イヤホンは便座の20倍汚い? 密閉空間となった耳の中で細菌増殖の不安

「耳の中がぐじゅぐじゅして水が出てきた」「夜も眠れないほど耳が痒い」──最近、こんな症状を訴えて耳鼻咽喉科を訪れる人が急増しているという。その原因は、誰もが日常的に使用している“アレ”の汚れにあった。耳鼻咽喉科いのうえクリニックの井上泰宏院長が指摘する。
【画像】イヤホンから検出される可能性のある黄色ブドウ球菌(顕微鏡画像)
「耳の痛みや痒みを訴えて来院する人が例年の1.5倍ほどに増えています。患者の年齢層は幅広く、高齢者も多くいます」
耳トラブル激増の“犯人”と疑われるのは「イヤホン」だという。昔ながらの小型ラジオをイヤホンで愛聴する高齢者は多く、そのうえリモートワークが主流になり、イヤホンを着けて仕事をする人が増加した。
すっかり生活必需品となったイヤホンだが、同時に耳の病気になるリスクが増しているのだ。
「イヤホンをしていると耳の中の換気が悪くなり、耳の入り口から鼓膜までの通り道である『外耳道』がジメジメとして、カビなどが増殖しやすい状態になる。当然、イヤホンにも細菌やカビが付着します。そのような環境のもと、イヤホンで耳の穴がこすれたりして外耳道に傷がつくと皮膚が炎症を起こし、そこに細菌やカビが侵入して『外耳炎』や『外耳道真菌症』になる怖れがあります」(井上院長)
イヤホンを外したついでに耳の中に指を突っ込んで掻いてしまった人は少なくないだろう。そうした行為で症状が悪化するケースが増えているという。鼓膜に穴が空くことも 外耳道真菌症が進行すると、思わぬ重症になりかねない。「患部から出る膿で耳の中が湿気を帯びると、細菌がさらに増殖し、眠れないほどの痒みや痛みに襲われるケースがあります。最悪の場合はカビによる炎症が進行して、鼓膜に穴が空いてしまうこともあります」(同前) 四国大学生活科学部の岡崎貴世教授は、2017年に身近なデジタルデバイスの衛生状態を調べた。 調査ではパソコンのキーボードやスマホ画面、マウスなどの表面に付着する細菌を生理食塩水で湿らせた綿棒でふき取り、培養させたうえで菌数を測定した。その結果、細菌が最も多かったのはイヤホンだった。「イヤホンから検出された細菌は左右2個で計2万4000個で、参考までに計測した洋式便座の100平方センチメートルあたりの約20倍に達しました。2位のキーボードの7倍もあり、イヤホンに想像以上の細菌が付着していたことに驚きました」(岡崎教授) とりわけイヤホンで細菌が増殖しやすい理由について、岡崎教授が解説する。「イヤホンを着けると耳栓をした状態になります。密閉空間となった耳の中は暖かく、湿気を帯びていて、耳垢や皮脂などの栄養分に囲まれている。このような環境は、細菌の増殖に最適となってしまうのです」(同前)イヤホンを通じて食中毒のリスク「雑菌イヤホン」が引き起こすのは、耳に関連する病気だけではない。「耳の中には『黄色ブドウ球菌』という細菌が存在する場合がある。この菌は食品に入ると強い毒素を作り出す性質があり、イヤホンを通じて手指に付着し、その状態で食品に触れてしまうと食中毒を起こすリスクがあります」(同前) 特に梅雨時は湿気が多く細菌が繁殖しやすくなるため要注意だ。イヤホンによる病気を未然に防ぐためには、どうすればよいのだろうか。前出・井上院長が指摘する。「長時間の使用はできるだけ避け、一度使ったらアルコール除菌ティッシュなどでイヤホンの表面をふき取る。先端のゴムの部分を取り外せるタイプなら、歯間ブラシなどを利用して掃除します。使用後はポケットやカバンに直接入れず、ケースに入れて保管しましょう。とにかく耳に接する部分を清潔にすることを心がけてください」 岡崎教授もこう注意を呼びかける。「イヤホンに触れた手も細菌まみれです。無頓着な方が多いですが、料理中にイヤホンを触るのは避け、イヤホンを使用したらできるだけ手洗いすることを習慣にしてほしいですね」 耳に留めておかなければ。※週刊ポスト2021年7月9日号
