもの年齢を偽って遊園地などの入場料を子ども料金ではなく幼児料金で払ったりと、犯罪に近いことやさまざまなルール違反を躊躇なく繰り返すことが習慣になっている人がいます。[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
つまり、全てを失ってもいいと思って不倫をしているわけではなく、不倫で全てを失うとは夢にも思っていないのです。不倫という自分の行動が発覚後のリスクに結びつく可能性を想像できないということは、不倫のために出歩いていたらコロナウイルスに感染するかもしれないというリスクを想像できないということでもあります。つまりこれも、コロナになってもいいから不倫したいのではなく、コロナにかかるとは夢にも思っていないということだと思われます。不倫を繰り返す夫の共通点とはそもそも、家庭があるのに不倫をするのはどういう人でしょうか。不倫をすることにはリスクもありますし、精神的なハードルもあります。不倫が発覚すると、妻や子どもが傷ついて悲しみますし、仕事にも悪影響が出るかもしれません。普通の人であれば、そこまで考えると不倫をすることを躊躇します。 ただ、中には、これらのリスクやハードル、周りへの影響を考えることができなかったり、過小評価したりして、不倫に走ってしまう人がいます。上にも書いた通り、覚悟を決めて不倫をしているわけではなく、そもそも覚悟を決めるほど深く考えていないことがほとんどなのです。そして、何かをするにあたってリスクや精神的なハードルを考えることができないというのは、不倫以外のことにも当てはまります。そのため、不倫をする人の中でも、家庭に強い不満があってとか、好きな人に出会ってふらふらと不倫をしたような人ではなく、何度も不倫を繰り返す人は、道徳や社会のルールを守ろうとする意識、つまり規範意識が全般的に低い傾向にあります。私が見てきた案件の中でも、不倫を繰り返すタイプの男性は、さまざまなルールを破っていることが多いです。他人のクレジットカードで買い物をしたり、会社の経費をごまかして着服したり、定期代を嘘のルートで申告したり、交通違反をしたり、電車代をキセルしたり……。他にも、ゴルフのスコアを少なく言ったり、子どもの年齢を偽って遊園地などの入場料を子ども料金ではなく幼児料金で払ったりと、犯罪に近いことやさまざまなルール違反を躊躇なく繰り返すことが習慣になっている人がいます。[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
不倫という自分の行動が発覚後のリスクに結びつく可能性を想像できないということは、不倫のために出歩いていたらコロナウイルスに感染するかもしれないというリスクを想像できないということでもあります。つまりこれも、コロナになってもいいから不倫したいのではなく、コロナにかかるとは夢にも思っていないということだと思われます。不倫を繰り返す夫の共通点とはそもそも、家庭があるのに不倫をするのはどういう人でしょうか。不倫をすることにはリスクもありますし、精神的なハードルもあります。不倫が発覚すると、妻や子どもが傷ついて悲しみますし、仕事にも悪影響が出るかもしれません。普通の人であれば、そこまで考えると不倫をすることを躊躇します。 ただ、中には、これらのリスクやハードル、周りへの影響を考えることができなかったり、過小評価したりして、不倫に走ってしまう人がいます。上にも書いた通り、覚悟を決めて不倫をしているわけではなく、そもそも覚悟を決めるほど深く考えていないことがほとんどなのです。そして、何かをするにあたってリスクや精神的なハードルを考えることができないというのは、不倫以外のことにも当てはまります。そのため、不倫をする人の中でも、家庭に強い不満があってとか、好きな人に出会ってふらふらと不倫をしたような人ではなく、何度も不倫を繰り返す人は、道徳や社会のルールを守ろうとする意識、つまり規範意識が全般的に低い傾向にあります。私が見てきた案件の中でも、不倫を繰り返すタイプの男性は、さまざまなルールを破っていることが多いです。他人のクレジットカードで買い物をしたり、会社の経費をごまかして着服したり、定期代を嘘のルートで申告したり、交通違反をしたり、電車代をキセルしたり……。他にも、ゴルフのスコアを少なく言ったり、子どもの年齢を偽って遊園地などの入場料を子ども料金ではなく幼児料金で払ったりと、犯罪に近いことやさまざまなルール違反を躊躇なく繰り返すことが習慣になっている人がいます。[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
