【第92期ヒューリック杯棋聖戦】藤井棋聖が動揺「え、メニューないんですか…」

「第92期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」の第3局が3日、静岡県沼津市の「沼津御用邸」で始まった。
盤上の熱い戦いだけでなく、棋士が注文する食事やおやつもタイトル戦を彩る重要な要素だ。ファンが将棋を違った角度から楽しむ重要なコンテンツであり、地元ならではの料理が紹介されればタイトル戦の開催地も注目される。何より、頭脳をフル回転させて勝負に臨む棋士にとって、大切なエネルギー源になっている。
地元のおいしい物を
「え、メニューないんですか…」
6月18日に棋聖戦第2局が行われた兵庫県洲本市の「ホテルニューアワジ」。昼食を選ぶ際にメニューがないことを知った藤井聡太棋聖(18)は思わず動揺した。
五番勝負の会場によって異なるが、同ホテルは食べたいものを棋士に尋ねるスタイル。求められるものは何でも応じるようにしているといい、作ったり、周辺の飲食店から調達したりしてきた。
平成30年まで棋聖を保持していた羽生善治九段(50)は「東京ではうどんを食べる機会が少ないから」と同ホテルでの対局の際、通常メニューにないきつねうどんを毎回注文。ファンの間では「きつねうどん定跡(じょうせき)」として有名だった。今期の棋聖戦第2局。藤井棋聖がオーダーしたのは握りずしだった。同市内の老舗割烹(かっぽう)店「菊水」から調達。マグロやタイなど、淡路島で水揚げされた新鮮な魚介がネタだ。昨年はコロナ禍で、前期棋聖戦は地方での対局を行わなかったが、今期は再開。藤井棋聖は「地元のおいしい物を食べるのを楽しみにしています」と、ご当地メニューを注文することを事前に話しており、6月6日に千葉県木更津市の「龍宮城スパホテル三日月」で行われた第1局で選んだのも、地元名物の「あさりカレー」だった。渡辺三冠は大の甘党一方の渡辺明三冠(37)。棋聖戦第2局の勝負めしに選んだのは、地元産の牛肉やタマネギを使用した「淡路島牛丼」と、地元の名産である手延べ麺「淡路島ぬーどる」だった。牛丼は、甘辛く煮た牛肉が、熱々のご飯の上に盛られている。ホテルニューアワジの朝食にも登場する人気メニュー。タイトル戦の経験が豊富な渡辺三冠は一昨年、挑戦者として同ホテルで戦った際にも注文した。ただし当時も、今回も紅ショウガ抜きを希望した。そして甘い物に目がないことでも知られる渡辺三冠。第1局の午前、第2局の午後のおやつにショートケーキを注文するなど、ショートケーキ率が高い。第2局の午前は、地元名物の「淡路島ロール」を選んだ。「ぴよりんアイス」急浮上棋聖戦と並行し、藤井棋聖が防衛戦を戦っている王位戦では、名古屋市の第1局の1日目(6月29日)で藤井棋聖が注文した「ぴよりんアイス」がインターネットやテレビで話題になった。「ぴよりん」は名古屋コーチンの卵を使ったプリンをババロアで包み、スポンジをまとったスイーツで、「ジェイアール東海フードサービス」が開発した。対局で出されたおやつは、7月1日のぴよりん生誕10周年を記念した「名古屋マリオットアソシアホテル」とのコラボ商品。中身はプリンではなくマンゴーソルベなどを使い、調理に3日かかるという。今月1日から8月末日までの期間限定で同ホテルで提供。担当者によると、問い合わせが相次ぎ、初日は30分で完売。タイトル戦のおやつは地域経済にも一役買っている。棋士の食事に注目が集まることについて藤井棋聖の師匠、杉本昌隆八段(52)は「盤上のことだけだと、ルールをあまり知らない方々にとっては楽しみ方に限界があります。将棋の別の部分が注目されることで、将棋そのものに関心を持ってもらえるかもしれません」と期待を寄せた。さらに「棋士と同じおやつをお子さんも食べることができるし、『藤井棋聖も食べたことだし、今晩はカレーにしよう』と家庭で盛り上がるかもしれませんよね」と話した。(中島高幸)
