《熱海土石流災害》「妻の名前、呼んだが反応なかった」「一家全員の安否不明」いまだ見えぬ被害の全貌、避難生活に一睡もできぬ住民も…

「家は流されてしまいました。妻がいたはずなんです。自衛隊の捜索を待つことしかできませんが、あまり期待はできないのかな……」
【写真】この記事の写真を見る(6枚)
静岡県熱海市の造園業、田中公一さん(71)は静かに肩を落とした。
熱海市の伊豆山地区で7月3日に発生した土石流は、山中から逢初川沿いに、海まで1~2キロにわたって流れ、多くの家屋を破壊し、判明しているだけで2人の命を奪った。安否不明の行方不明者は現在も約20人いるとされているが、被害の全貌はいまだ不明だ。現地では4日も自衛隊や警察、消防など約1000人規模の態勢で早朝から日没まで懸命の捜索活動が行われた。
文藝春秋
「静岡県は少なくとも130棟の建物が被害を受けたと発表。被害は大きくなってきていますが、正確な被害人数はまだ分かりません。4日には、建物の2階に取り残されるなどした住民が救助されています。一方で倒壊したり、跡形もなくなってしまった家屋もある中、雨が降り続き、二次災害が起きる恐れも高い。捜索は難航しています」(大手紙社会部記者)
災害から一夜明けた被災地区は規制線が前日よりもさらに広範囲にわたって張られ、報道陣も地元住民も立ち入ることができない状態になっていた。家の中にいるはずの妻に呼びかけたが… 自宅から離れた高台から、捜索活動を見守っていた前出の田中さんは災害発生時、自宅で土石流の音を聞いた。3日午前11時前には、妻の路子さん(70)に「近所の知人と連絡がとれない」と言われ、車でその知人の家の様子を確認しに行ったという。しかし、土砂の影響などで思うように進めず、自宅に戻った。すると、「自宅の前に土砂が流れこんでいて、多くの建物もなくなっていた。何が起こったんだろうと考えているうちに、また土石流がやってきて。慌てて、家の中にいるはずの妻に向かって、『路子!』と大声で呼びかけたが反応はなかった」「崩れた自宅の中で挟まれている」という電話 田中さんは赤くなった目で続ける。「娘や息子、同級生ら3人に妻は『崩れた自宅の中で挟まれている』と電話していたことが後になってわかった。土砂で崩れてしまった家の木材に挟まれた後、再び土砂が流れてきて、一緒に流されてしまったのか、土砂に流された家の取り残された一部に妻が挟まれて、その上に新たな土砂が積もってしまったのか……。何もわからない。確実なのは妻に言われて知人の家の様子を見に行かなければ、自分も被害に遭っていたということ。今は待つことしかできない」規制で避難所を捜し回ることもできない現状  田中さんの同級生である小川徹さん(71)も、今回の土石流災害で行方不明になった。 東京から駆けつけた小川さんの弟の60代男性は、「目撃した向かいの人によると、兄は11時過ぎに自宅玄関から出たところを土石流に流された。もう1日以上経っているし、正直、厳しいと思う。でも、もしかしたらどこかに居るかもしれない。いろいろな避難所を捜して回りたいのに、規制線が張られていてうまく動けないし、情報も入ってこない。兄が住んでいた家は、私の実家でもあります。そこにすら行くことができないのが辛い。実家はどうなっているのだろうか」 と肩を落とす。 地元企業も対応に追われた。温泉などの保守点検や掘削業務を請け負う地元の松本温泉社(同市)の関係者(60代・男性)は、「配管設備なども見てまわりたいけど、規制線が張られていて、思うように動けない」と話し、こう続けた。一家3人が安否不明になってる家も…「知人が逃げながら撮影した動画を見たが、11時半頃の土砂崩れが一番大きくて被害も大きかったと思う。土石流がひっきりなしに流れていた。土砂崩れが起きたあたりに家があった社長の弟一家3人全員が安否不明になっている。家自体も流されてしまい、とても心配です」 避難所では、夜を明かし、疲れ果てた近隣住民の姿もあった。 熱海中学校に避難していた石井規雄さん(49)は、「家の被害はないと思うが、置いてきた猫3匹が心配です。昨日は一睡もできなかったので、少しでもゆっくりと休みたいです」と答えた。なぜ、大規模被害が起きたのか? 4日、現場を視察した静岡県の難波喬司副知事は、「山林開発の影響があると思う」と発言。地元住民からは「ソーラーパネルの設置が原因ではないか」「盛土がされていた」「ダムが作られたのが影響したのではないか」などと話す声も多く聞かれた。難波副知事は熱海市役所で記者団に「原因は分かってきているが、まず今やるべきは捜索活動だ」とも話している。 地元住民からは「50年何もなかったのに……。いくら今回多くの雨が降ったからといって、これだけの被害はおかしすぎる。徹底的に原因を究明してほしい」「まずは行方不明者の捜索を一刻も早く進めてほしい」という声も聞かれた。 未曽有の降雨災害。一刻も早い人命救助と、早期の原因究明が望まれる。◆◆◆「文春オンライン」では、熱海土石流災害について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。 sbdigital@bunshun.co.jp https://twitter.com/bunshunho2386(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))
家の中にいるはずの妻に呼びかけたが… 自宅から離れた高台から、捜索活動を見守っていた前出の田中さんは災害発生時、自宅で土石流の音を聞いた。3日午前11時前には、妻の路子さん(70)に「近所の知人と連絡がとれない」と言われ、車でその知人の家の様子を確認しに行ったという。しかし、土砂の影響などで思うように進めず、自宅に戻った。すると、「自宅の前に土砂が流れこんでいて、多くの建物もなくなっていた。何が起こったんだろうと考えているうちに、また土石流がやってきて。慌てて、家の中にいるはずの妻に向かって、『路子!』と大声で呼びかけたが反応はなかった」「崩れた自宅の中で挟まれている」という電話 田中さんは赤くなった目で続ける。「娘や息子、同級生ら3人に妻は『崩れた自宅の中で挟まれている』と電話していたことが後になってわかった。