外耳道真菌症が進行すると、思わぬ重症になりかねない。「患部から出る膿で耳の中が湿気を帯びると、細菌がさらに増殖し、眠れないほどの痒みや痛みに襲われるケースがあります。最悪の場合はカビによる炎症が進行して、鼓膜に穴が空いてしまうこともあります」(同前) 四国大学生活科学部の岡崎貴世教授は、2017年に身近なデジタルデバイスの衛生状態を調べた。 調査ではパソコンのキーボードやスマホ画面、マウスなどの表面に付着する細菌を生理食塩水で湿らせた綿棒でふき取り、培養させたうえで菌数を測定した。その結果、細菌が最も多かったのはイヤホンだった。「イヤホンから検出された細菌は左右2個で計2万4000個で、参考までに計測した洋式便座の100平方センチメートルあたりの約20倍に達しました。2位のキーボードの7倍もあり、イヤホンに想像以上の細菌が付着していたことに驚きました」(岡崎教授) とりわけイヤホンで細菌が増殖しやすい理由について、岡崎教授が解説する。「イヤホンを着けると耳栓をした状態になります。密閉空間となった耳の中は暖かく、湿気を帯びていて、耳垢や皮脂などの栄養分に囲まれている。このような環境は、細菌の増殖に最適となってしまうのです」(同前)イヤホンを通じて食中毒のリスク「雑菌イヤホン」が引き起こすのは、耳に関連する病気だけではない。「耳の中には『黄色ブドウ球菌』という細菌が存在する場合がある。この菌は食品に入ると強い毒素を作り出す性質があり、イヤホンを通じて手指に付着し、その状態で食品に触れてしまうと食中毒を起こすリスクがあります」(同前) 特に梅雨時は湿気が多く細菌が繁殖しやすくなるため要注意だ。イヤホンによる病気を未然に防ぐためには、どうすればよいのだろうか。前出・井上院長が指摘する。「長時間の使用はできるだけ避け、一度使ったらアルコール除菌ティッシュなどでイヤホンの表面をふき取る。先端のゴムの部分を取り外せるタイプなら、歯間ブラシなどを利用して掃除します。使用後はポケットやカバンに直接入れず、ケースに入れて保管しましょう。とにかく耳に接する部分を清潔にすることを心がけてください」 岡崎教授もこう注意を呼びかける。「イヤホンに触れた手も細菌まみれです。無頓着な方が多いですが、料理中にイヤホンを触るのは避け、イヤホンを使用したらできるだけ手洗いすることを習慣にしてほしいですね」 耳に留めておかなければ。※週刊ポスト2021年7月9日号
「患部から出る膿で耳の中が湿気を帯びると、細菌がさらに増殖し、眠れないほどの痒みや痛みに襲われるケースがあります。最悪の場合はカビによる炎症が進行して、鼓膜に穴が空いてしまうこともあります」(同前) 四国大学生活科学部の岡崎貴世教授は、2017年に身近なデジタルデバイスの衛生状態を調べた。 調査ではパソコンのキーボードやスマホ画面、マウスなどの表面に付着する細菌を生理食塩水で湿らせた綿棒でふき取り、培養させたうえで菌数を測定した。その結果、細菌が最も多かったのはイヤホンだった。「イヤホンから検出された細菌は左右2個で計2万4000個で、参考までに計測した洋式便座の100平方センチメートルあたりの約20倍に達しました。2位のキーボードの7倍もあり、イヤホンに想像以上の細菌が付着していたことに驚きました」(岡崎教授) とりわけイヤホンで細菌が増殖しやすい理由について、岡崎教授が解説する。