今期の棋聖戦第2局。藤井棋聖がオーダーしたのは握りずしだった。同市内の老舗割烹(かっぽう)店「菊水」から調達。マグロやタイなど、淡路島で水揚げされた新鮮な魚介がネタだ。昨年はコロナ禍で、前期棋聖戦は地方での対局を行わなかったが、今期は再開。藤井棋聖は「地元のおいしい物を食べるのを楽しみにしています」と、ご当地メニューを注文することを事前に話しており、6月6日に千葉県木更津市の「龍宮城スパホテル三日月」で行われた第1局で選んだのも、地元名物の「あさりカレー」だった。渡辺三冠は大の甘党一方の渡辺明三冠(37)。棋聖戦第2局の勝負めしに選んだのは、地元産の牛肉やタマネギを使用した「淡路島牛丼」と、地元の名産である手延べ麺「淡路島ぬーどる」だった。牛丼は、甘辛く煮た牛肉が、熱々のご飯の上に盛られている。ホテルニューアワジの朝食にも登場する人気メニュー。タイトル戦の経験が豊富な渡辺三冠は一昨年、挑戦者として同ホテルで戦った際にも注文した。ただし当時も、今回も紅ショウガ抜きを希望した。そして甘い物に目がないことでも知られる渡辺三冠。第1局の午前、第2局の午後のおやつにショートケーキを注文するなど、ショートケーキ率が高い。第2局の午前は、地元名物の「淡路島ロール」を選んだ。「ぴよりんアイス」急浮上棋聖戦と並行し、藤井棋聖が防衛戦を戦っている王位戦では、名古屋市の第1局の1日目(6月29日)で藤井棋聖が注文した「ぴよりんアイス」がインターネットやテレビで話題になった。「ぴよりん」は名古屋コーチンの卵を使ったプリンをババロアで包み、スポンジをまとったスイーツで、「ジェイアール東海フードサービス」が開発した。対局で出されたおやつは、7月1日のぴよりん生誕10周年を記念した「名古屋マリオットアソシアホテル」とのコラボ商品。中身はプリンではなくマンゴーソルベなどを使い、調理に3日かかるという。今月1日から8月末日までの期間限定で同ホテルで提供。担当者によると、問い合わせが相次ぎ、初日は30分で完売。タイトル戦のおやつは地域経済にも一役買っている。棋士の食事に注目が集まることについて藤井棋聖の師匠、杉本昌隆八段(52)は「盤上のことだけだと、ルールをあまり知らない方々にとっては楽しみ方に限界があります。将棋の別の部分が注目されることで、将棋そのものに関心を持ってもらえるかもしれません」と期待を寄せた。さらに「棋士と同じおやつをお子さんも食べることができるし、『藤井棋聖も食べたことだし、今晩はカレーにしよう』と家庭で盛り上がるかもしれませんよね」と話した。(中島高幸)
昨年はコロナ禍で、前期棋聖戦は地方での対局を行わなかったが、今期は再開。藤井棋聖は「地元のおいしい物を食べるのを楽しみにしています」と、ご当地メニューを注文することを事前に話しており、6月6日に千葉県木更津市の「龍宮城スパホテル三日月」で行われた第1局で選んだのも、地元名物の「あさりカレー」だった。渡辺三冠は大の甘党一方の渡辺明三冠(37)。棋聖戦第2局の勝負めしに選んだのは、地元産の牛肉やタマネギを使用した「淡路島牛丼」と、地元の名産である手延べ麺「淡路島ぬーどる」だった。牛丼は、甘辛く煮た牛肉が、熱々のご飯の上に盛られている。ホテルニューアワジの朝食にも登場する人気メニュー。タイトル戦の経験が豊富な渡辺三冠は一昨年、挑戦者として同ホテルで戦った際にも注文した。ただし当時も、今回も紅ショウガ抜きを希望した。そして甘い物に目がないことでも知られる渡辺三冠。第1局の午前、第2局の午後のおやつにショートケーキを注文するなど、ショートケーキ率が高い。第2局の午前は、地元名物の「淡路島ロール」を選んだ。「ぴよりんアイス」急浮上棋聖戦と並行し、藤井棋聖が防衛戦を戦っている王位戦では、名古屋市の第1局の1日目(6月29日)で藤井棋聖が注文した「ぴよりんアイス」がインターネットやテレビで話題になった。「ぴよりん」は名古屋コーチンの卵を使ったプリンをババロアで包み、スポンジをまとったスイーツで、「ジェイアール東海フードサービス」が開発した。対局で出されたおやつは、7月1日のぴよりん生誕10周年を記念した「名古屋マリオットアソシアホテル」とのコラボ商品。中身はプリンではなくマンゴーソルベなどを使い、調理に3日かかるという。今月1日から8月末日までの期間限定で同ホテルで提供。担当者によると、問い合わせが相次ぎ、初日は30分で完売。タイトル戦のおやつは地域経済にも一役買っている。棋士の食事に注目が集まることについて藤井棋聖の師匠、杉本昌隆八段(52)は「盤上のことだけだと、ルールをあまり知らない方々にとっては楽しみ方に限界があります。将棋の別の部分が注目されることで、将棋そのものに関心を持ってもらえるかもしれません」と期待を寄せた。さらに「棋士と同じおやつをお子さんも食べることができるし、『藤井棋聖も食べたことだし、今晩はカレーにしよう』と家庭で盛り上がるかもしれませんよね」と話した。(中島高幸)