土砂で崩れてしまった家の木材に挟まれた後、再び土砂が流れてきて、一緒に流されてしまったのか、土砂に流された家の取り残された一部に妻が挟まれて、その上に新たな土砂が積もってしまったのか……。何もわからない。確実なのは妻に言われて知人の家の様子を見に行かなければ、自分も被害に遭っていたということ。今は待つことしかできない」規制で避難所を捜し回ることもできない現状  田中さんの同級生である小川徹さん(71)も、今回の土石流災害で行方不明になった。 東京から駆けつけた小川さんの弟の60代男性は、「目撃した向かいの人によると、兄は11時過ぎに自宅玄関から出たところを土石流に流された。もう1日以上経っているし、正直、厳しいと思う。でも、もしかしたらどこかに居るかもしれない。いろいろな避難所を捜して回りたいのに、規制線が張られていてうまく動けないし、情報も入ってこない。兄が住んでいた家は、私の実家でもあります。そこにすら行くことができないのが辛い。実家はどうなっているのだろうか」 と肩を落とす。 地元企業も対応に追われた。温泉などの保守点検や掘削業務を請け負う地元の松本温泉社(同市)の関係者(60代・男性)は、「配管設備なども見てまわりたいけど、規制線が張られていて、思うように動けない」と話し、こう続けた。一家3人が安否不明になってる家も…「知人が逃げながら撮影した動画を見たが、11時半頃の土砂崩れが一番大きくて被害も大きかったと思う。土石流がひっきりなしに流れていた。土砂崩れが起きたあたりに家があった社長の弟一家3人全員が安否不明になっている。家自体も流されてしまい、とても心配です」 避難所では、夜を明かし、疲れ果てた近隣住民の姿もあった。 熱海中学校に避難していた石井規雄さん(49)は、「家の被害はないと思うが、置いてきた猫3匹が心配です。昨日は一睡もできなかったので、少しでもゆっくりと休みたいです」と答えた。なぜ、大規模被害が起きたのか? 4日、現場を視察した静岡県の難波喬司副知事は、「山林開発の影響があると思う」と発言。地元住民からは「ソーラーパネルの設置が原因ではないか」「盛土がされていた」「ダムが作られたのが影響したのではないか」などと話す声も多く聞かれた。難波副知事は熱海市役所で記者団に「原因は分かってきているが、まず今やるべきは捜索活動だ」とも話している。 地元住民からは「50年何もなかったのに……。いくら今回多くの雨が降ったからといって、これだけの被害はおかしすぎる。徹底的に原因を究明してほしい」「まずは行方不明者の捜索を一刻も早く進めてほしい」という声も聞かれた。 未曽有の降雨災害。一刻も早い人命救助と、早期の原因究明が望まれる。◆◆◆「文春オンライン」では、熱海土石流災害について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。 sbdigital@bunshun.co.jp https://twitter.com/bunshunho2386(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))
自宅から離れた高台から、捜索活動を見守っていた前出の田中さんは災害発生時、自宅で土石流の音を聞いた。3日午前11時前には、妻の路子さん(70)に「近所の知人と連絡がとれない」と言われ、車でその知人の家の様子を確認しに行ったという。しかし、土砂の影響などで思うように進めず、自宅に戻った。すると、「自宅の前に土砂が流れこんでいて、多くの建物もなくなっていた。何が起こったんだろうと考えているうちに、また土石流がやってきて。慌てて、家の中にいるはずの妻に向かって、『路子!』と大声で呼びかけたが反応はなかった」「崩れた自宅の中で挟まれている」という電話 田中さんは赤くなった目で続ける。「娘や息子、同級生ら3人に妻は『崩れた自宅の中で挟まれている』と電話していたことが後になってわかった。土砂で崩れてしまった家の木材に挟まれた後、再び土砂が流れてきて、一緒に流されてしまったのか、土砂に流された家の取り残された一部に妻が挟まれて、その上に新たな土砂が積もってしまったのか……。何もわからない。確実なのは妻に言われて知人の家の様子を見に行かなければ、自分も被害に遭っていたということ。今は待つことしかできない」規制で避難所を捜し回ることもできない現状  田中さんの同級生である小川徹さん(71)も、今回の土石流災害で行方不明になった。 東京から駆けつけた小川さんの弟の60代男性は、「目撃した向かいの人によると、兄は11時過ぎに自宅玄関から出たところを土石流に流された。もう1日以上経っているし、正直、厳しいと思う。でも、もしかしたらどこかに居るかもしれない。いろいろな避難所を捜して回りたいのに、規制線が張られていてうまく動けないし、情報も入ってこない。兄が住んでいた家は、私の実家でもあります。そこにすら行くことができないのが辛い。実家はどうなっているのだろうか」 と肩を落とす。 地元企業も対応に追われた。温泉などの保守点検や掘削業務を請け負う地元の松本温泉社(同市)の関係者(60代・男性)は、「配管設備なども見てまわりたいけど、規制線が張られていて、思うように動けない」と話し、こう続けた。一家3人が安否不明になってる家も…「知人が逃げながら撮影した動画を見たが、11時半頃の土砂崩れが一番大きくて被害も大きかったと思う。土石流がひっきりなしに流れていた。土砂崩れが起きたあたりに家があった社長の弟一家3人全員が安否不明になっている。家自体も流されてしまい、とても心配です」 避難所では、夜を明かし、疲れ果てた近隣住民の姿もあった。 熱海中学校に避難していた石井規雄さん(49)は、「家の被害はないと思うが、置いてきた猫3匹が心配です。昨日は一睡もできなかったので、少しでもゆっくりと休みたいです」と答えた。なぜ、大規模被害が起きたのか? 4日、現場を視察した静岡県の難波喬司副知事は、「山林開発の影響があると思う」と発言。地元住民からは「ソーラーパネルの設置が原因ではないか」「盛土がされていた」「ダムが作られたのが影響したのではないか」などと話す声も多く聞かれた。難波副知事は熱海市役所で記者団に「原因は分かってきているが、まず今やるべきは捜索活動だ」とも話している。 地元住民からは「50年何もなかったのに……。いくら今回多くの雨が降ったからといって、これだけの被害はおかしすぎる。徹底的に原因を究明してほしい」「まずは行方不明者の捜索を一刻も早く進めてほしい」という声も聞かれた。 未曽有の降雨災害。一刻も早い人命救助と、早期の原因究明が望まれる。◆◆◆「文春オンライン」では、熱海土石流災害について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。 sbdigital@bunshun.co.jp https://twitter.com/bunshunho2386(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))
