接種予約コールセンター、20代スタッフが券番号を不正取得し予約

大阪市は2日、新型コロナウイルスワクチンの接種予約を受け付けるコールセンターの男性スタッフ2人(20歳代)が、端末を操作して自身の接種券番号を不正に把握し、接種予約を入れていたと発表した。
市によると、コールセンターは民間企業に運営を委託。2人は派遣会社からセンターに派遣されていた。6月26日の勤務中、市民の接種状況を管理するシステム端末で自身の接種券番号を検索。28日にインターネットで大規模接種会場「インテックス大阪」(住之江区)での接種を予約した。
インテックス大阪での接種に年齢制限はないが、市はこの時点で20歳代には接種券を発送していなかった。市職員が予約に気付き発覚。2人は調査に「早く接種したかった」と話したという。市は2人の予約を取り消した。