470円支払わず“無銭入浴”「忘れ物をしただけ」自転車で逃亡 東京・大田区

先月29日、東京・大田区の銭湯で無銭入浴する男の姿を防犯カメラが捉えた。

正午すぎ、受付前に2人の客が並んだその直後、白いTシャツにハーフパンツの男が現れた。男は470円の入浴券を買うそぶりも見せず、受付の脇を素通りし、入店していく。
【映像】平然と受付を素通りする“無銭入浴男”(4分20秒ごろ~)
受付のスタッフは「いま人が通った気がするなと思って、防犯カメラの映像を見たら、男性が一人お金を払わずに男湯の方へ入っていった」といい、警察に電話で通報。
男が再び映像に現れたのはおよそ14分後、2階の休憩室だった。すでに入浴を済ませたのか、しばらくテレビを見ていたかと思うと、その後、男は1階に下りていく。そして受付の横を通り、平然と店の外に出て行った。
まだ警察は到着していなかったため、店のスタッフが男を追いかける。しかし、道路まで追いかけて「ちょっと待って下さい」と言ったスタッフに、男は「忘れ物をしただけ」と叫び、自転車で走り去ってしまった。銭湯では被害届を提出し、警視庁が詐欺の疑いで捜査している。