渡辺三冠は大の甘党一方の渡辺明三冠(37)。棋聖戦第2局の勝負めしに選んだのは、地元産の牛肉やタマネギを使用した「淡路島牛丼」と、地元の名産である手延べ麺「淡路島ぬーどる」だった。牛丼は、甘辛く煮た牛肉が、熱々のご飯の上に盛られている。ホテルニューアワジの朝食にも登場する人気メニュー。タイトル戦の経験が豊富な渡辺三冠は一昨年、挑戦者として同ホテルで戦った際にも注文した。ただし当時も、今回も紅ショウガ抜きを希望した。そして甘い物に目がないことでも知られる渡辺三冠。第1局の午前、第2局の午後のおやつにショートケーキを注文するなど、ショートケーキ率が高い。第2局の午前は、地元名物の「淡路島ロール」を選んだ。「ぴよりんアイス」急浮上棋聖戦と並行し、藤井棋聖が防衛戦を戦っている王位戦では、名古屋市の第1局の1日目(6月29日)で藤井棋聖が注文した「ぴよりんアイス」がインターネットやテレビで話題になった。「ぴよりん」は名古屋コーチンの卵を使ったプリンをババロアで包み、スポンジをまとったスイーツで、「ジェイアール東海フードサービス」が開発した。対局で出されたおやつは、7月1日のぴよりん生誕10周年を記念した「名古屋マリオットアソシアホテル」とのコラボ商品。中身はプリンではなくマンゴーソルベなどを使い、調理に3日かかるという。今月1日から8月末日までの期間限定で同ホテルで提供。担当者によると、問い合わせが相次ぎ、初日は30分で完売。タイトル戦のおやつは地域経済にも一役買っている。棋士の食事に注目が集まることについて藤井棋聖の師匠、杉本昌隆八段(52)は「盤上のことだけだと、ルールをあまり知らない方々にとっては楽しみ方に限界があります。将棋の別の部分が注目されることで、将棋そのものに関心を持ってもらえるかもしれません」と期待を寄せた。さらに「棋士と同じおやつをお子さんも食べることができるし、『藤井棋聖も食べたことだし、今晩はカレーにしよう』と家庭で盛り上がるかもしれませんよね」と話した。(中島高幸)
一方の渡辺明三冠(37)。棋聖戦第2局の勝負めしに選んだのは、地元産の牛肉やタマネギを使用した「淡路島牛丼」と、地元の名産である手延べ麺「淡路島ぬーどる」だった。牛丼は、甘辛く煮た牛肉が、熱々のご飯の上に盛られている。ホテルニューアワジの朝食にも登場する人気メニュー。タイトル戦の経験が豊富な渡辺三冠は一昨年、挑戦者として同ホテルで戦った際にも注文した。ただし当時も、今回も紅ショウガ抜きを希望した。そして甘い物に目がないことでも知られる渡辺三冠。第1局の午前、第2局の午後のおやつにショートケーキを注文するなど、ショートケーキ率が高い。第2局の午前は、地元名物の「淡路島ロール」を選んだ。「ぴよりんアイス」急浮上棋聖戦と並行し、藤井棋聖が防衛戦を戦っている王位戦では、名古屋市の第1局の1日目(6月29日)で藤井棋聖が注文した「ぴよりんアイス」がインターネットやテレビで話題になった。「ぴよりん」は名古屋コーチンの卵を使ったプリンをババロアで包み、スポンジをまとったスイーツで、「ジェイアール東海フードサービス」が開発した。対局で出されたおやつは、7月1日のぴよりん生誕10周年を記念した「名古屋マリオットアソシアホテル」とのコラボ商品。中身はプリンではなくマンゴーソルベなどを使い、調理に3日かかるという。今月1日から8月末日までの期間限定で同ホテルで提供。担当者によると、問い合わせが相次ぎ、初日は30分で完売。タイトル戦のおやつは地域経済にも一役買っている。棋士の食事に注目が集まることについて藤井棋聖の師匠、杉本昌隆八段(52)は「盤上のことだけだと、ルールをあまり知らない方々にとっては楽しみ方に限界があります。将棋の別の部分が注目されることで、将棋そのものに関心を持ってもらえるかもしれません」と期待を寄せた。さらに「棋士と同じおやつをお子さんも食べることができるし、『藤井棋聖も食べたことだし、今晩はカレーにしよう』と家庭で盛り上がるかもしれませんよね」と話した。(中島高幸)