「自宅の前に土砂が流れこんでいて、多くの建物もなくなっていた。何が起こったんだろうと考えているうちに、また土石流がやってきて。慌てて、家の中にいるはずの妻に向かって、『路子!』と大声で呼びかけたが反応はなかった」「崩れた自宅の中で挟まれている」という電話 田中さんは赤くなった目で続ける。「娘や息子、同級生ら3人に妻は『崩れた自宅の中で挟まれている』と電話していたことが後になってわかった。土砂で崩れてしまった家の木材に挟まれた後、再び土砂が流れてきて、一緒に流されてしまったのか、土砂に流された家の取り残された一部に妻が挟まれて、その上に新たな土砂が積もってしまったのか……。何もわからない。確実なのは妻に言われて知人の家の様子を見に行かなければ、自分も被害に遭っていたということ。今は待つことしかできない」規制で避難所を捜し回ることもできない現状  田中さんの同級生である小川徹さん(71)も、今回の土石流災害で行方不明になった。 東京から駆けつけた小川さんの弟の60代男性は、「目撃した向かいの人によると、兄は11時過ぎに自宅玄関から出たところを土石流に流された。もう1日以上経っているし、正直、厳しいと思う。でも、もしかしたらどこかに居るかもしれない。いろいろな避難所を捜して回りたいのに、規制線が張られていてうまく動けないし、情報も入ってこない。兄が住んでいた家は、私の実家でもあります。そこにすら行くことができないのが辛い。実家はどうなっているのだろうか」 と肩を落とす。 地元企業も対応に追われた。温泉などの保守点検や掘削業務を請け負う地元の松本温泉社(同市)の関係者(60代・男性)は、「配管設備なども見てまわりたいけど、規制線が張られていて、思うように動けない」と話し、こう続けた。一家3人が安否不明になってる家も…「知人が逃げながら撮影した動画を見たが、11時半頃の土砂崩れが一番大きくて被害も大きかったと思う。土石流がひっきりなしに流れていた。土砂崩れが起きたあたりに家があった社長の弟一家3人全員が安否不明になっている。家自体も流されてしまい、とても心配です」 避難所では、夜を明かし、疲れ果てた近隣住民の姿もあった。 熱海中学校に避難していた石井規雄さん(49)は、「家の被害はないと思うが、置いてきた猫3匹が心配です。昨日は一睡もできなかったので、少しでもゆっくりと休みたいです」と答えた。なぜ、大規模被害が起きたのか? 4日、現場を視察した静岡県の難波喬司副知事は、「山林開発の影響があると思う」と発言。地元住民からは「ソーラーパネルの設置が原因ではないか」「盛土がされていた」「ダムが作られたのが影響したのではないか」などと話す声も多く聞かれた。難波副知事は熱海市役所で記者団に「原因は分かってきているが、まず今やるべきは捜索活動だ」とも話している。 地元住民からは「50年何もなかったのに……。いくら今回多くの雨が降ったからといって、これだけの被害はおかしすぎる。徹底的に原因を究明してほしい」「まずは行方不明者の捜索を一刻も早く進めてほしい」という声も聞かれた。 未曽有の降雨災害。一刻も早い人命救助と、早期の原因究明が望まれる。◆◆◆「文春オンライン」では、熱海土石流災害について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。 sbdigital@bunshun.co.jp https://twitter.com/bunshunho2386(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))
田中さんは赤くなった目で続ける。「娘や息子、同級生ら3人に妻は『崩れた自宅の中で挟まれている』と電話していたことが後になってわかった。土砂で崩れてしまった家の木材に挟まれた後、再び土砂が流れてきて、一緒に流されてしまったのか、土砂に流された家の取り残された一部に妻が挟まれて、その上に新たな土砂が積もってしまったのか……。何もわからない。確実なのは妻に言われて知人の家の様子を見に行かなければ、自分も被害に遭っていたということ。今は待つことしかできない」規制で避難所を捜し回ることもできない現状  田中さんの同級生である小川徹さん(71)も、今回の土石流災害で行方不明になった。 東京から駆けつけた小川さんの弟の60代男性は、「目撃した向かいの人によると、兄は11時過ぎに自宅玄関から出たところを土石流に流された。もう1日以上経っているし、正直、厳しいと思う。でも、もしかしたらどこかに居るかもしれない。いろいろな避難所を捜して回りたいのに、規制線が張られていてうまく動けないし、情報も入ってこない。兄が住んでいた家は、私の実家でもあります。そこにすら行くことができないのが辛い。実家はどうなっているのだろうか」 と肩を落とす。 地元企業も対応に追われた。温泉などの保守点検や掘削業務を請け負う地元の松本温泉社(同市)の関係者(60代・男性)は、「配管設備なども見てまわりたいけど、規制線が張られていて、思うように動けない」と話し、こう続けた。一家3人が安否不明になってる家も…「知人が逃げながら撮影した動画を見たが、11時半頃の土砂崩れが一番大きくて被害も大きかったと思う。土石流がひっきりなしに流れていた。土砂崩れが起きたあたりに家があった社長の弟一家3人全員が安否不明になっている。家自体も流されてしまい、とても心配です」 避難所では、夜を明かし、疲れ果てた近隣住民の姿もあった。 熱海中学校に避難していた石井規雄さん(49)は、「家の被害はないと思うが、置いてきた猫3匹が心配です。昨日は一睡もできなかったので、少しでもゆっくりと休みたいです」と答えた。なぜ、大規模被害が起きたのか? 