「イヤホンを着けると耳栓をした状態になります。密閉空間となった耳の中は暖かく、湿気を帯びていて、耳垢や皮脂などの栄養分に囲まれている。このような環境は、細菌の増殖に最適となってしまうのです」(同前)イヤホンを通じて食中毒のリスク「雑菌イヤホン」が引き起こすのは、耳に関連する病気だけではない。「耳の中には『黄色ブドウ球菌』という細菌が存在する場合がある。この菌は食品に入ると強い毒素を作り出す性質があり、イヤホンを通じて手指に付着し、その状態で食品に触れてしまうと食中毒を起こすリスクがあります」(同前) 特に梅雨時は湿気が多く細菌が繁殖しやすくなるため要注意だ。イヤホンによる病気を未然に防ぐためには、どうすればよいのだろうか。前出・井上院長が指摘する。「長時間の使用はできるだけ避け、一度使ったらアルコール除菌ティッシュなどでイヤホンの表面をふき取る。先端のゴムの部分を取り外せるタイプなら、歯間ブラシなどを利用して掃除します。使用後はポケットやカバンに直接入れず、ケースに入れて保管しましょう。とにかく耳に接する部分を清潔にすることを心がけてください」 岡崎教授もこう注意を呼びかける。「イヤホンに触れた手も細菌まみれです。無頓着な方が多いですが、料理中にイヤホンを触るのは避け、イヤホンを使用したらできるだけ手洗いすることを習慣にしてほしいですね」 耳に留めておかなければ。※週刊ポスト2021年7月9日号
四国大学生活科学部の岡崎貴世教授は、2017年に身近なデジタルデバイスの衛生状態を調べた。 調査ではパソコンのキーボードやスマホ画面、マウスなどの表面に付着する細菌を生理食塩水で湿らせた綿棒でふき取り、培養させたうえで菌数を測定した。その結果、細菌が最も多かったのはイヤホンだった。「イヤホンから検出された細菌は左右2個で計2万4000個で、参考までに計測した洋式便座の100平方センチメートルあたりの約20倍に達しました。2位のキーボードの7倍もあり、イヤホンに想像以上の細菌が付着していたことに驚きました」(岡崎教授) とりわけイヤホンで細菌が増殖しやすい理由について、岡崎教授が解説する。「イヤホンを着けると耳栓をした状態になります。密閉空間となった耳の中は暖かく、湿気を帯びていて、耳垢や皮脂などの栄養分に囲まれている。このような環境は、細菌の増殖に最適となってしまうのです」(同前)イヤホンを通じて食中毒のリスク「雑菌イヤホン」が引き起こすのは、耳に関連する病気だけではない。「耳の中には『黄色ブドウ球菌』という細菌が存在する場合がある。この菌は食品に入ると強い毒素を作り出す性質があり、イヤホンを通じて手指に付着し、その状態で食品に触れてしまうと食中毒を起こすリスクがあります」(同前) 特に梅雨時は湿気が多く細菌が繁殖しやすくなるため要注意だ。イヤホンによる病気を未然に防ぐためには、どうすればよいのだろうか。前出・井上院長が指摘する。「長時間の使用はできるだけ避け、一度使ったらアルコール除菌ティッシュなどでイヤホンの表面をふき取る。先端のゴムの部分を取り外せるタイプなら、歯間ブラシなどを利用して掃除します。使用後はポケットやカバンに直接入れず、ケースに入れて保管しましょう。とにかく耳に接する部分を清潔にすることを心がけてください」 岡崎教授もこう注意を呼びかける。「イヤホンに触れた手も細菌まみれです。無頓着な方が多いですが、料理中にイヤホンを触るのは避け、イヤホンを使用したらできるだけ手洗いすることを習慣にしてほしいですね」 耳に留めておかなければ。※週刊ポスト2021年7月9日号