牛丼は、甘辛く煮た牛肉が、熱々のご飯の上に盛られている。ホテルニューアワジの朝食にも登場する人気メニュー。タイトル戦の経験が豊富な渡辺三冠は一昨年、挑戦者として同ホテルで戦った際にも注文した。ただし当時も、今回も紅ショウガ抜きを希望した。そして甘い物に目がないことでも知られる渡辺三冠。第1局の午前、第2局の午後のおやつにショートケーキを注文するなど、ショートケーキ率が高い。第2局の午前は、地元名物の「淡路島ロール」を選んだ。「ぴよりんアイス」急浮上棋聖戦と並行し、藤井棋聖が防衛戦を戦っている王位戦では、名古屋市の第1局の1日目(6月29日)で藤井棋聖が注文した「ぴよりんアイス」がインターネットやテレビで話題になった。「ぴよりん」は名古屋コーチンの卵を使ったプリンをババロアで包み、スポンジをまとったスイーツで、「ジェイアール東海フードサービス」が開発した。対局で出されたおやつは、7月1日のぴよりん生誕10周年を記念した「名古屋マリオットアソシアホテル」とのコラボ商品。中身はプリンではなくマンゴーソルベなどを使い、調理に3日かかるという。今月1日から8月末日までの期間限定で同ホテルで提供。担当者によると、問い合わせが相次ぎ、初日は30分で完売。タイトル戦のおやつは地域経済にも一役買っている。棋士の食事に注目が集まることについて藤井棋聖の師匠、杉本昌隆八段(52)は「盤上のことだけだと、ルールをあまり知らない方々にとっては楽しみ方に限界があります。将棋の別の部分が注目されることで、将棋そのものに関心を持ってもらえるかもしれません」と期待を寄せた。さらに「棋士と同じおやつをお子さんも食べることができるし、『藤井棋聖も食べたことだし、今晩はカレーにしよう』と家庭で盛り上がるかもしれませんよね」と話した。(中島高幸)
そして甘い物に目がないことでも知られる渡辺三冠。第1局の午前、第2局の午後のおやつにショートケーキを注文するなど、ショートケーキ率が高い。第2局の午前は、地元名物の「淡路島ロール」を選んだ。「ぴよりんアイス」急浮上棋聖戦と並行し、藤井棋聖が防衛戦を戦っている王位戦では、名古屋市の第1局の1日目(6月29日)で藤井棋聖が注文した「ぴよりんアイス」がインターネットやテレビで話題になった。「ぴよりん」は名古屋コーチンの卵を使ったプリンをババロアで包み、スポンジをまとったスイーツで、「ジェイアール東海フードサービス」が開発した。対局で出されたおやつは、7月1日のぴよりん生誕10周年を記念した「名古屋マリオットアソシアホテル」とのコラボ商品。中身はプリンではなくマンゴーソルベなどを使い、調理に3日かかるという。今月1日から8月末日までの期間限定で同ホテルで提供。担当者によると、問い合わせが相次ぎ、初日は30分で完売。タイトル戦のおやつは地域経済にも一役買っている。棋士の食事に注目が集まることについて藤井棋聖の師匠、杉本昌隆八段(52)は「盤上のことだけだと、ルールをあまり知らない方々にとっては楽しみ方に限界があります。将棋の別の部分が注目されることで、将棋そのものに関心を持ってもらえるかもしれません」と期待を寄せた。さらに「棋士と同じおやつをお子さんも食べることができるし、『藤井棋聖も食べたことだし、今晩はカレーにしよう』と家庭で盛り上がるかもしれませんよね」と話した。(中島高幸)
「ぴよりんアイス」急浮上棋聖戦と並行し、藤井棋聖が防衛戦を戦っている王位戦では、名古屋市の第1局の1日目(6月29日)で藤井棋聖が注文した「ぴよりんアイス」がインターネットやテレビで話題になった。「ぴよりん」は名古屋コーチンの卵を使ったプリンをババロアで包み、スポンジをまとったスイーツで、「ジェイアール東海フードサービス」が開発した。対局で出されたおやつは、7月1日のぴよりん生誕10周年を記念した「名古屋マリオットアソシアホテル」とのコラボ商品。中身はプリンではなくマンゴーソルベなどを使い、調理に3日かかるという。今月1日から8月末日までの期間限定で同ホテルで提供。担当者によると、問い合わせが相次ぎ、初日は30分で完売。タイトル戦のおやつは地域経済にも一役買っている。棋士の食事に注目が集まることについて藤井棋聖の師匠、杉本昌隆八段(52)は「盤上のことだけだと、ルールをあまり知らない方々にとっては楽しみ方に限界があります。将棋の別の部分が注目されることで、将棋そのものに関心を持ってもらえるかもしれません」と期待を寄せた。さらに「棋士と同じおやつをお子さんも食べることができるし、『藤井棋聖も食べたことだし、今晩はカレーにしよう』と家庭で盛り上がるかもしれませんよね」と話した。(中島高幸)