4日、現場を視察した静岡県の難波喬司副知事は、「山林開発の影響があると思う」と発言。地元住民からは「ソーラーパネルの設置が原因ではないか」「盛土がされていた」「ダムが作られたのが影響したのではないか」などと話す声も多く聞かれた。難波副知事は熱海市役所で記者団に「原因は分かってきているが、まず今やるべきは捜索活動だ」とも話している。 地元住民からは「50年何もなかったのに……。いくら今回多くの雨が降ったからといって、これだけの被害はおかしすぎる。徹底的に原因を究明してほしい」「まずは行方不明者の捜索を一刻も早く進めてほしい」という声も聞かれた。 未曽有の降雨災害。一刻も早い人命救助と、早期の原因究明が望まれる。◆◆◆「文春オンライン」では、熱海土石流災害について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。 sbdigital@bunshun.co.jp https://twitter.com/bunshunho2386(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))
「娘や息子、同級生ら3人に妻は『崩れた自宅の中で挟まれている』と電話していたことが後になってわかった。土砂で崩れてしまった家の木材に挟まれた後、再び土砂が流れてきて、一緒に流されてしまったのか、土砂に流された家の取り残された一部に妻が挟まれて、その上に新たな土砂が積もってしまったのか……。何もわからない。確実なのは妻に言われて知人の家の様子を見に行かなければ、自分も被害に遭っていたということ。今は待つことしかできない」規制で避難所を捜し回ることもできない現状  田中さんの同級生である小川徹さん(71)も、今回の土石流災害で行方不明になった。 東京から駆けつけた小川さんの弟の60代男性は、「目撃した向かいの人によると、兄は11時過ぎに自宅玄関から出たところを土石流に流された。もう1日以上経っているし、正直、厳しいと思う。でも、もしかしたらどこかに居るかもしれない。いろいろな避難所を捜して回りたいのに、規制線が張られていてうまく動けないし、情報も入ってこない。兄が住んでいた家は、私の実家でもあります。そこにすら行くことができないのが辛い。実家はどうなっているのだろうか」 と肩を落とす。 地元企業も対応に追われた。温泉などの保守点検や掘削業務を請け負う地元の松本温泉社(同市)の関係者(60代・男性)は、「配管設備なども見てまわりたいけど、規制線が張られていて、思うように動けない」と話し、こう続けた。一家3人が安否不明になってる家も…「知人が逃げながら撮影した動画を見たが、11時半頃の土砂崩れが一番大きくて被害も大きかったと思う。土石流がひっきりなしに流れていた。土砂崩れが起きたあたりに家があった社長の弟一家3人全員が安否不明になっている。家自体も流されてしまい、とても心配です」 避難所では、夜を明かし、疲れ果てた近隣住民の姿もあった。 熱海中学校に避難していた石井規雄さん(49)は、「家の被害はないと思うが、置いてきた猫3匹が心配です。昨日は一睡もできなかったので、少しでもゆっくりと休みたいです」と答えた。なぜ、大規模被害が起きたのか? 4日、現場を視察した静岡県の難波喬司副知事は、「山林開発の影響があると思う」と発言。地元住民からは「ソーラーパネルの設置が原因ではないか」「盛土がされていた」「ダムが作られたのが影響したのではないか」などと話す声も多く聞かれた。難波副知事は熱海市役所で記者団に「原因は分かってきているが、まず今やるべきは捜索活動だ」とも話している。 地元住民からは「50年何もなかったのに……。いくら今回多くの雨が降ったからといって、これだけの被害はおかしすぎる。徹底的に原因を究明してほしい」「まずは行方不明者の捜索を一刻も早く進めてほしい」という声も聞かれた。 未曽有の降雨災害。一刻も早い人命救助と、早期の原因究明が望まれる。◆◆◆「文春オンライン」では、熱海土石流災害について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。 sbdigital@bunshun.co.jp https://twitter.com/bunshunho2386(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))
規制で避難所を捜し回ることもできない現状  田中さんの同級生である小川徹さん(71)も、今回の土石流災害で行方不明になった。 東京から駆けつけた小川さんの弟の60代男性は、「目撃した向かいの人によると、兄は11時過ぎに自宅玄関から出たところを土石流に流された。もう1日以上経っているし、正直、厳しいと思う。でも、もしかしたらどこかに居るかもしれない。いろいろな避難所を捜して回りたいのに、規制線が張られていてうまく動けないし、情報も入ってこない。兄が住んでいた家は、私の実家でもあります。そこにすら行くことができないのが辛い。実家はどうなっているのだろうか」 と肩を落とす。 地元企業も対応に追われた。温泉などの保守点検や掘削業務を請け負う地元の松本温泉社(同市)の関係者(60代・男性)は、「配管設備なども見てまわりたいけど、規制線が張られていて、思うように動けない」と話し、こう続けた。一家3人が安否不明になってる家も…「知人が逃げながら撮影した動画を見たが、11時半頃の土砂崩れが一番大きくて被害も大きかったと思う。土石流がひっきりなしに流れていた。土砂崩れが起きたあたりに家があった社長の弟一家3人全員が安否不明になっている。家自体も流されてしまい、とても心配です」 避難所では、夜を明かし、疲れ果てた近隣住民の姿もあった。 熱海中学校に避難していた石井規雄さん(49)は、「家の被害はないと思うが、置いてきた猫3匹が心配です。昨日は一睡もできなかったので、少しでもゆっくりと休みたいです」と答えた。なぜ、大規模被害が起きたのか? 4日、現場を視察した静岡県の難波喬司副知事は、「山林開発の影響があると思う」と発言。地元住民からは「ソーラーパネルの設置が原因ではないか」「盛土がされていた」「ダムが作られたのが影響したのではないか」などと話す声も多く聞かれた。難波副知事は熱海市役所で記者団に「原因は分かってきているが、まず今やるべきは捜索活動だ」とも話している。 地元住民からは「50年何もなかったのに……。いくら今回多くの雨が降ったからといって、これだけの被害はおかしすぎる。徹底的に原因を究明してほしい」「まずは行方不明者の捜索を一刻も早く進めてほしい」という声も聞かれた。 未曽有の降雨災害。一刻も早い人命救助と、早期の原因究明が望まれる。◆◆◆「文春オンライン」では、熱海土石流災害について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。 sbdigital@bunshun.co.jp https://twitter.com/bunshunho2386(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))