調査ではパソコンのキーボードやスマホ画面、マウスなどの表面に付着する細菌を生理食塩水で湿らせた綿棒でふき取り、培養させたうえで菌数を測定した。その結果、細菌が最も多かったのはイヤホンだった。「イヤホンから検出された細菌は左右2個で計2万4000個で、参考までに計測した洋式便座の100平方センチメートルあたりの約20倍に達しました。2位のキーボードの7倍もあり、イヤホンに想像以上の細菌が付着していたことに驚きました」(岡崎教授) とりわけイヤホンで細菌が増殖しやすい理由について、岡崎教授が解説する。「イヤホンを着けると耳栓をした状態になります。密閉空間となった耳の中は暖かく、湿気を帯びていて、耳垢や皮脂などの栄養分に囲まれている。このような環境は、細菌の増殖に最適となってしまうのです」(同前)イヤホンを通じて食中毒のリスク「雑菌イヤホン」が引き起こすのは、耳に関連する病気だけではない。「耳の中には『黄色ブドウ球菌』という細菌が存在する場合がある。この菌は食品に入ると強い毒素を作り出す性質があり、イヤホンを通じて手指に付着し、その状態で食品に触れてしまうと食中毒を起こすリスクがあります」(同前) 特に梅雨時は湿気が多く細菌が繁殖しやすくなるため要注意だ。イヤホンによる病気を未然に防ぐためには、どうすればよいのだろうか。前出・井上院長が指摘する。「長時間の使用はできるだけ避け、一度使ったらアルコール除菌ティッシュなどでイヤホンの表面をふき取る。先端のゴムの部分を取り外せるタイプなら、歯間ブラシなどを利用して掃除します。使用後はポケットやカバンに直接入れず、ケースに入れて保管しましょう。とにかく耳に接する部分を清潔にすることを心がけてください」 岡崎教授もこう注意を呼びかける。「イヤホンに触れた手も細菌まみれです。無頓着な方が多いですが、料理中にイヤホンを触るのは避け、イヤホンを使用したらできるだけ手洗いすることを習慣にしてほしいですね」 耳に留めておかなければ。※週刊ポスト2021年7月9日号
「イヤホンから検出された細菌は左右2個で計2万4000個で、参考までに計測した洋式便座の100平方センチメートルあたりの約20倍に達しました。2位のキーボードの7倍もあり、イヤホンに想像以上の細菌が付着していたことに驚きました」(岡崎教授) とりわけイヤホンで細菌が増殖しやすい理由について、岡崎教授が解説する。「イヤホンを着けると耳栓をした状態になります。密閉空間となった耳の中は暖かく、湿気を帯びていて、耳垢や皮脂などの栄養分に囲まれている。このような環境は、細菌の増殖に最適となってしまうのです」(同前)イヤホンを通じて食中毒のリスク「雑菌イヤホン」が引き起こすのは、耳に関連する病気だけではない。「耳の中には『黄色ブドウ球菌』という細菌が存在する場合がある。この菌は食品に入ると強い毒素を作り出す性質があり、イヤホンを通じて手指に付着し、その状態で食品に触れてしまうと食中毒を起こすリスクがあります」(同前) 特に梅雨時は湿気が多く細菌が繁殖しやすくなるため要注意だ。イヤホンによる病気を未然に防ぐためには、どうすればよいのだろうか。前出・井上院長が指摘する。「長時間の使用はできるだけ避け、一度使ったらアルコール除菌ティッシュなどでイヤホンの表面をふき取る。先端のゴムの部分を取り外せるタイプなら、歯間ブラシなどを利用して掃除します。使用後はポケットやカバンに直接入れず、ケースに入れて保管しましょう。とにかく耳に接する部分を清潔にすることを心がけてください」 岡崎教授もこう注意を呼びかける。「イヤホンに触れた手も細菌まみれです。無頓着な方が多いですが、料理中にイヤホンを触るのは避け、イヤホンを使用したらできるだけ手洗いすることを習慣にしてほしいですね」 耳に留めておかなければ。※週刊ポスト2021年7月9日号