つまりこれも、コロナになってもいいから不倫したいのではなく、コロナにかかるとは夢にも思っていないということだと思われます。不倫を繰り返す夫の共通点とはそもそも、家庭があるのに不倫をするのはどういう人でしょうか。不倫をすることにはリスクもありますし、精神的なハードルもあります。不倫が発覚すると、妻や子どもが傷ついて悲しみますし、仕事にも悪影響が出るかもしれません。普通の人であれば、そこまで考えると不倫をすることを躊躇します。 ただ、中には、これらのリスクやハードル、周りへの影響を考えることができなかったり、過小評価したりして、不倫に走ってしまう人がいます。上にも書いた通り、覚悟を決めて不倫をしているわけではなく、そもそも覚悟を決めるほど深く考えていないことがほとんどなのです。そして、何かをするにあたってリスクや精神的なハードルを考えることができないというのは、不倫以外のことにも当てはまります。そのため、不倫をする人の中でも、家庭に強い不満があってとか、好きな人に出会ってふらふらと不倫をしたような人ではなく、何度も不倫を繰り返す人は、道徳や社会のルールを守ろうとする意識、つまり規範意識が全般的に低い傾向にあります。私が見てきた案件の中でも、不倫を繰り返すタイプの男性は、さまざまなルールを破っていることが多いです。他人のクレジットカードで買い物をしたり、会社の経費をごまかして着服したり、定期代を嘘のルートで申告したり、交通違反をしたり、電車代をキセルしたり……。他にも、ゴルフのスコアを少なく言ったり、子どもの年齢を偽って遊園地などの入場料を子ども料金ではなく幼児料金で払ったりと、犯罪に近いことやさまざまなルール違反を躊躇なく繰り返すことが習慣になっている人がいます。[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
そもそも、家庭があるのに不倫をするのはどういう人でしょうか。不倫をすることにはリスクもありますし、精神的なハードルもあります。不倫が発覚すると、妻や子どもが傷ついて悲しみますし、仕事にも悪影響が出るかもしれません。普通の人であれば、そこまで考えると不倫をすることを躊躇します。 ただ、中には、これらのリスクやハードル、周りへの影響を考えることができなかったり、過小評価したりして、不倫に走ってしまう人がいます。上にも書いた通り、覚悟を決めて不倫をしているわけではなく、そもそも覚悟を決めるほど深く考えていないことがほとんどなのです。そして、何かをするにあたってリスクや精神的なハードルを考えることができないというのは、不倫以外のことにも当てはまります。そのため、不倫をする人の中でも、家庭に強い不満があってとか、好きな人に出会ってふらふらと不倫をしたような人ではなく、何度も不倫を繰り返す人は、道徳や社会のルールを守ろうとする意識、つまり規範意識が全般的に低い傾向にあります。私が見てきた案件の中でも、不倫を繰り返すタイプの男性は、さまざまなルールを破っていることが多いです。他人のクレジットカードで買い物をしたり、会社の経費をごまかして着服したり、定期代を嘘のルートで申告したり、交通違反をしたり、電車代をキセルしたり……。他にも、ゴルフのスコアを少なく言ったり、子どもの年齢を偽って遊園地などの入場料を子ども料金ではなく幼児料金で払ったりと、犯罪に近いことやさまざまなルール違反を躊躇なく繰り返すことが習慣になっている人がいます。[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
不倫をすることにはリスクもありますし、精神的なハードルもあります。不倫が発覚すると、妻や子どもが傷ついて悲しみますし、仕事にも悪影響が出るかもしれません。普通の人であれば、そこまで考えると不倫をすることを躊躇します。 ただ、中には、これらのリスクやハードル、周りへの影響を考えることができなかったり、過小評価したりして、不倫に走ってしまう人がいます。上にも書いた通り、覚悟を決めて不倫をしているわけではなく、そもそも覚悟を決めるほど深く考えていないことがほとんどなのです。そして、何かをするにあたってリスクや精神的なハードルを考えることができないというのは、不倫以外のことにも当てはまります。そのため、不倫をする人の中でも、家庭に強い不満があってとか、好きな人に出会ってふらふらと不倫をしたような人ではなく、何度も不倫を繰り返す人は、道徳や社会のルールを守ろうとする意識、つまり規範意識が全般的に低い傾向にあります。私が見てきた案件の中でも、不倫を繰り返すタイプの男性は、さまざまなルールを破っていることが多いです。他人のクレジットカードで買い物をしたり、会社の経費をごまかして着服したり、定期代を嘘のルートで申告したり、交通違反をしたり、電車代をキセルしたり……。他にも、ゴルフのスコアを少なく言ったり、子どもの年齢を偽って遊園地などの入場料を子ども料金ではなく幼児料金で払ったりと、犯罪に近いことやさまざまなルール違反を躊躇なく繰り返すことが習慣になっている人がいます。[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