田中さんの同級生である小川徹さん(71)も、今回の土石流災害で行方不明になった。 東京から駆けつけた小川さんの弟の60代男性は、「目撃した向かいの人によると、兄は11時過ぎに自宅玄関から出たところを土石流に流された。もう1日以上経っているし、正直、厳しいと思う。でも、もしかしたらどこかに居るかもしれない。いろいろな避難所を捜して回りたいのに、規制線が張られていてうまく動けないし、情報も入ってこない。兄が住んでいた家は、私の実家でもあります。そこにすら行くことができないのが辛い。実家はどうなっているのだろうか」 と肩を落とす。 地元企業も対応に追われた。温泉などの保守点検や掘削業務を請け負う地元の松本温泉社(同市)の関係者(60代・男性)は、「配管設備なども見てまわりたいけど、規制線が張られていて、思うように動けない」と話し、こう続けた。一家3人が安否不明になってる家も…「知人が逃げながら撮影した動画を見たが、11時半頃の土砂崩れが一番大きくて被害も大きかったと思う。土石流がひっきりなしに流れていた。土砂崩れが起きたあたりに家があった社長の弟一家3人全員が安否不明になっている。家自体も流されてしまい、とても心配です」 避難所では、夜を明かし、疲れ果てた近隣住民の姿もあった。 熱海中学校に避難していた石井規雄さん(49)は、「家の被害はないと思うが、置いてきた猫3匹が心配です。昨日は一睡もできなかったので、少しでもゆっくりと休みたいです」と答えた。なぜ、大規模被害が起きたのか? 4日、現場を視察した静岡県の難波喬司副知事は、「山林開発の影響があると思う」と発言。地元住民からは「ソーラーパネルの設置が原因ではないか」「盛土がされていた」「ダムが作られたのが影響したのではないか」などと話す声も多く聞かれた。難波副知事は熱海市役所で記者団に「原因は分かってきているが、まず今やるべきは捜索活動だ」とも話している。 地元住民からは「50年何もなかったのに……。いくら今回多くの雨が降ったからといって、これだけの被害はおかしすぎる。徹底的に原因を究明してほしい」「まずは行方不明者の捜索を一刻も早く進めてほしい」という声も聞かれた。 未曽有の降雨災害。一刻も早い人命救助と、早期の原因究明が望まれる。◆◆◆「文春オンライン」では、熱海土石流災害について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。 sbdigital@bunshun.co.jp https://twitter.com/bunshunho2386(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))
東京から駆けつけた小川さんの弟の60代男性は、「目撃した向かいの人によると、兄は11時過ぎに自宅玄関から出たところを土石流に流された。もう1日以上経っているし、正直、厳しいと思う。でも、もしかしたらどこかに居るかもしれない。いろいろな避難所を捜して回りたいのに、規制線が張られていてうまく動けないし、情報も入ってこない。兄が住んでいた家は、私の実家でもあります。そこにすら行くことができないのが辛い。実家はどうなっているのだろうか」 と肩を落とす。 地元企業も対応に追われた。温泉などの保守点検や掘削業務を請け負う地元の松本温泉社(同市)の関係者(60代・男性)は、「配管設備なども見てまわりたいけど、規制線が張られていて、思うように動けない」と話し、こう続けた。一家3人が安否不明になってる家も…「知人が逃げながら撮影した動画を見たが、11時半頃の土砂崩れが一番大きくて被害も大きかったと思う。土石流がひっきりなしに流れていた。土砂崩れが起きたあたりに家があった社長の弟一家3人全員が安否不明になっている。家自体も流されてしまい、とても心配です」 避難所では、夜を明かし、疲れ果てた近隣住民の姿もあった。 熱海中学校に避難していた石井規雄さん(49)は、「家の被害はないと思うが、置いてきた猫3匹が心配です。昨日は一睡もできなかったので、少しでもゆっくりと休みたいです」と答えた。なぜ、大規模被害が起きたのか? 4日、現場を視察した静岡県の難波喬司副知事は、「山林開発の影響があると思う」と発言。地元住民からは「ソーラーパネルの設置が原因ではないか」「盛土がされていた」「ダムが作られたのが影響したのではないか」などと話す声も多く聞かれた。難波副知事は熱海市役所で記者団に「原因は分かってきているが、まず今やるべきは捜索活動だ」とも話している。 地元住民からは「50年何もなかったのに……。いくら今回多くの雨が降ったからといって、これだけの被害はおかしすぎる。徹底的に原因を究明してほしい」「まずは行方不明者の捜索を一刻も早く進めてほしい」という声も聞かれた。 未曽有の降雨災害。一刻も早い人命救助と、早期の原因究明が望まれる。◆◆◆「文春オンライン」では、熱海土石流災害について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。 sbdigital@bunshun.co.jp https://twitter.com/bunshunho2386(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))