棋聖戦と並行し、藤井棋聖が防衛戦を戦っている王位戦では、名古屋市の第1局の1日目(6月29日)で藤井棋聖が注文した「ぴよりんアイス」がインターネットやテレビで話題になった。「ぴよりん」は名古屋コーチンの卵を使ったプリンをババロアで包み、スポンジをまとったスイーツで、「ジェイアール東海フードサービス」が開発した。対局で出されたおやつは、7月1日のぴよりん生誕10周年を記念した「名古屋マリオットアソシアホテル」とのコラボ商品。中身はプリンではなくマンゴーソルベなどを使い、調理に3日かかるという。今月1日から8月末日までの期間限定で同ホテルで提供。担当者によると、問い合わせが相次ぎ、初日は30分で完売。タイトル戦のおやつは地域経済にも一役買っている。棋士の食事に注目が集まることについて藤井棋聖の師匠、杉本昌隆八段(52)は「盤上のことだけだと、ルールをあまり知らない方々にとっては楽しみ方に限界があります。将棋の別の部分が注目されることで、将棋そのものに関心を持ってもらえるかもしれません」と期待を寄せた。さらに「棋士と同じおやつをお子さんも食べることができるし、『藤井棋聖も食べたことだし、今晩はカレーにしよう』と家庭で盛り上がるかもしれませんよね」と話した。(中島高幸)
「ぴよりん」は名古屋コーチンの卵を使ったプリンをババロアで包み、スポンジをまとったスイーツで、「ジェイアール東海フードサービス」が開発した。対局で出されたおやつは、7月1日のぴよりん生誕10周年を記念した「名古屋マリオットアソシアホテル」とのコラボ商品。中身はプリンではなくマンゴーソルベなどを使い、調理に3日かかるという。今月1日から8月末日までの期間限定で同ホテルで提供。担当者によると、問い合わせが相次ぎ、初日は30分で完売。タイトル戦のおやつは地域経済にも一役買っている。棋士の食事に注目が集まることについて藤井棋聖の師匠、杉本昌隆八段(52)は「盤上のことだけだと、ルールをあまり知らない方々にとっては楽しみ方に限界があります。将棋の別の部分が注目されることで、将棋そのものに関心を持ってもらえるかもしれません」と期待を寄せた。さらに「棋士と同じおやつをお子さんも食べることができるし、『藤井棋聖も食べたことだし、今晩はカレーにしよう』と家庭で盛り上がるかもしれませんよね」と話した。(中島高幸)
今月1日から8月末日までの期間限定で同ホテルで提供。担当者によると、問い合わせが相次ぎ、初日は30分で完売。タイトル戦のおやつは地域経済にも一役買っている。棋士の食事に注目が集まることについて藤井棋聖の師匠、杉本昌隆八段(52)は「盤上のことだけだと、ルールをあまり知らない方々にとっては楽しみ方に限界があります。将棋の別の部分が注目されることで、将棋そのものに関心を持ってもらえるかもしれません」と期待を寄せた。さらに「棋士と同じおやつをお子さんも食べることができるし、『藤井棋聖も食べたことだし、今晩はカレーにしよう』と家庭で盛り上がるかもしれませんよね」と話した。(中島高幸)
棋士の食事に注目が集まることについて藤井棋聖の師匠、杉本昌隆八段(52)は「盤上のことだけだと、ルールをあまり知らない方々にとっては楽しみ方に限界があります。将棋の別の部分が注目されることで、将棋そのものに関心を持ってもらえるかもしれません」と期待を寄せた。さらに「棋士と同じおやつをお子さんも食べることができるし、『藤井棋聖も食べたことだし、今晩はカレーにしよう』と家庭で盛り上がるかもしれませんよね」と話した。(中島高幸)
さらに「棋士と同じおやつをお子さんも食べることができるし、『藤井棋聖も食べたことだし、今晩はカレーにしよう』と家庭で盛り上がるかもしれませんよね」と話した。(中島高幸)