とりわけイヤホンで細菌が増殖しやすい理由について、岡崎教授が解説する。「イヤホンを着けると耳栓をした状態になります。密閉空間となった耳の中は暖かく、湿気を帯びていて、耳垢や皮脂などの栄養分に囲まれている。このような環境は、細菌の増殖に最適となってしまうのです」(同前)イヤホンを通じて食中毒のリスク「雑菌イヤホン」が引き起こすのは、耳に関連する病気だけではない。「耳の中には『黄色ブドウ球菌』という細菌が存在する場合がある。この菌は食品に入ると強い毒素を作り出す性質があり、イヤホンを通じて手指に付着し、その状態で食品に触れてしまうと食中毒を起こすリスクがあります」(同前) 特に梅雨時は湿気が多く細菌が繁殖しやすくなるため要注意だ。イヤホンによる病気を未然に防ぐためには、どうすればよいのだろうか。前出・井上院長が指摘する。「長時間の使用はできるだけ避け、一度使ったらアルコール除菌ティッシュなどでイヤホンの表面をふき取る。先端のゴムの部分を取り外せるタイプなら、歯間ブラシなどを利用して掃除します。使用後はポケットやカバンに直接入れず、ケースに入れて保管しましょう。とにかく耳に接する部分を清潔にすることを心がけてください」 岡崎教授もこう注意を呼びかける。「イヤホンに触れた手も細菌まみれです。無頓着な方が多いですが、料理中にイヤホンを触るのは避け、イヤホンを使用したらできるだけ手洗いすることを習慣にしてほしいですね」 耳に留めておかなければ。※週刊ポスト2021年7月9日号
「イヤホンを着けると耳栓をした状態になります。密閉空間となった耳の中は暖かく、湿気を帯びていて、耳垢や皮脂などの栄養分に囲まれている。このような環境は、細菌の増殖に最適となってしまうのです」(同前)イヤホンを通じて食中毒のリスク「雑菌イヤホン」が引き起こすのは、耳に関連する病気だけではない。「耳の中には『黄色ブドウ球菌』という細菌が存在する場合がある。この菌は食品に入ると強い毒素を作り出す性質があり、イヤホンを通じて手指に付着し、その状態で食品に触れてしまうと食中毒を起こすリスクがあります」(同前) 特に梅雨時は湿気が多く細菌が繁殖しやすくなるため要注意だ。イヤホンによる病気を未然に防ぐためには、どうすればよいのだろうか。前出・井上院長が指摘する。「長時間の使用はできるだけ避け、一度使ったらアルコール除菌ティッシュなどでイヤホンの表面をふき取る。先端のゴムの部分を取り外せるタイプなら、歯間ブラシなどを利用して掃除します。使用後はポケットやカバンに直接入れず、ケースに入れて保管しましょう。とにかく耳に接する部分を清潔にすることを心がけてください」 岡崎教授もこう注意を呼びかける。「イヤホンに触れた手も細菌まみれです。無頓着な方が多いですが、料理中にイヤホンを触るのは避け、イヤホンを使用したらできるだけ手洗いすることを習慣にしてほしいですね」 耳に留めておかなければ。※週刊ポスト2021年7月9日号
「雑菌イヤホン」が引き起こすのは、耳に関連する病気だけではない。「耳の中には『黄色ブドウ球菌』という細菌が存在する場合がある。この菌は食品に入ると強い毒素を作り出す性質があり、イヤホンを通じて手指に付着し、その状態で食品に触れてしまうと食中毒を起こすリスクがあります」(同前) 特に梅雨時は湿気が多く細菌が繁殖しやすくなるため要注意だ。イヤホンによる病気を未然に防ぐためには、どうすればよいのだろうか。前出・井上院長が指摘する。「長時間の使用はできるだけ避け、一度使ったらアルコール除菌ティッシュなどでイヤホンの表面をふき取る。先端のゴムの部分を取り外せるタイプなら、歯間ブラシなどを利用して掃除します。使用後はポケットやカバンに直接入れず、ケースに入れて保管しましょう。とにかく耳に接する部分を清潔にすることを心がけてください」 岡崎教授もこう注意を呼びかける。「イヤホンに触れた手も細菌まみれです。無頓着な方が多いですが、料理中にイヤホンを触るのは避け、イヤホンを使用したらできるだけ手洗いすることを習慣にしてほしいですね」 耳に留めておかなければ。※週刊ポスト2021年7月9日号
