「今日死ぬか」「ええよ」のやりとりで妻殺害、執行猶予判決…裁判官「長く尽くした」

介護していた妻(当時80歳)の承諾を得て、殺害したとして承諾殺人罪に問われた広島市安佐北区、無職村武哲也被告(72)に対し、広島地裁は2日、懲役3年、執行猶予4年(求刑・懲役3年)の有罪判決を言い渡した。
水越壮夫裁判官は、がんの闘病生活を送りながら老老介護を続け、心身が疲弊した状態だったとし、「酌むべき点があり、強く非難することは出来ない」と述べた。
水越裁判官は判決言い渡し後、村武被告に「これまで長いこと尽くしてこられた。自分を第一に、体を大事に、心穏やかにと願っています」と言葉をかけた。車いすで入廷した村武被告は「ありがとうございます」と頭を下げた。
判決によると、村武被告は4月30日朝、自宅で妻の 亥聖子 ( いせこ )さんの承諾を得て、マフラーで首を絞めて窒息死させた。
2人は1972年に結婚し、共に暮らしていたが、村武被告は2013年頃から、直腸がんや胃がんを患って、闘病を続けていた。
亥聖子さんは15年頃、脳 梗塞 ( こうそく )になり、左半身がまひし、体が不自由になった。村武被告が介護していたが、亥聖子さんは衰弱し、精神的に落ち込み、「死にたい」と漏らすようになった。
村武被告は介護の負担が増し、体力的・精神的に限界を感じ、心中を決めた。 事件当日、村武被告が「今日死ぬか」と尋ねると、亥聖子さんはすぐに「ええよ」と答え、村武被告はマフラーで亥聖子さんの首を絞めた。直後、カッターナイフで手首を切り、自殺を図ったが、失敗。その後、逮捕された。 先月24日の初公判では、村武被告は起訴事実を認め、「一緒に逝けなくてごめん」と亡くなった亥聖子さんに対し、謝罪していた。 水越裁判官は判決で、「殺害は許されない」とした一方、介護支援専門員から施設への入所の提案がありながら、村武被告が在宅介護を続けたことに、「結果として犯行に至ったことは悔やまれるが、妻の面倒を最後まで見てやりたいとの思いからだった」と指摘。更に、事件の経緯や動機について、「酌むべき点が多分にある」と執行猶予の理由を述べた。(豆塚円香)
事件当日、村武被告が「今日死ぬか」と尋ねると、亥聖子さんはすぐに「ええよ」と答え、村武被告はマフラーで亥聖子さんの首を絞めた。直後、カッターナイフで手首を切り、自殺を図ったが、失敗。その後、逮捕された。 先月24日の初公判では、村武被告は起訴事実を認め、「一緒に逝けなくてごめん」と亡くなった亥聖子さんに対し、謝罪していた。 水越裁判官は判決で、「殺害は許されない」とした一方、介護支援専門員から施設への入所の提案がありながら、村武被告が在宅介護を続けたことに、「結果として犯行に至ったことは悔やまれるが、妻の面倒を最後まで見てやりたいとの思いからだった」と指摘。更に、事件の経緯や動機について、「酌むべき点が多分にある」と執行猶予の理由を述べた。(豆塚円香)
先月24日の初公判では、村武被告は起訴事実を認め、「一緒に逝けなくてごめん」と亡くなった亥聖子さんに対し、謝罪していた。 水越裁判官は判決で、「殺害は許されない」とした一方、介護支援専門員から施設への入所の提案がありながら、村武被告が在宅介護を続けたことに、「結果として犯行に至ったことは悔やまれるが、妻の面倒を最後まで見てやりたいとの思いからだった」と指摘。更に、事件の経緯や動機について、「酌むべき点が多分にある」と執行猶予の理由を述べた。(豆塚円香)
水越裁判官は判決で、「殺害は許されない」とした一方、介護支援専門員から施設への入所の提案がありながら、村武被告が在宅介護を続けたことに、「結果として犯行に至ったことは悔やまれるが、妻の面倒を最後まで見てやりたいとの思いからだった」と指摘。更に、事件の経緯や動機について、「酌むべき点が多分にある」と執行猶予の理由を述べた。(豆塚円香)