「目撃した向かいの人によると、兄は11時過ぎに自宅玄関から出たところを土石流に流された。もう1日以上経っているし、正直、厳しいと思う。でも、もしかしたらどこかに居るかもしれない。いろいろな避難所を捜して回りたいのに、規制線が張られていてうまく動けないし、情報も入ってこない。兄が住んでいた家は、私の実家でもあります。そこにすら行くことができないのが辛い。実家はどうなっているのだろうか」 と肩を落とす。 地元企業も対応に追われた。温泉などの保守点検や掘削業務を請け負う地元の松本温泉社(同市)の関係者(60代・男性)は、「配管設備なども見てまわりたいけど、規制線が張られていて、思うように動けない」と話し、こう続けた。一家3人が安否不明になってる家も…「知人が逃げながら撮影した動画を見たが、11時半頃の土砂崩れが一番大きくて被害も大きかったと思う。土石流がひっきりなしに流れていた。土砂崩れが起きたあたりに家があった社長の弟一家3人全員が安否不明になっている。家自体も流されてしまい、とても心配です」 避難所では、夜を明かし、疲れ果てた近隣住民の姿もあった。 熱海中学校に避難していた石井規雄さん(49)は、「家の被害はないと思うが、置いてきた猫3匹が心配です。昨日は一睡もできなかったので、少しでもゆっくりと休みたいです」と答えた。なぜ、大規模被害が起きたのか? 4日、現場を視察した静岡県の難波喬司副知事は、「山林開発の影響があると思う」と発言。地元住民からは「ソーラーパネルの設置が原因ではないか」「盛土がされていた」「ダムが作られたのが影響したのではないか」などと話す声も多く聞かれた。難波副知事は熱海市役所で記者団に「原因は分かってきているが、まず今やるべきは捜索活動だ」とも話している。 地元住民からは「50年何もなかったのに……。いくら今回多くの雨が降ったからといって、これだけの被害はおかしすぎる。徹底的に原因を究明してほしい」「まずは行方不明者の捜索を一刻も早く進めてほしい」という声も聞かれた。 未曽有の降雨災害。一刻も早い人命救助と、早期の原因究明が望まれる。◆◆◆「文春オンライン」では、熱海土石流災害について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。 sbdigital@bunshun.co.jp https://twitter.com/bunshunho2386(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))
と肩を落とす。 地元企業も対応に追われた。温泉などの保守点検や掘削業務を請け負う地元の松本温泉社(同市)の関係者(60代・男性)は、「配管設備なども見てまわりたいけど、規制線が張られていて、思うように動けない」と話し、こう続けた。一家3人が安否不明になってる家も…「知人が逃げながら撮影した動画を見たが、11時半頃の土砂崩れが一番大きくて被害も大きかったと思う。土石流がひっきりなしに流れていた。土砂崩れが起きたあたりに家があった社長の弟一家3人全員が安否不明になっている。家自体も流されてしまい、とても心配です」 避難所では、夜を明かし、疲れ果てた近隣住民の姿もあった。 熱海中学校に避難していた石井規雄さん(49)は、「家の被害はないと思うが、置いてきた猫3匹が心配です。昨日は一睡もできなかったので、少しでもゆっくりと休みたいです」と答えた。なぜ、大規模被害が起きたのか? 4日、現場を視察した静岡県の難波喬司副知事は、「山林開発の影響があると思う」と発言。地元住民からは「ソーラーパネルの設置が原因ではないか」「盛土がされていた」「ダムが作られたのが影響したのではないか」などと話す声も多く聞かれた。難波副知事は熱海市役所で記者団に「原因は分かってきているが、まず今やるべきは捜索活動だ」とも話している。 地元住民からは「50年何もなかったのに……。いくら今回多くの雨が降ったからといって、これだけの被害はおかしすぎる。徹底的に原因を究明してほしい」「まずは行方不明者の捜索を一刻も早く進めてほしい」という声も聞かれた。 未曽有の降雨災害。一刻も早い人命救助と、早期の原因究明が望まれる。◆◆◆「文春オンライン」では、熱海土石流災害について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。 sbdigital@bunshun.co.jp https://twitter.com/bunshunho2386(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))
地元企業も対応に追われた。温泉などの保守点検や掘削業務を請け負う地元の松本温泉社(同市)の関係者(60代・男性)は、「配管設備なども見てまわりたいけど、規制線が張られていて、思うように動けない」と話し、こう続けた。一家3人が安否不明になってる家も…「知人が逃げながら撮影した動画を見たが、11時半頃の土砂崩れが一番大きくて被害も大きかったと思う。土石流がひっきりなしに流れていた。土砂崩れが起きたあたりに家があった社長の弟一家3人全員が安否不明になっている。家自体も流されてしまい、とても心配です」 避難所では、夜を明かし、疲れ果てた近隣住民の姿もあった。 熱海中学校に避難していた石井規雄さん(49)は、「家の被害はないと思うが、置いてきた猫3匹が心配です。昨日は一睡もできなかったので、少しでもゆっくりと休みたいです」と答えた。なぜ、大規模被害が起きたのか? 4日、現場を視察した静岡県の難波喬司副知事は、「山林開発の影響があると思う」と発言。地元住民からは「ソーラーパネルの設置が原因ではないか」「盛土がされていた」「ダムが作られたのが影響したのではないか」などと話す声も多く聞かれた。難波副知事は熱海市役所で記者団に「原因は分かってきているが、まず今やるべきは捜索活動だ」とも話している。 地元住民からは「50年何もなかったのに……。いくら今回多くの雨が降ったからといって、これだけの被害はおかしすぎる。徹底的に原因を究明してほしい」「まずは行方不明者の捜索を一刻も早く進めてほしい」という声も聞かれた。 未曽有の降雨災害。一刻も早い人命救助と、早期の原因究明が望まれる。◆◆◆「文春オンライン」では、熱海土石流災害について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。 sbdigital@bunshun.co.jp https://twitter.com/bunshunho2386(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))