「耳の中には『黄色ブドウ球菌』という細菌が存在する場合がある。この菌は食品に入ると強い毒素を作り出す性質があり、イヤホンを通じて手指に付着し、その状態で食品に触れてしまうと食中毒を起こすリスクがあります」(同前) 特に梅雨時は湿気が多く細菌が繁殖しやすくなるため要注意だ。イヤホンによる病気を未然に防ぐためには、どうすればよいのだろうか。前出・井上院長が指摘する。「長時間の使用はできるだけ避け、一度使ったらアルコール除菌ティッシュなどでイヤホンの表面をふき取る。先端のゴムの部分を取り外せるタイプなら、歯間ブラシなどを利用して掃除します。使用後はポケットやカバンに直接入れず、ケースに入れて保管しましょう。とにかく耳に接する部分を清潔にすることを心がけてください」 岡崎教授もこう注意を呼びかける。「イヤホンに触れた手も細菌まみれです。無頓着な方が多いですが、料理中にイヤホンを触るのは避け、イヤホンを使用したらできるだけ手洗いすることを習慣にしてほしいですね」 耳に留めておかなければ。※週刊ポスト2021年7月9日号
特に梅雨時は湿気が多く細菌が繁殖しやすくなるため要注意だ。イヤホンによる病気を未然に防ぐためには、どうすればよいのだろうか。前出・井上院長が指摘する。「長時間の使用はできるだけ避け、一度使ったらアルコール除菌ティッシュなどでイヤホンの表面をふき取る。先端のゴムの部分を取り外せるタイプなら、歯間ブラシなどを利用して掃除します。使用後はポケットやカバンに直接入れず、ケースに入れて保管しましょう。とにかく耳に接する部分を清潔にすることを心がけてください」 岡崎教授もこう注意を呼びかける。「イヤホンに触れた手も細菌まみれです。無頓着な方が多いですが、料理中にイヤホンを触るのは避け、イヤホンを使用したらできるだけ手洗いすることを習慣にしてほしいですね」 耳に留めておかなければ。※週刊ポスト2021年7月9日号
「長時間の使用はできるだけ避け、一度使ったらアルコール除菌ティッシュなどでイヤホンの表面をふき取る。先端のゴムの部分を取り外せるタイプなら、歯間ブラシなどを利用して掃除します。使用後はポケットやカバンに直接入れず、ケースに入れて保管しましょう。とにかく耳に接する部分を清潔にすることを心がけてください」 岡崎教授もこう注意を呼びかける。「イヤホンに触れた手も細菌まみれです。無頓着な方が多いですが、料理中にイヤホンを触るのは避け、イヤホンを使用したらできるだけ手洗いすることを習慣にしてほしいですね」 耳に留めておかなければ。※週刊ポスト2021年7月9日号
岡崎教授もこう注意を呼びかける。「イヤホンに触れた手も細菌まみれです。無頓着な方が多いですが、料理中にイヤホンを触るのは避け、イヤホンを使用したらできるだけ手洗いすることを習慣にしてほしいですね」 耳に留めておかなければ。※週刊ポスト2021年7月9日号
「イヤホンに触れた手も細菌まみれです。無頓着な方が多いですが、料理中にイヤホンを触るのは避け、イヤホンを使用したらできるだけ手洗いすることを習慣にしてほしいですね」 耳に留めておかなければ。※週刊ポスト2021年7月9日号
耳に留めておかなければ。※週刊ポスト2021年7月9日号
※週刊ポスト2021年7月9日号