ただ、中には、これらのリスクやハードル、周りへの影響を考えることができなかったり、過小評価したりして、不倫に走ってしまう人がいます。上にも書いた通り、覚悟を決めて不倫をしているわけではなく、そもそも覚悟を決めるほど深く考えていないことがほとんどなのです。そして、何かをするにあたってリスクや精神的なハードルを考えることができないというのは、不倫以外のことにも当てはまります。そのため、不倫をする人の中でも、家庭に強い不満があってとか、好きな人に出会ってふらふらと不倫をしたような人ではなく、何度も不倫を繰り返す人は、道徳や社会のルールを守ろうとする意識、つまり規範意識が全般的に低い傾向にあります。私が見てきた案件の中でも、不倫を繰り返すタイプの男性は、さまざまなルールを破っていることが多いです。他人のクレジットカードで買い物をしたり、会社の経費をごまかして着服したり、定期代を嘘のルートで申告したり、交通違反をしたり、電車代をキセルしたり……。他にも、ゴルフのスコアを少なく言ったり、子どもの年齢を偽って遊園地などの入場料を子ども料金ではなく幼児料金で払ったりと、犯罪に近いことやさまざまなルール違反を躊躇なく繰り返すことが習慣になっている人がいます。[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
ただ、中には、これらのリスクやハードル、周りへの影響を考えることができなかったり、過小評価したりして、不倫に走ってしまう人がいます。上にも書いた通り、覚悟を決めて不倫をしているわけではなく、そもそも覚悟を決めるほど深く考えていないことがほとんどなのです。そして、何かをするにあたってリスクや精神的なハードルを考えることができないというのは、不倫以外のことにも当てはまります。そのため、不倫をする人の中でも、家庭に強い不満があってとか、好きな人に出会ってふらふらと不倫をしたような人ではなく、何度も不倫を繰り返す人は、道徳や社会のルールを守ろうとする意識、つまり規範意識が全般的に低い傾向にあります。私が見てきた案件の中でも、不倫を繰り返すタイプの男性は、さまざまなルールを破っていることが多いです。他人のクレジットカードで買い物をしたり、会社の経費をごまかして着服したり、定期代を嘘のルートで申告したり、交通違反をしたり、電車代をキセルしたり……。他にも、ゴルフのスコアを少なく言ったり、子どもの年齢を偽って遊園地などの入場料を子ども料金ではなく幼児料金で払ったりと、犯罪に近いことやさまざまなルール違反を躊躇なく繰り返すことが習慣になっている人がいます。[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
そして、何かをするにあたってリスクや精神的なハードルを考えることができないというのは、不倫以外のことにも当てはまります。そのため、不倫をする人の中でも、家庭に強い不満があってとか、好きな人に出会ってふらふらと不倫をしたような人ではなく、何度も不倫を繰り返す人は、道徳や社会のルールを守ろうとする意識、つまり規範意識が全般的に低い傾向にあります。私が見てきた案件の中でも、不倫を繰り返すタイプの男性は、さまざまなルールを破っていることが多いです。他人のクレジットカードで買い物をしたり、会社の経費をごまかして着服したり、定期代を嘘のルートで申告したり、交通違反をしたり、電車代をキセルしたり……。他にも、ゴルフのスコアを少なく言ったり、子どもの年齢を偽って遊園地などの入場料を子ども料金ではなく幼児料金で払ったりと、犯罪に近いことやさまざまなルール違反を躊躇なく繰り返すことが習慣になっている人がいます。[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
そのため、不倫をする人の中でも、家庭に強い不満があってとか、好きな人に出会ってふらふらと不倫をしたような人ではなく、何度も不倫を繰り返す人は、道徳や社会のルールを守ろうとする意識、つまり規範意識が全般的に低い傾向にあります。私が見てきた案件の中でも、不倫を繰り返すタイプの男性は、さまざまなルールを破っていることが多いです。他人のクレジットカードで買い物をしたり、会社の経費をごまかして着服したり、定期代を嘘のルートで申告したり、交通違反をしたり、電車代をキセルしたり……。他にも、ゴルフのスコアを少なく言ったり、子どもの年齢を偽って遊園地などの入場料を子ども料金ではなく幼児料金で払ったりと、犯罪に近いことやさまざまなルール違反を躊躇なく繰り返すことが習慣になっている人がいます。[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