地元企業も対応に追われた。温泉などの保守点検や掘削業務を請け負う地元の松本温泉社(同市)の関係者(60代・男性)は、「配管設備なども見てまわりたいけど、規制線が張られていて、思うように動けない」と話し、こう続けた。一家3人が安否不明になってる家も…「知人が逃げながら撮影した動画を見たが、11時半頃の土砂崩れが一番大きくて被害も大きかったと思う。土石流がひっきりなしに流れていた。土砂崩れが起きたあたりに家があった社長の弟一家3人全員が安否不明になっている。家自体も流されてしまい、とても心配です」 避難所では、夜を明かし、疲れ果てた近隣住民の姿もあった。 熱海中学校に避難していた石井規雄さん(49)は、「家の被害はないと思うが、置いてきた猫3匹が心配です。昨日は一睡もできなかったので、少しでもゆっくりと休みたいです」と答えた。なぜ、大規模被害が起きたのか? 4日、現場を視察した静岡県の難波喬司副知事は、「山林開発の影響があると思う」と発言。地元住民からは「ソーラーパネルの設置が原因ではないか」「盛土がされていた」「ダムが作られたのが影響したのではないか」などと話す声も多く聞かれた。難波副知事は熱海市役所で記者団に「原因は分かってきているが、まず今やるべきは捜索活動だ」とも話している。 地元住民からは「50年何もなかったのに……。いくら今回多くの雨が降ったからといって、これだけの被害はおかしすぎる。徹底的に原因を究明してほしい」「まずは行方不明者の捜索を一刻も早く進めてほしい」という声も聞かれた。 未曽有の降雨災害。一刻も早い人命救助と、早期の原因究明が望まれる。◆◆◆「文春オンライン」では、熱海土石流災害について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。 sbdigital@bunshun.co.jp https://twitter.com/bunshunho2386(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))
「知人が逃げながら撮影した動画を見たが、11時半頃の土砂崩れが一番大きくて被害も大きかったと思う。土石流がひっきりなしに流れていた。土砂崩れが起きたあたりに家があった社長の弟一家3人全員が安否不明になっている。家自体も流されてしまい、とても心配です」 避難所では、夜を明かし、疲れ果てた近隣住民の姿もあった。 熱海中学校に避難していた石井規雄さん(49)は、「家の被害はないと思うが、置いてきた猫3匹が心配です。昨日は一睡もできなかったので、少しでもゆっくりと休みたいです」と答えた。なぜ、大規模被害が起きたのか? 4日、現場を視察した静岡県の難波喬司副知事は、「山林開発の影響があると思う」と発言。地元住民からは「ソーラーパネルの設置が原因ではないか」「盛土がされていた」「ダムが作られたのが影響したのではないか」などと話す声も多く聞かれた。難波副知事は熱海市役所で記者団に「原因は分かってきているが、まず今やるべきは捜索活動だ」とも話している。 地元住民からは「50年何もなかったのに……。いくら今回多くの雨が降ったからといって、これだけの被害はおかしすぎる。徹底的に原因を究明してほしい」「まずは行方不明者の捜索を一刻も早く進めてほしい」という声も聞かれた。 未曽有の降雨災害。一刻も早い人命救助と、早期の原因究明が望まれる。◆◆◆「文春オンライン」では、熱海土石流災害について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。 sbdigital@bunshun.co.jp https://twitter.com/bunshunho2386(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))
避難所では、夜を明かし、疲れ果てた近隣住民の姿もあった。 熱海中学校に避難していた石井規雄さん(49)は、「家の被害はないと思うが、置いてきた猫3匹が心配です。昨日は一睡もできなかったので、少しでもゆっくりと休みたいです」と答えた。なぜ、大規模被害が起きたのか? 4日、現場を視察した静岡県の難波喬司副知事は、「山林開発の影響があると思う」と発言。地元住民からは「ソーラーパネルの設置が原因ではないか」「盛土がされていた」「ダムが作られたのが影響したのではないか」などと話す声も多く聞かれた。難波副知事は熱海市役所で記者団に「原因は分かってきているが、まず今やるべきは捜索活動だ」とも話している。 地元住民からは「50年何もなかったのに……。いくら今回多くの雨が降ったからといって、これだけの被害はおかしすぎる。徹底的に原因を究明してほしい」「まずは行方不明者の捜索を一刻も早く進めてほしい」という声も聞かれた。 未曽有の降雨災害。一刻も早い人命救助と、早期の原因究明が望まれる。◆◆◆「文春オンライン」では、熱海土石流災害について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。 sbdigital@bunshun.co.jp https://twitter.com/bunshunho2386(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))
