日立妻子6人殺害事件 “死刑判決”被告が控訴

妻子6人を殺害した罪などで死刑判決を言い渡された男が控訴した。
小松博文被告(36)は2017年、茨城・日立市で妻と5人の子どもを殺害し自宅に火をつけた罪に問われ、勾留中に倒れて記憶喪失になったとして弁護側が無罪を主張していたが、6月30日、死刑判決を言い渡された。
小松被告は控訴した。