私が見てきた案件の中でも、不倫を繰り返すタイプの男性は、さまざまなルールを破っていることが多いです。他人のクレジットカードで買い物をしたり、会社の経費をごまかして着服したり、定期代を嘘のルートで申告したり、交通違反をしたり、電車代をキセルしたり……。他にも、ゴルフのスコアを少なく言ったり、子どもの年齢を偽って遊園地などの入場料を子ども料金ではなく幼児料金で払ったりと、犯罪に近いことやさまざまなルール違反を躊躇なく繰り返すことが習慣になっている人がいます。[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
他人のクレジットカードで買い物をしたり、会社の経費をごまかして着服したり、定期代を嘘のルートで申告したり、交通違反をしたり、電車代をキセルしたり……。他にも、ゴルフのスコアを少なく言ったり、子どもの年齢を偽って遊園地などの入場料を子ども料金ではなく幼児料金で払ったりと、犯罪に近いことやさまざまなルール違反を躊躇なく繰り返すことが習慣になっている人がいます。[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
[PHOTO]iStock最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
最初は妻が「夫の不倫で悩んでいるんです」と相談に来たものの、話を詳しく聞いてみると、不倫以外にもあらゆることで日常的に問題を起こしていて、「不倫癖のある夫」ではなく「生活全般に問題がある夫」という印象に変わることが多いです。そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
そのため、「不倫癖だけがやっかいで他の部分はとてもいい人」というタイプの夫は見たことがありません。不倫にはアリバイ作りや口実が必要で、妻に偽の予定を教えたり、同僚に口裏合わせを頼んだりと、一つ悪いことをするとそれを取り繕うためにさらに悪いことをしていく必要があります。そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
そのため、嘘をついたりルールを破ったりすることに罪の意識を抱きやすい人は、不倫を繰り返すということがなかなかできないのではないでしょうか。規範意識の低さは発覚後の対応にも…そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
そして、こういったタイプの男性は、不倫が発覚してもすぐに適切な対応をすることができません。規範意識が低く罪悪感を抱かない性格のため、自分のどこが悪いかわからないので、きちんと謝ることも、自分が矢面に立つこともできず、妻や不倫相手のせいにして逃げてしまう人がほとんどです。そのため周囲からの印象はますます悪くなってしまいます。夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
夫の不倫癖に悩む妻に話を聞くと、結婚前からキセルや交通違反をしていて気になっていたという人が多いです。キセルと不倫を結び付けて考えるのはなかなか難しいことですが、交際の時点でそういった価値観が合わないと感じたら、その人は規範意識の薄さが原因で何か大きなトラブルを起こすかもしれません。[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
[PHOTO]iStockコロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
コロナへの対応には、社会で呼びかけられているルールにどう対応するかという規範意識が反映されています。コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
コロナ禍で不倫などの不祥事を起こす人を見ると、「コロナ禍なのになぜ」と思うかもしれませんが、コロナ禍で行動を我慢できない人は不倫も我慢できないことが多いですし、その逆もしかりです。つまり、不倫をする人はそもそもコロナ禍でルール違反を行いやすいタイプの人であると言えるでしょう。そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
そして、規範意識の薄さから、発覚後にも適切な対応を取ることができず、ますます批判が集まる傾向があります。 このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
このように、今年の上半期はコロナ禍での規範意識が問われる不倫スキャンダルが多い傾向にありました。下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。
下半期は人の動きが活発になると予想されるため、不倫スキャンダルの数自体がさらに多くなっていくと思われます。