熱海中学校に避難していた石井規雄さん(49)は、「家の被害はないと思うが、置いてきた猫3匹が心配です。昨日は一睡もできなかったので、少しでもゆっくりと休みたいです」と答えた。なぜ、大規模被害が起きたのか? 4日、現場を視察した静岡県の難波喬司副知事は、「山林開発の影響があると思う」と発言。地元住民からは「ソーラーパネルの設置が原因ではないか」「盛土がされていた」「ダムが作られたのが影響したのではないか」などと話す声も多く聞かれた。難波副知事は熱海市役所で記者団に「原因は分かってきているが、まず今やるべきは捜索活動だ」とも話している。 地元住民からは「50年何もなかったのに……。いくら今回多くの雨が降ったからといって、これだけの被害はおかしすぎる。徹底的に原因を究明してほしい」「まずは行方不明者の捜索を一刻も早く進めてほしい」という声も聞かれた。 未曽有の降雨災害。一刻も早い人命救助と、早期の原因究明が望まれる。◆◆◆「文春オンライン」では、熱海土石流災害について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。 sbdigital@bunshun.co.jp https://twitter.com/bunshunho2386(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))
熱海中学校に避難していた石井規雄さん(49)は、「家の被害はないと思うが、置いてきた猫3匹が心配です。昨日は一睡もできなかったので、少しでもゆっくりと休みたいです」と答えた。なぜ、大規模被害が起きたのか? 4日、現場を視察した静岡県の難波喬司副知事は、「山林開発の影響があると思う」と発言。地元住民からは「ソーラーパネルの設置が原因ではないか」「盛土がされていた」「ダムが作られたのが影響したのではないか」などと話す声も多く聞かれた。難波副知事は熱海市役所で記者団に「原因は分かってきているが、まず今やるべきは捜索活動だ」とも話している。 地元住民からは「50年何もなかったのに……。いくら今回多くの雨が降ったからといって、これだけの被害はおかしすぎる。徹底的に原因を究明してほしい」「まずは行方不明者の捜索を一刻も早く進めてほしい」という声も聞かれた。 未曽有の降雨災害。一刻も早い人命救助と、早期の原因究明が望まれる。◆◆◆「文春オンライン」では、熱海土石流災害について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。 sbdigital@bunshun.co.jp https://twitter.com/bunshunho2386(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))
4日、現場を視察した静岡県の難波喬司副知事は、「山林開発の影響があると思う」と発言。地元住民からは「ソーラーパネルの設置が原因ではないか」「盛土がされていた」「ダムが作られたのが影響したのではないか」などと話す声も多く聞かれた。難波副知事は熱海市役所で記者団に「原因は分かってきているが、まず今やるべきは捜索活動だ」とも話している。 地元住民からは「50年何もなかったのに……。いくら今回多くの雨が降ったからといって、これだけの被害はおかしすぎる。徹底的に原因を究明してほしい」「まずは行方不明者の捜索を一刻も早く進めてほしい」という声も聞かれた。 未曽有の降雨災害。一刻も早い人命救助と、早期の原因究明が望まれる。◆◆◆「文春オンライン」では、熱海土石流災害について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。 sbdigital@bunshun.co.jp https://twitter.com/bunshunho2386(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))
地元住民からは「50年何もなかったのに……。いくら今回多くの雨が降ったからといって、これだけの被害はおかしすぎる。徹底的に原因を究明してほしい」「まずは行方不明者の捜索を一刻も早く進めてほしい」という声も聞かれた。 未曽有の降雨災害。一刻も早い人命救助と、早期の原因究明が望まれる。◆◆◆「文春オンライン」では、熱海土石流災害について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。 sbdigital@bunshun.co.jp https://twitter.com/bunshunho2386(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))
地元住民からは「50年何もなかったのに……。いくら今回多くの雨が降ったからといって、これだけの被害はおかしすぎる。徹底的に原因を究明してほしい」「まずは行方不明者の捜索を一刻も早く進めてほしい」という声も聞かれた。 未曽有の降雨災害。一刻も早い人命救助と、早期の原因究明が望まれる。◆◆◆「文春オンライン」では、熱海土石流災害について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。 sbdigital@bunshun.co.jp https://twitter.com/bunshunho2386(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))
未曽有の降雨災害。一刻も早い人命救助と、早期の原因究明が望まれる。◆◆◆「文春オンライン」では、熱海土石流災害について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。 sbdigital@bunshun.co.jp https://twitter.com/bunshunho2386(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))
◆◆◆「文春オンライン」では、熱海土石流災害について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。 sbdigital@bunshun.co.jp https://twitter.com/bunshunho2386(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))
sbdigital@bunshun.co.jp https://twitter.com/bunshunho2386(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))
(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))